Axioryは評判が悪い?怪しい?2019年最新のアキシオリーを俺が12項目でまとめた

Axioryの評判を俺が徹底解説!

今回は海外FX業者「Axiory(アキシオリー)」について、海外FX歴11年の管理人が経験と圧倒的な情報量をもとにレビューしている。

  • Axioryって最近評判悪いけど、実際どうなの?
  • 似たような低スプレッド業者が多いから、Axiory独自の強みが知りたい
  • 利用するメリットだけではなく、リスクやデメリットを把握してからAxioryを利用したい

このような疑問や不安がある方は、当ページを5分読むだけで全部解決できる。
(スクロールしながら、見出しと画像と、太字だけを追っていけば内容を理解できるはずだ)

【2019年6月最新】Axioryの特徴と管理人の評価まとめ

急を要する人のために、まずはAxioryの特徴と管理人の評価一覧を用意した。

項目特徴コメント評価
レバレッジ・ロスカット・最大レバレッジ400倍で追証なし
・証拠金維持率20%以下でロスカット
・追証なし
★★★★☆
ボーナスなし☆☆☆☆☆
スプレッド・スプレッドはかなり狭い(ドル円で平均1.1pips)★★★★★
取引プラットフォーム・MT4に対応
・cTraderに対応
・スマホやブラウザ版もOK
★★★★★
信頼性・安全性・運営歴は浅い(2013年設立)
・金融ライセンス登録アリ(@ベリーズ)
・完全分別管理
・出金拒否・トラブルなし
※bitwallet提携解除騒動は問題なし、経営は良好
★★★★☆
入金・出金・国内銀行送金で出入金に対応
・24時間以内に出金できる
★★★★★
約定注文処理・NDD方式採用が濃厚
・サーバーが強靭で約定が速い
・約定データを開示している
★★★★★
日本語対応・会員ページ完全日本語化
・日本語サポート完備(ライブチャットや電話など)
★★★★★
取扱商品・通貨ペア63種類
・貴金属ペア6種類
・資源CFD3種類
・株価指数9種類
★★★★☆

結論からいうと、Axioryは「自動売買(EA)を用いずに、己の腕っぷし一本でハイレバスキャルピングしたい」というトレーダーとめちゃくちゃ相性がいい。

低スプレッドで高速約定なのはもちろんだが、Axioryと他の海外FX業者との差別化ポイントはcTraderが利用できること。
詳しくは後述しているが、cTraderは短期売買に特化したプラットフォームで動作スピードが早くワンクリック注文が即座に通る

透明性の高いNDD方式を採用しているので、あなたの実力次第ではスキャで1時間100pips以上の利幅をかっさらうのも夢ではない。

最近では悪い評判や噂も出てきているが、現状経営状況は問題なし
出金拒否などのトラブルも起こっていないので安心して利用できる。

管理人

MT4対応のEAをぶん回したい人はTitanFXの方が適任。
Axioryと類似スペック(最大レバレッジ500倍、NDD方式採用、高速約定)で、スプレッドはAxioryよりも若干狭くなっている。

TitanFXに対する管理人の独自評価はこちら

Axioryの悪評・経営状況に対する管理人の考察

上述した通り管理人はAxioryを気に入っているが、2019年になって黒い噂がたちはじめている。

オンライン決済サービス大手のbitwallet社が突如Axioryとの提携を解除したのだ。
(おそらくご存知の方も多いだろう)

またbitwallet社との提携解除も相まって、Axioryの登録ライセンス(ベリーズ)の脆弱性を指摘する声もも多くなった。

以下Axioryにまつわる悪評について、事実を踏まえて率直に論じていく。

管理人

Axioryの悪評について事実確認した結果、管理人は「取るに足らないことだ」と判断した。

実際にAxioryから資金を全額出金するには至らなかった。

bitwalletとの契約解除騒動の真相とは

Axioryとbitwallet社の契約解除は気にしなくてOK

騒動の概要から説明するとbitwallet社は「Sparkasse銀行(Axioryのメインバンク)からAxioryが銀行取引停止処分を受けた」として、Axioryとの契約解除を発表。
付随してトレーダーにAxioryを利用することに対して注意喚起した。

