FXDDの評判!8つの弱みと5つの強みから”俺が”ガチ辛口評価する

本記事では2002年に運営を開始した老舗の海外FXブローカーFXDDについて辛口で論じたものだ。

FXDDといえば日本人向けのマーケティングをいち早く開始したブローカー。
10数年前までは日本人1番人気のブローカーと言えばFXDDと言っても過言ではなかった。

海外業者とは思えないキメ細かな日本語サポートで、すんなりと日本人トレーダーの顧客を増やしていっていた。

しかし今となっては昔の話。
現在FXDDを利用している国内トレーダーはかなり少なくなっている

本記事ではなぜFXDDの人気が失墜したのかも含めて、強みと弱みという切り口から徹底的に評価している。

FXDDの口座開設を検討している方は、まず本記事を熟読してほしい。

FXDDは業者としての信頼性がゼロ!口座開設はやめておくべき!

結論から言うと、FXDDで口座開設するのはまったくオススメできない

というのもFXDDは業者としての信頼性が低すぎるのだ。

  • スイスフランショックの際にゼロカットシステムを執行しなかった
  • 金融ライセンス未所持の無登録業者
  • 顧客資産管理が分別管理のみ(分別管理先は不明)

業者としての信頼性はゼロ点といえる。

ここまで信頼性が低いと、どんなに業者スペックが良くても使う気になれない。

無登録業者である以上、すべての利用ルールをFXDDが決めれるので、どんな理不尽なことが起きても自己責任だ。

もしFXDDの口座開設をするつもりなら、自己責任でお願いしたい。
当サイトではFXDDの口座開設は断固としてオススメしないスタンスでいる。

 

FXDDをオススメできない8つの弱み・デメリット

ゼロカットシステムの約束を破った

FXDDをおすすめできない最大の要因が”過去にゼロカットシステムの約束を反故にした“ことだ。

2015年のスイスフランショックでは、FXDDのみならず国内外多数のFX業者を利用するトレーダーに追証が発生した。
調べられる範囲だと、国内FXでは個人・法人合計で約34億円の追証が発生している。
(参考:一般社団法人 金融先物取引業協会『モニタリング関連資料』)

アルパリUKなど大手のFX業者でも倒産するところがでるほどの騒ぎとなったが、ゼロカットを採用している海外FX業者のほとんどはしっかりとゼロカットを執行した。

スイスフランショック時のXMのゼロカットシステム執行の企業ニュース

しかし驚くべきことにFXDDはゼロカットシステムを執行しなかった。
結局マイナス分を補填できないトレーダーはFXDDを利用することができなくなってしまったのだ。

FXDDがゼロカットシステムを執行しなかった言い訳がこちら。

「今回はサービスの範囲を超えておりますため、顧客同意書上、弊社サービスのご利用にはマイナス額をご入金いただく必要がございます。」

要するに「今回の追証は流石に手に負えない。すまんな。」ということだ。

おそらくトレーダーの追証をすべて肩代わりしてしまうと倒産の危機だったのだろう。
とはいえ公式HPに記載していたサービス内容を、自社がやばい状況になったからといってナシにする対応はいかがなものか。

FXDDは明確に顧客よりも自社を優先したことになる。
正直管理人は信頼してFXDDを利用することはできない。

今後FXDDを利用しようと考えているトレーダーは「FXDDは顧客よりも自社を優先するFX業者」ということを肝に銘じておくべきだ。

ゼロカットシステムはスイスフランショック以降なしになっている

当然だがスイスフランショックでゼロカットシステムの約束を破って以降、FXDDではゼロカットシステムは採用されていない。

通常の取引でマイナス残高になった場合は、マイナス分を補填する必要があるので注意しよう。
国内FXと同じでマイナス分を踏み倒すことはできない。

 

金融ライセンス未所持の完全無登録業者

FXDDは現在どこの国の金融ライセンスも所持していない完全無登録業者の可能性が高い(※)。
公式HPを隅々まで調べてみたが、どこにも金融ライセンスは見当たらなかった。

過去には、

  • MFSA(マルタ金融庁)
  • CFTC(米国商品先物取引委員会)
  • NFA(全米先物協会)

