FBSの評判!10つの強みと3つの弱みから”俺が”公平にジャッジしてみた

FBSの評判!10つの強みと3つの弱みから"俺が"公平にジャッジしてみたのアイキャッチ

FBSは2009年に運営を開始した海外FXブローカー。

2016年から日本人向けサービスに力を入れ始め、業界トップクラスの派手なボーナスキャンペーンとレバレッジを武器に着々と日本人トレーダーの利用者を増やしている。

Facebookなどの広告でFBSの名を見たことがある読者の方も多いのではなかろうか。

本記事ではそんなFBSについて強み・弱みという切り口から、公平にFBSをジャッジしている。

FBSの利用を考えている方はぜひ本記事を一読してから決めてほしい。

FBSは最大レバ3000倍×100%ボーナスで超アクティブなハイレバトレードをしたいなら利用価値大

FBSはメイン口座というよりもサブ口座としての利用をオススメしたい業者。

というのもいくつかメインとして使うには扱いづらい部分があるからだ。

  • 日本語サポートが不完全
  • 円口座に対応していない
  • 取引できるFX通貨ペア・CFD商品が少ない

とりわけ海外FX初心者の方にとってはとっつきづらいと感じる部分だろう。

 

しかし”じゃあ利用しないほうが良い”と切り捨てられるような業者でもない。
他の業者よりも圧倒的に優れているスペックも持っている。

  • 最大レバ3000倍×追証なし
  • 上限200万円の100%ボーナス
    (※)累計で200万円入金すれば誰でも満額受け取れる。
  • 口座開設だけで100$のボーナスが受け取れる口座を用意
  • キャッシュバックあり

上述した通りだが”最大レバレッジ3000倍×上限200万のボーナス“の組み合わせは凶悪だ。

そもそも上限200万相当の100%ボーナスを開催している業者などFBSを除いてほかにない。
少額しか投資できないトレーダーでも破壊力バツグンのハイレバレッジとボーナスを合わせた1発狙いのトレードができる。

またいきなり自分のお金を入金するのが怖い方でも、Trade100Bonus口座を開設すればOK。
自己資本を使わずに口座開設だけで受け取れる100$分のボーナスで使い心地を試せる

メイン口座としての運用まではいかなくとも、Trade100Bonusで使い心地を試してみて、良さそうなら入金してボーナス×超ハイレバの取引で一発狙いの取引をしてみると良いだろう。

FBSで取引するメリット・強み10つ

最大6口座から口座タイプを選択できる

FBSでは全6種の口座タイプが用意されている。

項目Trade100BonusセントマイクロスタンダードゼロスプレッドECN
注文方式STP
(NDD)
STP
(NDD)
STP
(NDD)
STP
(NDD)
STP
(NDD)
ECN
(NDD)
最大レバレッジ100倍1000倍3000倍3000倍3000倍500倍
スプレッド
(ドル円平均)
1.3pips3.0pips3.0pips1.3pips0.0pips0.6pips
取引手数料無料無料無料無料往復2.0pips/lot往復0.6pips/lot
ボーナス未入金ボーナス100$100%入金ボーナス100%入金ボーナス100%入金ボーナス100%入金ボーナスなし
キャッシュバック適用××
注文できるロット数0.01lot
(1000通貨)
0.01lot~500lot
(1000通貨~5000万通貨)
0.01lot~500lot
(1000通貨~5000万通貨)
0.01lot~500lot
(1000通貨~5000万通貨)
0.01lot~500lot
(1000通貨~5000万通貨)
0.1lot~500lot
(1万通貨~5000万通貨)
最低入金額不要1$5$100$500$1000$

この中でオススメできるのは“スタンダード口座”と”Trade100Bonus口座”の2つ。

●スタンダード口座

FBSの花形的な口座。
最大レバレッジ3000倍×追証なし×ロスカット水準20%。
ドル円平均1.3pips。
上限200万相当の100%入金ボーナス×キャッシュバック対応。
最低入金額100$。

初心者から上級者まで扱いやすい総合的にまとまったスペックになっている。
特に100%ボーナスと最大レバ3000倍を生かした超ハイレバレッジでのトレードは強烈だ。

●Trade100Bonus口座

FBSのお試し用口座。
最大レバ100倍で最大5ポジション・1000通貨までしか持てないという制限はあるが、入金せずとも100$分のボーナスで取引できるのがポイント。
FBSの使い心地が気になるならまずはTrade100Bonus口座を開設するのがセオリーだ。

なのでFBS利用の流れとしては「Trade100Bonus口座→スタンダード口座」がダントツオススメだ。

 