日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、当社は、2019年2月28日 24:00(シンガポール時間)を以て、Axiory Global社(Belize)への、決済及びウォレットの提供を全面的に中止いたします。同社は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。

当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。ご利用中のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、早期の対応を重ねてお願いいたします。

引き続き、bitwalletへの変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

(参照:bitwallet公式HP「【注意喚起】AxioryGlobal社との契約解除について」

これだけ見ると「Axiory、ヤバそう…。」と思うかもしれないが、蓋を開けるてみればAxioryが日本人向けサービスを継続する以上仕方ないことだったのだ。

というのもSparkasse銀行は経営方針を変更して、ユーロ圏以外への送金を制限し始めた。
「Sparkasse銀行→日本国内の口座」に送金できなくなると日本人が出金できなくなるので、当然Axiory側は経営方針の変更に従うことはできない。

結果としてSparkasse銀行の方針にマッチしない業者として、銀行取引停止処分を受けたのだ。
Axioryの財務状況や経営状況は、そもそも論点ではない。

(関連ニュース:TIMES MALTA「Sparkasse bank ‘restricts’ non-euro payments to certain sectors」

 

現在のメインバンクはリヒテンシュタイン公国のユニオン銀行

この騒動を受けてAxioryはメインバンクをユニオン銀行に乗り換えている。

ユニオン銀行があるリヒトシュタイン公国は、信用格付け会社のスタンダード&プアーズから最高ランクの「AAA」の評価を受けている国。
日本の金融機関では「AAA」のところがないくらい、スタンダード&プアーズの評価を勝ち取るのは難しい。

ユニオン銀行が破綻して、トレーダーの資金が凍結される危険性は極めて少ない。

ベリーズライセンスは本当に信頼できないのか

Axioryがベリーズライセンスに登録している理由

上記の騒動に関連してAxioryが登録しているベリーズライセンスも問題視され始めている。

もちろんアメリカやイギリスの金融機関と比べれば規制は厳しくないのはたしか。
しかしベリーズライセンスは、マイナーな金融機関の中では規制や監査が厳しい部類に入る。

ベリーズライセンスの規制・監査詳細
  • 財務諸表の作成及び提出、リスク管理の徹底、マネーロンダリング対策が万全でないと登録できない
  • 顧客資金と事業用資金の分別管理が証明できないと登録できない

また規制が厳しいメジャーな外国金融機関は、日本の金融庁と結託して登録法人に日本人トレーダーの受け入れ停止を命じている。
現状では日本人向けにサービスを展開する海外FX法人は、マイナーなライセンスに登録するのが関の山だ。

以上のことから、Axioryがベリーズライセンスに登録している理由は「規制を無視して悪徳行為を働きたいから」「経営がずさんでメジャーライセンスに登録できないから」というものではないことがわかる。

管理人

Axiory自信はマイナーライセンスにしか登録できない現状に負い目があるようで、積極的な情報開示でカバーしようと試みている。

後述しているものもあるが、

  • 全リクイディティープロバイダー
  • 口座タイプ別ティックデータ
  • 約定率や約定スピード
  • NDD方式の保証

など、トレーダーを安心させるための要素は全て公開している。

「透明性の高さ」という観点では海外FX随一だ。

海外FX業者Axioryを利用する9つのメリット

出金拒否など、トラブルで揉める心配がない

上でも触れたが、Axioryはかなりクリーンで透明性が高い海外FX業者。
それだけあって、今まで出金拒否などのトラブルが起きた形跡がない

管理人も今まで5回程度、数百万円単位で出金申請したことがあるが、問題なく受理されている。
(後述しているが、出金スピードもめちゃくちゃ速い)