という格式高いライセンスを所持していて信頼性も高かったのだが、現在の無登録の状態では信頼性は無に等しい。

どこの国の規制も受けずに好き放題できるので、FXDDがなにか理不尽な行為を働いても泣き寝入りするしかないのが現状だ。

過去のゼロカット反故を考えても、FXDDが顧客裏切る可能性は十二分にある。
FXDDの口座開設をするなら自己責任でお願いしたい。

(※)FXDDはバミューダのライセンスを持っている可能性はある

現在FXDDはバミューダ―諸島で運営されている。
公式HPへの記載はないものの、バミューダのライセンスを持っている可能性はゼロではない。

しかし公式HPに記載していない以上は、持っていないという考えでいたほうが後々のリスクを防げる。

スプレッドがめちゃくちゃ広い

FXDDではスタンダード口座(STP)とプレミアム口座(ECN)の2種類の口座タイプが用意されている。

しかし、どちらの口座タイプもスプレッドがかなり広い
海外FX業者全体が低スプレッドを実現しようとしている傾向の中、いまだに一昔前の水準でやっているのは残念だ。

スプレッドを重要視するトレーダーにはまったくオススメできない。

【FXDDのスタンダード口座(STP)と他業者のSTP口座の比較】

通貨ペアFXDDTitanFXAxioryXM
USD/JPY2.3pips1.33pips1.5pips1.6pips
AUD/JPY3.5pips2.12pips2.1pips3.0pips
EUR/JPY3.0pips1.74pips1.7pips2.6pips
GBP/JPY3.8pips2.45pips2.7pips3.5pips
EUR/USD1.8pips1.20pips1.3pips1.6pips
GBP/USD2.6pips1.57pips1.9pips2.3pips
AUD/USD1.8pips1.52pips2.1pips1.8pips

【FXDDのプレミアム口座(ECN)と他業者のECN口座の比較】

通貨ペアFXDDTiatnFXAxioryXM
取引手数料往復0.598pips~0.998pips往復0.7pips往復0.6pips往復1.0pips
USD/JPY1.898pips
(1.3pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.10pips
(0.50pips)
1.10pips
(0.10pips)
AUD/JPY2.398pips
(1.4pips)
1.82pips
(1.12pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.80pips
(0.80pips)
EUR/JPY2.398pips
(1.8pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.30pips
(0.70pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY7.898pips
(7.3pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
2.10pips
(1.10pips)
EUR/USD1.598pips
(1.0pips)
0.90pips
(0.20pips)
0.90pips
(0.3pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD1.998pips
(1.4pips)
1.27pips
(0.57pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.40pips
(0.40pips)
AUD/USD1.298pips
(0.7pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)
1.30pips
(0.30pips)

【※】スプレッドの表記方法について

●STP口座
→MT4に表示されるスプレッドの平均値をそのまま記載

●ECN口座
→MT4に表示される平均スプレッド+取引手数料の合計値を記載
スプレッドのみの数値はカッコ内に記載

またFXDDの取引手数料は通貨ペアによって変動する。

EUR/USD,GBP/USD,USD/JPY,USD/CHF,AUD/USD,EUR/JPY,GBP/JPYは往復0.598pips。
それ以外の通貨ペアは往復0.998pips。

見ての通り、STP・ECNともに他業者と比べてかなり広いスプレッドなのがわかる。

海外FXでは平均的なスプレッドのXMと比較してもかなり広い。

スプレッド重視のトレーダーには使い物にならないレベルなので、素直にTitanFXやAxioryなどスプレッドが狭い業者を検討するのがオススメだ。

 

ロスカット水準が証拠金維持率50%以下と若干辛い

ほとんどの海外FX業者がロスカット水準20~30%で設定している中、FXDDのロスカット水準は証拠金維持率50%以下と若干辛めだ。

ある程度レバレッジをコントロールしないと強制ロスカットされやすくなってしまう。
つまりアクティブなハイレバトレードがしにくいわけだ。

ロスカット水準50%がきつすぎるわけではないが、できれば20~30%くらいになるとよりアクティブにハイレバトレードしやすくなる。

 

高い口座維持費が発生する可能性がある

FXDDでは1月1日、4月1日、10月1日のタイミングで直近3ヶ月(90日間)トレード履歴(※)がないと、毎月30$(3,000円相当)の口座維持費がかかる
(※)トレード履歴なしは未決済ポジションなしで、入出金・注文なしの状態を指す。

FXDDで3ヶ月取引する予定がないなら、事前にすべての口座残高を引き出しておこう。

口座残高が0円の場合は口座維持費は引かれない

また残高が30$以下の場合は、0円ピッタリになるよう口座残高が引き落とされる。

(例)口座に25$残っている場合
25$→0$になるよう口座維持費が引かれる。

 

出金手数料がかかる

FXDDでは、以下の2つの場合に出金手数料がかかるので注意しよう。

  • 同月内で2回目以降の銀行出金をした
  • 出金額が100$(10,000円相当)以下の出金

同月内で2回以上の銀行送金で出金した際にかかる手数料

FXDDは初回出金だと手数料無料
しかし同月内の2回目以降の銀行送金での出金をすると、40$(4,000円相当)の出金手数料がかかってしまう。

リフティングチャージでかかる4,000円と合わせると、1回の出金で約8,000円ほど手数料がかかる計算だ。

こまめに出金してしまうと、手数料でかなりの損をしてしまうので注意しよう。

 