Trade100Bonus口座とスタンダード口座以外はハッキリ言って利用価値がないので利用しないのが賢明。

  • セント口座・マイクロ口座・セロスプレッド口座→スタンダード口座よりもスプレッドが広く利用する意味がない。
  • ECN口座→スプレッドもECNにしては特別狭くない上にボーナス非対応

せっかく6口座も用意しているわけだからすべての口座に利用価値が出るよう調整してくれれば良いなと思う。

ボーナス・キャッシュバックが海外FXトップクラスの高水準

FBS最大の魅力は豊富なボーナス。

特に“Trade 100 Bonus(口座開設ボーナス)”と”100%入金ボーナス”は海外FXでもかなり高水準だ。

新規口座開設のみで受け取れるTrade 100 Bonus

FBSでは新規口座開設だけでTrade100Bonusというボーナスを受け取れる。

受け取り金額はボーナス名が示す通り100$(10,000円相当)
同じく口座開設ボーナスを提供しているXMでも3,000円なことを考えると、FBSの口座開設ボーナスはかなり太っ腹だ。

受け取り方はカンタンで、口座開設時に【Trade 100 Bonus口座】を選択するだけ。
口座に100$入った状態で取引を始められる。

特別な申請や手間はかからない。

まずは自分のお金入金することなく、Trade100Bonusを使ってFBSの使い心地を試せる。

【※】Trade100Bonusの詳細

  • 本人確認書類なしで口座開設OK
  • 最大レバレッジ100倍
  • ボーナスそのものの出金不可・取引で得た利益は出金OK
    (※)ただし出金上限は100$・30日間で5lot取引していないと出金不可
  • ボーナス有効期限は口座開設してから50日間
    (※)ボーナス利用できるのは30日間
  • 注文可能ロット数は1,000通貨。最大5ポジションまで同時保有可能。

最大レバレッジが100倍と低く、注文ロット数・注文枚数が少ないため、”FBSのお試し用“という立ち位置の口座だ。

 

資金が倍になる100%入金ボーナス

FBSのボーナスの中でも特に太っ腹なのが100%入金ボーナス。

ボーナス上限は驚愕の20,000$(200万円相当)
管理人が知っている入金ボーナスの上限の中でずば抜けて高い。

200万円の入金まで、資金を倍にして取引をスタートできることになる。

【FBSの入金ボーナス付与例】

入金額ボーナス額有効証拠金
(入金額+ボーナス)
10万円10万円20万円
30万円30万円60万円
50万円50万円100万円
100万円100万円200万円
150万円150万円300万円
200万円200万円400万円

またこの100%入金ボーナスは初回入金のみではなく、追加入金にも適用されるのが最大のポイント。

一度に大金を入れなくとも、累計で200万円入金するまで入金するたびに100%ボーナスが適用される。
つまり誰でも200万相当のボーナスを受け取るチャンスがあるわけだ。

入金ボーナスの受け取りには入金後にサポートへ申請する必要があるため、FBSへ入金したら欠かさずサポートへ連絡しよう。

【100%入金ボーナスの申請方法】

宛先:promo@fbs.com
件名:100% Bonus request
本文:I’d like to apply for the 100% bonus campaign.
Name:名前(ローマ字)
Account number:自身の口座番号
Payment amount:入金額(概算でもOK)

キャッシュバックキャンペーン開催中で実質的な取引コストを抑えられる

FBSではボーナスの他にキャッシュバックキャンペーンも開催中。

取引量や取引する金融商品に応じてキャッシュバックを受け取れる
金融商品によっては1lotで15$(1,500円相当)受け取れる、存外おいしいキャンペーンだ。

キャッシュバックを受け取ることで実際の取引コストを下げることができるため、特にスプレッドがかさみがちなスキャルピングトレーダーはぜひ参加するのがオススメ。

口座開設後に会員ページからキャッシュバックを有効化するだけで参加できる。

また受け取ったキャッシュバックは無条件で全額出金可能だ。

ただしキャッシュバックの受け取り上限は570$(57,000円相当)なので、その点だけ留意しておこう。
570$受け取った後はキャッシュバックを追加で受け取ることはできない。

→FBSのキャッシュバック額一覧表はこちら

最大レバレッジ3,000倍×追証なし

FBSでは海外FX最大のレバレッジ3,000倍(※)で取引できる。
(※)マイクロ・スタンダード・ゼロスプレッド口座の3つ

レバレッジ3,000倍は国内FXの最大レバレッジ25倍の120倍ものレバレッジ。
つまり国内FXの120分の1の証拠金で同じだけのポジションを持てるわけだ。

例えばドル円100円で1万通貨取る場合。
レバ25倍だと40,000円必要だが、3,000倍なら320円でポジれる計算になる。

少額投資しかできないトレーダーでもアクティブなハイレバトレードができる。

 