Axioryを利用するなら、お金関係でトラブルが起こることはほぼ考えなくていい。

 

紛争解決のための第三者機関に加盟。最大2万ドルの補償

Axioryは万が一出金トラブルがあっても安心

「出金トラブルを起こさない」という自信の現れなのか、Axioryは「The Financial Commission」という第三者機関に加盟している。

The Financial Commissionとは

顧客とトレーダーの紛争解決を目的とした機関。

万が一Axioryとの間でトラブルが発生した際に、トレーダーはThe Financial Commissionに苦情申し立てできる。

苦情に対してThe Financial Commissionが2週間以内に判断を下し、AxioryはThe Financial Commissionの決定に従わないといけない。

AxioryがThe Financial Commissionの決定に従わない限り、トレーダーはThe Financial Commissionの特別補償基金から最大20,000ドルの損害賠償を受けられる。

万が一Axioryが理不尽に出金を拒否した場合でも補償を受けられるので、心置きなく稼ぐことができる。

 

顧客資金は完全分別管理。監査機構の承諾がないと引き出せない

Axioryは顧客資金をユニオン銀行にて完全分別管理

Axioryはトレーダーの資金や口座残高を、上述したユニオン銀行で分別管理している。

ユニオン銀行からは、

  • トレーダーの承諾
  • 第三者の監査機構の承諾

の2つがないといかなる場合も資金を引き出すことができない。
仮にAxioryが倒産してしまっても、顧客の資金を引き出せるのは顧客だけだ。

Axioryを利用しておけば、あなたの資金を運営資金に流用されることも、資金を持ち逃げされることもないと断言できる。

正真正銘のNDD方式。ストップ狩りなどのレート操作を疑わなくていい

NDD(ノーディーリングデスク)方式の図

AxioryはNDD(ノー・ディーリング・ディスク)方式を採用している。

トレーダーの注文に業者の戦略的頭脳(ディーラー)が関与しないので、非常にクリーンな注文処理方式だ。

DD方式(OTC方式)のようにトレーダーの注文に対して反対注文をぶつけるような真似はしない。

利益相反が起こりえないので「ストップ狩りで意図的に負けさせられるかも…」のような心配は一切不要だ。

トレーダーの注文は、AxioryではなくAxioryが提携している金融プロバイダー(LP)やインターバンクとの間で決済される。

Axioryの提携リクイデティプロバイダー例
【補足】利益相反について

DD方式の場合「トレーダーがドル円10万通貨ロング、業者がドル円10万通貨ショート」をそれぞれ保有するケースがある。
(トレーダーの注文に対し、反対注文をぶつけている形だ)

この時ドル円の価格が上がれば、トレーダーが勝って業者が負けることになる(=利益相反)。

NDD方式ではトレーダーと業者が反対のポジションを持つ状況が起こりえないので、利益相反のしようがない。

Axioryとトレーダーの利益相反はありえない
管理人

公式HPで提携LPを公表し、利益相反についてしっかり明記していることを考えるとAxioryがNDD方式であることの確度は高い

「NDD方式を謳っておいて、内部ではDD方式を採用」のような悪徳海外FX業者とは一線を画している。

ナノスプレッド口座のスプレッドがめちゃくちゃ狭い

Axioryはスプレッドの狭さにも定評がある。

  • スタンダード口座
  • ナノスプレッド口座

2種類の口座タイプを用意しているが、特にナノスプレッド口座のスプレッドがべらぼうに狭い

 Axiroy
(スタンダード口座)
Axiroy
(ナノスプレッド口座)
XM
(スタンダード口座)
取引手数料なし0.6pips
(往復取引)
なし
ドル円1.5pips
(平均値)
0.5pips
(平均値)
1.8pips
(平均値)
ユーロ円1.7pips
(平均値)
0.7pips
(平均値)
2.6pips
(平均値)
ユーロドル1.3pips
(平均値)
0.5pips
(平均値)
1.7pips
(平均値)
オージー円2.1pips
(平均値)
0.9pips
(平均値)
3.0pips
(平均値)
オージードル2.1pips
(平均値)
0.6pips
(平均値)
1.8pips
(平均値)
ポンド円2.7pips
(平均値)
1.7pips
(平均値)
3.8pips
(平均値)
ポンドドル1.9pips
(平均値)
0.9pips
(平均値)
2.3pips
(平均値)