出金額が100$(10,000円相当)以下でかかる手数料

FXDDでは銀行送金・クレジットカード出金など出金方法問わず、100$以下の出金をすると25$(2,500円)の手数料がかかる。

仮に上述した同月内2回目以降の銀行送金での出金と合わせると、リフティングチャージ込みでかかる手数料は1万円を超えてしまう。
かなり割高だ。

できる限りまとまった金額で出金するよう心掛けなければならない。

 

最低入金額が高めに設定されている

FXDDの最低入金額は海外FXの中では若干高い。

  • スタンダード口座→250$(25,000円相当)
  • プレミアム口座→1,000$(10万円相当)

他の業者では1万円~2万円に最低入金額が設定されていることが多いので、少額入金ではじめたいトレーダーにはハードルが高いだろう。

 

顧客資産管理が分別管理のみ

FXDDの顧客資産の管理方法は分別管理だ。

この管理方法では、業者の運営資金と顧客資産を別々の口座で管理しているだけで、管理者自体はどちらもFXDDとなる。
FXDDが倒産した場合でも、顧客資産を債権返済に充てることもできるわけだ。

つまり分別管理では顧客資産の安全性が保障されていない。

FXDDは無登録業者なことも合わせると業者としての信頼性はかなり低い。

 

FXDDの強み・取引するメリット5つ

FXDDの弱み・デメリットについて辛辣な意見を述べてきたが、一応FXDDにも優れている部分はある。

もし上述してきた弱み・デメリットを受け入れた上で、FXDDにメリットを感じるなら自己責任で利用すれば良いだろう。

 

レバレッジ500倍

FXDDの最大レバレッジは500倍

海外FXでは平均レベルだが、国内FXの25倍と比べると断然資金効率よくトレードできる。

国内FXの20分の1の証拠金で、同等のポジションを持つことが可能だ。

 

平日24時間の万全の日本語サポート体制

FXDDは真っ先へ日本市場を開拓した海外FX業者。
2010年~2011年頃には総勢20名の日本人スタッフを在籍させていた。

以前よりは日本市場での勢いはないものの、今でも日本サポートは万全。

  • 電話
  • コールバック
  • Eメール
  • ライブチャット

上記4つの方法で日本語問い合わせができる。

しかも問い合わせ対応時間は平日24時間だ。

【詳細な問い合わせ時間】

●米国冬時間
→日本時間の月曜午前7時~土曜午前6時55分

●米国夏時間
→日本時間の月曜午前6時~土曜午前5時55分

海外FX初心者の方でもわからないことがあれば、すぐに疑問・悩みを解決できる体制が整っている。

 

金融商品の取り扱いが通貨ペアのみならずCFDや仮想通貨までと豊富

FXDDは金融商品の取り扱いが豊富だ。

  • 通貨ペア数:54種類
  • CFD銘柄:30種類
  • 仮想通貨:6種類

合計90種類もの金融商品を1つの口座で取引できる。

通貨ペアのみならず様々な金融商品を取引したい人には嬉しいポイントだ。

FXDDで取引可能な通貨ペア(54種類)

USD/JPY EUR/USD GBP/USD USD/CHF USD/CAD AUD/USD
NZD/USD

EUR/GBP EUR/JPY EUR/CHF EUR/AUD EUR/CAD EUR/NZD

GBP/JPY GBP/CHF GBP/CAD GBP/AUD GBP/NZD

NZD/JPY NZD/CAD NZD/CHF

AUD/JPY AUD/CAD AUD/CHF AUD/NZD

CAD/JPY CAD/CHF

CHF/JPY

USD/MXN EUR/MXN

USD/PLN EUR/PLN

USD/TRY EUR/TRY TRY/JPY

USD/CNH USD/HKD

USD/SGD SGD/JPY

USD/HUF EUR/HUF

USD/ZAR EUR/ZAR GBP/ZAR ZAR/JPY

USD/SEK EUR/SEK

USD/NOK EUR/NOK

USD/DKK EUR/DKK

NOK/SEK NOK/JPY

USD/RUB

FXDDで取引可能なメタルCFD(7種類)

XAU/USD XAG/USD XAU/EUR XAG/EUR

XPT/USD XPD/USD

COPPER

FXDDで取引可能なエネルギーCFD(3種類)

XAU/USD XAG/USD XAU/EUR XAG/EUR

XPT/USD XPD/USD

COPPER

FXDDで取引可能な市場平均CFD(10種類)

ESP.35 GER.30 FRA.40 UK.100 AUS200

JPN225 HKG.33 USA.30 NAS100 SPX500

FXDDで取引可能な株式CFD(10種類)