またFBSは追証なしのゼロカットシステムも採用。

取引の損失で口座残高がマイナスになってしまっても、FBSがマイナス分をゼロ(0)に戻してくれる。
そのためマイナス分を請求される心配はゼロだ。

どれだけアクティブなトレードしても、投資金以上の負債を背負うことはない

NDD方式採用でクリーンな取引ができる

FBSの採用している取引方式はNDD(ノー・ディーリング・デスク)

NDDはトレーダーと注文先の間に業者のディーラーが介入しない非常にクリーンな取引方式のこと。

業者がトレーダーの取引に介入しない以上、業者とトレーダーの利益は相反しない。
むしろトレーダーが取引すればするほどスプレッドで儲かる仕組みになっている。

そのため取引制限は一切なく、EAや裁量スキャルピングもOKだ。

業者のディーラーが介入するDD方式と違って、ストップ狩りや意図的なシステムダウン、レートずらしなどは起こりえない。

一定以上の信頼性アリ!運営歴10年の大手ブローカー

FBSの業者としての信頼性はかなり高い。

FBSの信頼性の高さを表す根拠は2つだ。

  • 運営歴10年で出金拒否のトラブルがない
  • 全世界で口座開設数400万を突破
  • ベリーズライセンスを取得

運営歴10年の間に出金拒否のトラブルは一度も起きていない

FBSは2019年現在で運営歴10年目。
大手の海外FXブローカーと呼んでも差し支えない運営歴を誇っている。

この運営歴の中で出金拒否のトラブルが起きたという話は聞いたことがない。

実際に管理人も何度かスムーズにFBSから出金できている。

“きちんと出金できる”という事実だけでも、FBSの信頼性が一定以上あるという根拠になる。

全世界での口座開設数400万突破

FBSは全世界120カ国でサービスを展開しているグローバル企業。

現在全世界のトレーダー合計での口座開設数は400万口座を突破している。

運営開始から毎年口座開設するトレーダーの数を増やすのは、顧客に対して真摯で真っ当な運営をしている業者しか不可能だ。

今の時代、明らかに悪質な運営をしていれば確実に噂が広まり、新規口座開設をしてくれるトレーダーは激減する。
最悪だと倒産に追い込まれることすらあるほど。

そんな中全世界で400万以上の口座開設を達成しているのは、FBSが真っ当な運営を続けているからこその結果と言える。

ベリーズライセンスを取得している

FBSはベリーズライセンスを取得している。

イギリスのFCAやキプロスのCySECというかなり厳格なライセンスと比べると、確かに取得難易度が低く、ライセンスの信頼性という序列では劣ってしまうのは確かだ。

しかしどこの国のライセンスであれ、1つ持っているだけで一定の信頼性は置ける
これまでの運営実績も踏まえて考えると、必要以上に心配する必要はない。

FX通貨ペアのみならず一般企業の株式・仮想通貨まで取引可能

FBSではFX通貨ペアのみならず、一般企業の株式や仮想通貨までFXと同じ口座で取引できる
(※)ただし詳しくは後述するが取引できるFX通貨ペアの数は他業者と比べて少ない

仮想通貨が取引できる業者は増えてきたが、一般企業の株式を取引できる業者は依然少なく、かなりめずらしい。

【FBSで取引可能な株式(33種類)】

  • AIG
  • ALCOA
  • ALIBABA
  • AMAZON
  • APPLE
  • AT&T
  • BAC
  • CISCO
  • CITIGROUP
  • COCA-COLA
  • DISNEY
  • EBAY
  • FACEBOOK
  • FORD
  • GE
  • GM
  • GOOGLE
  • HP
  • IBM
  • INTEL
  • JPM
  • MASTERCARD
  • MCDONALDS
  • MICROSOFT
  • NETFLIX
  • NIKE
  • NVIDIA
  • ORACLE
  • PEPSICO
  • PFIZER
  • TESLA
  • VISA
  • WALMART