ナノスプレッド口座ではスプレッドとは別で取引手数料が発生するが、手数料を加味してもドル円で平均1.1pipsのコストで取引できる。

比較対象として日本人口座開設者数No.1のXMのスプレッドも記載しているが、スプレッドではAxioryの足元にも及ばなことがわかるだろう。

スプレッドの狭さに重きをおいているトレーダーなら、Axioryが選択肢に入ってるくるのは間違いない。

 

ナノスプレッド口座とスタンダード口座の違い

ナノスプレッド口座とスタンダード口座の違いはコスト体系と注文処理方式だけ。

レバレッジやロスカット水準、取引可能ロットなど、その他のスペックは全く同じだ。

【取引コスト体系の違い】

パッと見でわかる違いは以下の通り

  • スタンダード口座
    →スプレッドだけ
  • ナノスプレッド口座
    →スプレッド+取引手数料

裏側としては、スタンダード口座のスプレッドは「市場のリアルスプレッド+業者のマークアップ分」の数値。

ナノスプレッド口座は市場のリアルタイムスプレッドが「スプレッド」として表示され、業者のマークアップ分が「取引手数料」になっている。

ナノスプレッド口座の方が取引コストが安くつくだけではなく、明瞭会計だ。
(スタンダード口座で「業者がいくらマークアップしているか」はわからない)

【注文処理方式の違い】

  • スタンダード口座
    →STP方式
  • ナノスプレッド口座
    →ECN方式

で注文を処理している。

STP方式のもとでは、トレーダーの注文は上述したリクイデティプロバイダー(LP)との間でマッチングされる。
トレーダーの注文に対し、Axioryがトレーダーに取って最も有利な価格を提示して決済させる仕組みだ。

AxioryのSTP方式図解

一方でECN方式では、トレーダーの注文はAxioryを介してインターバンク(プロトレーダーや大手金融機関が参加しているFX市場)に流れる
インターバンクに出されている注文とトレーダーの注文がマッチングされることで決済が成立する仕組みだ。

axioryのECN方式図解

注文の処理方法は異なるが、どちらも業者のディーラーを介さないクリーンなNDD方式であることには変わりない。
(階層構造としては「NDD方式を細分化すればSTP方式とECN方式に分かれる」というイメージだ)

取引プラットフォームはMT4とcTraderが利用できる

Axioryは短期売買特化のcTraderに対応している

AxioryはMT4だけでなく、cTraderプラットフォームに対応している。

cTraderは短期売買やスキャルピング取引に特化した最先端プラットフォーム
動作スピードが早くてサクサク約定するし、数十ロットならワンクリック注文連打でも即座に注文が通る

  • MT4対応のカスタムインジケーターを利用しない
  • MT4対応のEAを利用しない

上記に当てはまる方は、Axioryで取引するならまずcTraderを試してみてほしい。
(MT4とcTraderの間でインジやEAに互換性はない)

またcTraderはMT4同様にブラウザ版のウェブトレーダーiPhoneを含むios版アンドロイド用のアプリに対応している。

ctraderはスマホにも対応
管理人

ちなみにcTrader導入にはかなりコストがかかるので、ほとんどの海外FX業者で利用できない。

管理人が知る限りcTraderに対応しているのはAxioryとTradeviewくらいだ。

約定実績が優秀。最強インフラのEQUINIX社と提携

Axioryは約定スピードもかなり優秀
管理人も現在Axioryをスキャルピングでサブ運用しているが、ほぼスリッページなくサクサク約定している。
(スキャのメイン運用はTitanFX