#AAPL #FB #AMZN #NFLX #TSLA

#GOOGL #BABA #TWTR #BAC #BIDU

FXDDで取引可能な仮想通貨(6種類)

BTC/USD BTC/EUR BTC/JPY

ETH/USD LTC/USD XRP/USD

最新の取引プラットフォームMT5が使える

FXDDではMT4の進化版となるMT5が利用できる。

【MT4とMT5の特徴】

●MT4
世界で最も普及しているプラットフォーム。EAやインジケーターの数がかなり豊富。
システムトレーダーは現状これ一択。

●MT5
動作スピードがMT4よりも優秀。
時間足表示がMT4より多く、より詳細なチャート分析がしやすい。

現状ではインジケーター・EAを多用するシステムトレードメインのトレーダーはMT4を使えば良い。

一方で裁量取引メインのトレーダーであればMT5を使うのがオススメだ。

4種類の入出金方法が用意されている

FXDDでは4種類もの入金方法が用意されている。

  • クレジットカード入金(VISA/MasterCard)
  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • 海外銀行送金

特にbitwalletに対応しているのは大きい。
VISAやMasterを持っていなくても、bitwalletを通じてアメックス・ダイナース・Discoverのクレジットブランドで入金できる。

その上1番強烈なメリットが、出金手数料を一律824円まで抑えられることだ。

bitwalletを利用して出金する場合「海外FX口座→bitwallet→銀行口座」という出金経路になる。

海外FX口座→bitwalletの出金手数料はFXDDが定めている通りだ。
(銀行出金での同月2回目以降の出金や100ドル以下の出金では手数料がかかる)

しかし海外送金で必ずかかるリフティングチャージ約4,000円が、「bitwallet→銀行口座」では一律824円まで抑えられる。
海外送金した場合と比べて、約3,000円ほど手数料を抑えられるのだ。

bitwalletは口座維持費無料で、口座開設自体も10分程度あれば完了する。

bitwalletに対応している海外FX業者も増えているので、ぜひ1つははアカウント開設しておきたい。

【例】bitwalletを通じて20,000円の出金をする場合

FXDD→bitwalletへの出金手数料は無料。
bitwallet→銀行口座への出金手数料は824円。

手元に出金できるお金は19,176円となる。

以上がFXDDに関する強みと弱みだ。

上述した通り、業者としての信頼性がまったくないのがわかっていただけただろうか。

流石に過去にゼロカットの約束を反故にして、その上今では無登録の業者で取引するのは危険すぎる。
また顧客に対して理不尽かつ悪質な対応を取ってもおかしくはないのだ。

スペック的にもそれほど優れた部分がないため、現状利用価値はほぼない業者といえよう。

FXDDの詳細情報まとめ

FXDDの会社情報
正式名称
FXDD Bermuda Limited
所在国
Bermuda
所在地
Clarendon House,2 Church Street,Hamilton HM 11,Bermuda
金融ライセンス
無登録
事業開始年
2002年
顧客資金の管理
分別管理
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
電話・メール・ライブチャット・コールバック
日本語でのメール問い合わせ
jp@fxdd.com
電話番号
(+1)212-720-7050
スタンダード口座(STP)の詳細
最大レバレッジ
500倍
追証について
追証アリ(ゼロカットシステム非対応)
平均スプレッド
× ドル円平均2.3pips
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
無料
ボーナス
定期的に期間限定で開催
口座通貨
USD / JPY
商品
FX通貨ペア:54種類,メタル:7種類,エネルギー:3種類,市場平均:10種類,株式:10種類,仮想通貨:6種類
最低入金額
25,000円(250$)
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率50%
プレミアム口座(ECN)の詳細
最大レバレッジ
500倍
追証について
追証アリ(ゼロカットシステム非対応)
平均スプレッド
○ ドル円1.3pips
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
1LOT往復0.598pips~0.998pips
ボーナス
定期的に期間限定で開催
口座通貨
USD / JPY
商品
FX通貨ペア:54種類,メタル:7種類,エネルギー:3種類,市場平均:10種類,株式:10種類,仮想通貨:6種類
最低入金額
100,000円(1,000$)
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率50%
FXDDの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA, MasterCard),国内銀行送金,海外銀行送金,bitwallet
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→1営業日
国内銀行送金→1営業日
海外銀行送金→3~5営業日
bitwallet→1営業日
入金手数料
無料
出金手数料
クレジットカード→無料(10,000円以下の出金で25$の手数料)
銀行送金→同月2回目以降約8,000円(FXDDに支払う手数料4,000円、リフティングチャージ4,000円)、10,000円以下の出金で25$の手数料
bitwallet→一律824円(10,000円以下の出金で25$の手数料)
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
クレジットカード→10営業日
海外銀行送金→3~5営業日
bitwallet→3~5営業日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です