【FBSで取引可能な仮想通貨(4種類)】

  • Bitcoin
  • DASH
  • Ethereum
  • LiteCoin

見ての通り、appleやAmazon、フェイスブックといった世界的大企業の株式も売買可能だ。

また株式や仮想通貨の取引も追証なし
リスクを限定してアクティブなトレードができる。

無料VPSを利用できる

FBSでは一定の条件を満たすことで、無料でVPSを使わせてもらえる。
(※)VPSは24時間稼働の仮想サーバーのこと。

FBSで無料VPSを利用する条件は以下。

  • 1ヶ月目の利用条件:累計入金額が450$(45,000円)以上
  • 2ヶ月目以降の利用条件:前月までに3lot(30万通貨)以上の取引

利用のための条件はまったく厳しくない。

仮に満たせない場合でも、毎月33$(3,300円相当)支払えばVPSを利用できる

条件を満たさずに利用する場合は、勝手に口座から引き落とされるので面倒な振り込み手続きなどはしなくてOK。

VPSを使えばPCの消耗や電気代を抑えられるため、利用できる場合は積極的に利用していこう。
特に24時間EAをぶん回し続けるトレーダーならなおさらだ。

取引プラットフォームはMT4のみならずMT5にも対応

FBSは世界的な取引プラットフォームのMT4だけでなく、その正統後継となるMT5にも対応している。

MT5はMT4に比べて、

  • 動作スピードが優秀
  • 時間足表示が多く、詳細なチャート分析が可能
  • ナビゲータウィンドウ・気配値が見やすい
  • 今後開発元のメタクオーツ社がMT4よりも力を入れていくため将来性◎

といった優秀な部分がある。

特に裁量取引メインのトレーダーはMT4よりもMT5を使うのがオススメだ。

ただしMT4と比べてEAやインジケーターの数がまだまだ少ないのも事実。
またMT4とMT5では互換性がないため、MT4で利用していたEA・インジケーターをそのまま使うこともできない。

MT4で利用していたEAやインジケーターを駆使して取引していくなら、そのままMT4を利用した方が良いだろう。

bitwalletでの入出金に対応している

FBSはbitwalletでの入出金に対応している。

FBSを利用する場合はbitwalletを通じて入出金するのが1番オススメだ。

【bitwalletを通じたFBSの入金・出金の流れ】

●bitwalletを通じてFBSに入金する場合

「クレジットカードor銀行口座→bitwallet→FBS」

クレジットカードor銀行口座からbitwalletへ入金する際に入金手数料が発生するが、bitwalletからFBSへの入金は手数料無料
また反映も即時だ。

またbitwalletを通じることで、VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners・Discoverという全6種のクレジットブランドで入金できる。

●bitwalletを通じてFBSから出金

「FBS→bitwallet→自分の銀行口座」

FBSからbitwalletへの出金は即時かつ手数料無料

またbitwalletから銀行口座への出金手数料は一律824円

入金・出金どちらでも大きなメリットがあるが、特に出金でbitwalletを使ったときのメリットが強烈。

今まで海外送金での出金でかかっていた手数料4,000~5,000円をたった824円まで抑えられる。

FBSを利用するなら同時にbitwalletのアカウントも開設しておこう。

【※】bitwalletとは

bitwalletはオンラインウォレットのこと。

  • 入金・出金
  • 各種サービスへの送金
  • 個人間送金
  • 円・ドル・ユーロの両替

などbitwallet1つあれば、ネット上で様々なことに利用できる。

bitwalletは口座維持費無料で、口座開設自体も10分程度で完了する。

関連記事:bitwalletとは。特徴や使い方を調べてみたら海外FXで超絶使えるサービスだった
関連記事:【画像付き】bitwalletの口座開設方法の流れから本人確認書類の提出方法まで鬼まとめ

FBSで取引するデメリット・弱み3つ

円口座に対応していない

FBSは円口座に対応していないため、ドル建てかユーロ建ての口座を利用することになる。

慣れればどうってことないが、いちいち日本円に換算して考えるのを面倒と考える人もいるだろう。

また円からドル・ユーロへ両替するタイミング、つまり入出金のタイミングで為替の影響を受ける

  • 入金時より出金時に円安なら得する
  • 入金時より出金時に円高なら損する

一応上記の影響を覚えておくとムダに損することはない。

ただし為替は自分でコントロールできるものでもないため、よほどの大金を入出金する場合以外は、とりててて気にかけなくてOKだ。

日本語対応の進みが遅く、日本語サポートも”あってないようなもの”

FBSの日本語対応化は残念ながらまだまだ満足できるレベルにない。

公式HPやマイページは日本語化されているものの、Google翻訳でも使ったかのような違和感のある日本語で書かれている。
正直FBSの中身(運営実績等)を知らなければかなり怪しく見えるだろう…。