公式HPで開示されている約定データを見ても、

  • 全注文の95%以上が224ミリ秒(0.224秒)以内に決済
  • スリッページ幅は60%近くが0.1pips以内

と数値としてはかなり優秀だ。

Axioryは注文がほぼ224ミリ秒以内に約定 Axioryのスリッページに関するデータ

また上述したNDD方式採用を裏付けるかのように、トレーダーにとってポジティブなスリッページが発生しているのもわかる。

 

Axioryの優秀な約定実績の裏にあるのは、世界トップの金融インフラ会社であるEQUINIX(エクイニクス)社との提携だ。

EQUINIX社とは

世界TOPクラスの規模と収益を誇るデータセンター運営の専門企業。

アマゾンやグーグルなど、グローバルなデータ通信が必要な企業がこぞって提携している。

(参考外部サイト:東洋経済ONLINE「アマゾン、グーグルも頼るインフラ屋の正体」

EQUINIX社のロケーション内に取引サーバを設置することで、約定遅延を極限までおさえている。

管理人

ちなみに「EQUINIX社と提携しているか」は、海外FX業者の約定力を見極める上での重要な指標。

など、完全NDD方式採用で高速約定を実現している業者はEQUINIX社と提携している。

最大レバレッジ400倍で追証なし

Axioryで取引する際の必要証拠金はエントリーポジションに対して、わずか400分の1
5万円の資金があれば2,000万円分のポジションでエントリーできる計算だ。

ロスカット水準も「証拠金維持率20%以下」と緩めの設定なので、たとえフルレバでエントリーしても即ロスカットにはならない。
(フルレバでも8pipsの変動まで許容できる)

 

またAxioryは追証なしのゼロカットシステムを採用。
仮に相場の急騰や急落でロスカットが間に合わずに、マイナス残高が発生しても追証を請求されることはない

24時間以内にゼロカットが執行されて、マイナス残高をゼロリセットしてもらえる。

Axioryは追証なしのゼロカットシステム採用

(参考:追証なしの海外FXは神!ゼロカットシステム非対応のFX業者での取引はやめとけ

入金・出金方法が豊富【国内銀行銀行送金での出入金にも対応】

Axioryで利用できる入金・出金方法のバリエーションは以下の通り。

  • 国内銀行送金での出入金
  • 海外銀行送金での出入金
  • クレジットカード・デビットカードでの入金
  • STICPAYでの出入金
  • ビットコイン(bitpay)での出入金

特筆すべきは国内銀行送金での出入金に対応していることだ。

国内銀行送金での出入金での詳細

■入金

トレーダーがAxiory指定の国内銀行口座に振込→入金が反映(手数料無料、即反映

■出金

Axioryからトレーダーの国内口座に送金(手数料無料、24時間以内に反映

特に出金の手数料削減や時間短縮は秀逸。
他業者で海外銀行送金で出金する場合は「着金までに3,000円~4,000円の手数料、長くて5営業日後に着金」なので、いかにAxioryが優れているかわかるだろう。

もちろんクレジットカード(VISAS、JCBカードブランド)での入金にも対応しているので、手持ちのキャッシュがない人でも問題なく利用できる。

Axioryは出入金方法が多彩
管理人

国内銀行送金を利用するなら別途で「curfex」という決済サービスへの登録が必須。
Axioryを利用するなら、口座開設と同時進行で登録しておこう。

(参考外部サイト:curfexとは?評判はどう?入金・出金手数料から登録方法まで解説!

完全日本語対応。サポートにも日本人スタッフが在籍

Axioryの公式HPや会員専用ページは完全日本語対応なので、難解な英語を解読する労力は必要ない。

口座開設から入金・出金手続きまで、国内業者さながらに利用できる。

またサポートデスクには日本語が堪能な日本人スタッフが複数在籍。

  • メールでの問い合わせ
    →日本時間 月曜から金曜 10:00~24:00
  • ライブチャットでの問い合わせ
    →日本時間 月曜から金曜 13:00~21:00

で問い合わせに対応してもらえるので、海外FX初めての人でも安心だ。

Axioryは日本人専用のサポートデスクを用意している

取引可能な商品が豊富。CFDは原油から株価指数まで

Axioryは取引可能な商品の品揃えが豊富なのも特徴。

FX通貨ペアだけで61種類あるのに加えて、日経225やダウ平均株価などの株価指数や原油などの商品まで取引可能だ。

全商品「同一アカウント、同一プラットフォーム(MT4、cTrader)」で取引できるので、国内業者のように取引商品毎に口座を使い分ける必要はない。

Axioryで取引可能な通貨ペア(61種類)

AUD/CAD AUD/CHF AUD/JPY AUD/NZD AUD/SGD AUD/USD AUD/ZAR

CAD/CHF CAD/JPY

CHF/HUF CHF/JPY CHF/ZAR

EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF EUR/CZK EUR/GBP EUR/HUF EUR/JPY EUR/MXN EUR/NOK EUR/NZD EUR/PLN EUR/RUB EUR/SEK EUR/SGD EUR/TRY EUR/USD EUR/ZAR

GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF GBP/JPY GBP/NZD GBP/SGD GBP/USD GBP/ZAR

NOK/SEK

NZD/CAD NZD/CHF NZD/JPY NZD/SEK NZD/SGD NZD/USD

USD/CAD USD/CHF USD/CZK USD/HUF USD/ILS USD/JPY USD/MXN USD/NOK USD/PLN USD/RUB USD/SEK USD/SGD USD/TRY USD/ZAR

SGD/JPY

TRY/JPY

ZAR/JPY

Axioryで取引可能な株価指数CFD(10種類)

※香港ハンセン指数、ドイツ30種指数は最大レバレッジ50倍、他は最大レバレッジ100倍

日経225指数(Nikkei 225)  香港ハンセン指数(HSI) FTSE100種指数(FTSE 100) ユーロ・ストックス50種指数(EURO STOXX 50) フランスCAC40指数(CAC 40) ドイツ30種指数(DAX 30) オーストラリア200種指数(S&P/ASX 200) NYダウ平均指数(Dow Jones) ナスダック総合指数(NASDAQ) S&P500種指数(S&P 500)

Axioryで取引可能な資源・エネルギーCFD(6種類)

※金のみ最大レバレッジ100倍、他は最大レバレッジ20倍

金(XAU/USD) 銀(XAG/USD) パラジウム(XPDUSD) プラチナ(XPTUSD) WTI 原油(CL) 天然ガス(NGAS)

海外FX業者Axioryを利用する際の3つの注意点

ボーナスで証拠金を増やすことができない

AxioryはXMやiFOREXのように、豪華なボーナスキャンペーンで集客していない

「スプレッドやサーバー、約定力などのスペックには自信がある。気に入った人だけ口座開設してくれればいい」というスタンスだ。

完全に自己資金での勝負になるので、軍資金が心もとない人はまずボーナスがもらえる海外FX業者でワンクッションおいてみるのもいいだろう。

管理人

ボーナスキャンペーン開催中の海外FX業者は、下記のページでまとめている。

海外FX業者をボーナスキャンペーンで格付け【証拠金倍増計画】

2万円未満の入金・出金で手数料が発生する

Axioryでは全ての出入金取引において、2万円未満の資金移動に対して一律1,500円の手数料を徴収している。

こまめに出入金する手数料がかさんでしまうので、2万円以上のまとまった金額を入金・出金するようにしよう。

最低入金は2万円以下でもOK

現在公式HPには「最低入金額2万円」との記載があるが、現状2万円以下でも入金できる。
(サポートに確認済み)