一応内容を理解できるレベルではあるため致命的なデメリットではないのが救いだ。

FX取り扱い通貨ペア数・CFD商品が若干もの足りない

FBSで取引できるFX通貨ペア数が全35種類、CFD商品が全2種類。

50種類以上の通貨ペア・10種類以上のCFD商品を取引できる業者も多いため、少々さびしいラインナップとなっている。

とはいえ、

  • マイナー通貨ペアをメインで取引したい
  • FX通貨ペアよりもCFD商品の取引目当て

という方以外にはそこまでデメリットではない。

通貨ペアに関してはメジャー通貨ペアや有名通貨ペアは当然取り揃えられている。

あくまでもマイナー通貨ペアやCFD商品に興味がある方に対してのデメリットだ。

【FBSで取引可能なFX通貨ペア(全35種)】

USDCAD USDCHF USDCNH USDJPY USDMXN USDRUB USDTRY

EURAUD EURCAD EURCHF EURCNH EURGBP EURJPY EURNZD EURUSD

GBPAUD GBPCAD GBPCHF GBPJPY GBPNZD GBPUSD

AUDCAD AUDCHF AUDJPY AUDNZD AUDUSD

NZDCAD NZDCHF NZDJPY NZDUSD

BTCUSD CADCHF CADJPY CHFJPY CNHJPY

【FBSで取引可能な貴金属(全4種)】

Palladium Platinum XAGUSD XAUUSD

【FBSで取引可能なCFD商品(全2種)】

BRN WTI

以上がFBSの強みと弱みに関する解説だ。

つらつらといろいろ解説したが、FBSの魅力は最大3000倍の超ハイレバ×上限200万相当の100%ボーナスに集約されている

自己資本に自信がない方でも、ボーナスで証拠金を倍増させて一攫千金狙いの取引ができるだけで利用価値は十分にあるだろう。

とにもかくにもFBSにはTrade100Bonus口座があるので、まずはTrade100Bonusを開設して無料で100$分利用してみるのがオススメだ。

FBSの詳細情報まとめ

FBSの会社情報
正式名称
Finance Brokerage Services
所在地
Suite 5, Garden City Plaza, Mountain View Boulevard,BELMOPAN, Belize, C. A.
金融ライセンス
IFSC/Berrys
事業開始年
2009年
顧客資金の管理
分別管理
公式サイト日本語化
日本語
サポート体制
メール・電話・ライブチャット
メール問い合わせ(英語)
support@fbs.com
スタンダード口座の詳細
最大レバレッジ
3000倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円2.0pips
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
無料
ボーナス
あり
口座通貨
USD,EUR
商品
FX通貨ペア数35種類、貴金属4種類、CFD2種類、仮想通貨4種類、株式33種類
最低入金額
100ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
ECN口座の詳細
最大レバレッジ
500倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円0.6pips
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
往復0.6pips
ボーナス
なし
口座通貨
USD,EUR
商品
FX通貨ペア数35種類、貴金属4種類、CFD2種類、仮想通貨4種類、株式33種類
最低入金額
1,000ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.1LOT(10,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
セント口座の詳細
最大レバレッジ
1000倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円2.5pips
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
無料
ボーナス
あり
口座通貨
USD,EUR
商品
FX通貨ペア数35種類、貴金属4種類、CFD2種類、仮想通貨4種類、株式33種類
最低入金額
1ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
マイクロ口座の詳細
最大レバレッジ
2000倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円3.0pips
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
無料
ボーナス
あり
口座通貨
USD,EUR
商品
FX通貨ペア数35種類、貴金属4種類、CFD2種類、仮想通貨4種類、株式33種類
最低入金額
5ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
ゼロスプレッド口座の詳細
最大レバレッジ
3000倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円0.0pips
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
往復2.0pips
ボーナス
なし
口座通貨
USD,EUR
商品
FX通貨ペア数35種類、貴金属4種類、CFD2種類
最低入金額
5ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
FBSの入出金情報
入金方法
クレジットカード・デビットカード(VISA),海外銀行送金,bitwallet,STICPAY
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード・デビットカード→即時
bitwallet→即時
海外銀行送金→3~5営業日
STICPAY→即時
入金手数料
クレジットカード・デビットカード→無料
bitwallet→無料
海外銀行送金→無料
STICPAY→入金額の2.5%+0.3ドル
出金手数料
クレジットカード・デビットカード→1$
bitwallet→一律824円
海外銀行送金→4,000円程度
STICPAY→出金額の2.5%+0.3ドル
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
クレジットカード・デビットカード→15~20分(最大48時間)
bitwallet→即時
海外銀行送金→3~5営業日
STICPAY→15~20分(最大48時間)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です