ただ1,500円の入金手数料が発生するので、2万円以上の初回入金を推奨しているとのことだった。

Jumioによる顔認証が必要になる

Axioryを利用するならJumioの顔認証が必要

Axioryは上述したユニオン銀行との新規提携の際に、Jumio(ジュミオ)による顔認証システムを導入した。

入金・取引前には認証作業が必要になることに留意しておこう。

認証自体は、

  • 顔写真付きの身分証を撮影したもの
  • 自信の顔写真を撮影したもの

上記2点をスマホでアップロードするだけなので、所要時間は5分もかからない

ただ他の海外FX業者では不要な工程なので、Axioryを利用するなら受け入れざるを得ないデメリットだ。

Jumioの認証手順・登録方法については、下記ページを参照してほしい。

Axiory公式サイト「Jumioの登録方法」

以上がAxioryに関して管理人が知り得る情報の全てだ。

cTraderに対応していて日本人が使いやすく、バランス良いスペックを有している海外FX業者Axioryの他にない。
(cTrader対応のTradeviewは最大レバレッジ200倍でロスカット水準100%。日本語対応も不十分で初回入金で10万円必要。)

裁量での超快適なハイレバスキャルピングを堪能したい人は、試しに口座開設して使用感を確かめてみてほしい。

Axioryの詳細情報まとめ

AXIORYの会社情報
正式名称
Axiory Global Ltd.
所在国
ベリーズ
所在地
No. 1 Corner of Hutson Street and Marine Parade, Belize City, Belize
金融ライセンス

IFSC (International Financial Services Commission)

事業開始年
2013/7/31
顧客資金の管理
監査機構(AUDIT Brno, spol. s r.o.)より入金額のすべてを返還
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
日本語サポートあり。メール・電話・チャット
日本語でのメール問い合わせ
jpsupport@axiory.com
電話番号
(03) 6735-7063 (日本サポートは平日10時~23時)
スタンダード口座の詳細
最大レバレッジ
400倍
取引方式
STP NDD
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
◎ ドル円1.50pips,ユーロドル1.30pips,ユーロ円1.70pips
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4 cTrader
取引手数料
取引手数料なし
ボーナス
なし
口座通貨
JPY・USD・EUR
商品
FX:61種類, 貴金属:2種類,資源:4種類,インデックス:日経225をはじめとする11種類
最低入金額
指定なし
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率100%以下
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
1ポジションの最大保有数
制限なし
最大保有数
制限なし
ナノスプレッド口座の詳細
最大レバレッジ
400倍
取引方式
ECN NDD
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
◎ ドル円0.40pips,ユーロドル0.40pips,ユーロ円0.70pips
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4,cTrader
取引手数料
1取引あたり$ 3 / 1 lot (100,000通貨)
ボーナス
なし
口座通貨
JPY・USD・EUR
商品
FX:61種類, 貴金属:2種類,資源:4種類,インデックス:日経225をはじめとする11種類
最低入金額
指定なし
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率100%以下
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
1ポジションの最大保有数
制限なし
最大保有数
制限なし
AXIORYの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA,MASTER),海外銀行送金,国内銀行送金(Curfex経由),ビットコイン,STICPAY
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→即時
海外銀行送金→着金後、即時~30分(着金まで3~5営業日)
ビットコイン→即時~15分
国内銀行送金(Curfex経由)→即時
STICPAY即時
入金手数料
無料
出金手数料
クレジットカード→無料
海外銀行送金→無料(2万円以下の出金の場合別途1500円)
ビットコイン→無料
国内銀行送金(Curfex経由)→無料(2万円以下の出金の場合別途1500円)
STICPAY→無料
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
1営業日~3営業日(※国内銀行送金なら24時間以内)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です