GEMFOREXノースプレッド口座の評判!8つの特徴からまるっと解説

本記事ではGEMFOREXのノースプレッド口座について解説している。

GEMFOREXのノースプレッド口座は超低スプレッドの口座
ドル円0.3pips・ユーロドル0.3pipsなど国内FXと同水準のスプレッドの狭さを誇る。

このスプレッドで最大レバレッジ1000倍・追証なしでハイレバスキャルピング可能だ。
低スプレッドでゴリゴリハイレバスキャルピングしたい方にはかなりオススメできる。

本記事ではGEMFOREXノースプレッド口座の8つの特徴からオールインワン口座との比較まで、ノースプレッド口座のすべてがわかるようにしている。

ノースプレッド口座の開設を考えている方は参考にしてほしい。

GEMFOREXのノースプレッド口座の特徴8つ

スプレッドが国内FXと同等レベルで狭い

ノースプレッド口座のスプレッドはお世辞抜きで海外FX業界でトップクラスの狭さ。

もはや他の海外業者とは比べ物にならず、国内業者と同水準の狭さだ。

以下では大手国内FX業者のDMMFXとスプレッドの狭さに定評のある海外FX口座を比較してみた。

FX通貨ペアGEMFOREX
ノースプレッド口座
DMMFX(国内FX)TitanFX
ブレード口座
XM
ゼロ口座
取引手数料無料無料0.7pips/lot1.0pips/lot
USD/JPY0.30pips0.30pips1.03pips
(0.33pips)
1.10pips
(0.10pips)
EUR/JPY0.50pips0.50pips1.44pips
(0.74pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY1.00pips1.00pips2.15pips
(1.45pips)
2.10pips
(1.10pips)
AUD/JPY0.60pips0.70pips1.82pips
(1.12pips)
2.00pips
(1.00pips)
EUR/USD0.30pips0.40pips0.90pips
(0.2pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD0.80pips1.00pips1.27pips
(0.57pips)
1.60pips
(0.60pips)
AUD/USD0.30pips0.90pips1.22pips
(0.52pips)
1.40pips
(0.80pips)

(※1)GEMFOREXのノースプレッド口座は変動スプレッド制+STP方式のため、MT4に表示されるスプレッドの平均値を記載。
(※2)DMMFXは固定スプレッド制のため固定値を記載。
(※3)TitanFXブレード口座とXMZERO口座は変動スプレッド制+ECN方式のため、「MT4に表示されるスプレッドの平均値+取引手数料」の合計値を記載。スプレッドのみの数値はカッコ内に記載。

他の海外FX口座はもちろん、国内業者のDMMFXと比較しても狭いスプレッドを誇っているのがわかる。

海外FX業者のスプレッド水準が国内に追いつきつつあるとは言われるものの、本当に国内FXに追いつき追い越しているのはGEMFOREXのノースプレッド口座のみ

またノースプレッド口座はこのスプレッドの狭さでSTP口座というところもミソ。
取引手数料がかからないので、いちいち手数料を加味して取引コストを考えなくてOKだ。

最大レバレッジ1000倍×追証なし

ノースプレッド口座の最大レバレッジは1,000倍
国内FXの最大レバレッジ25倍と比較すると、約40分の1の証拠金で同等のポジションを持てる。

例えばドル円100円で1万通貨ポジる際に、国内FXなら40,000円の証拠金が必要なところ、GEMFOREXのノースプレッド口座なら1000円でポジれる。

少額投資でも資金効率よくトレードを進めることが可能だ。

 

またノースプレッド口座も当然追証なしのゼロカットシステム対応。

口座残高がマイナスになっても、マイナス分をGEMFOREXが肩代わりして口座残高をゼロ(0円)に戻してくれる。

絶対に口座残高以上の損失は生まれないというリスクが限定された環境で、アクティブなハイレバトレードを楽しめる。

スキャルピングOK!取引制限一切なし

GEMFOREXは公式で「スキャルピングは認めていますか?」という質問に対し、“はい、特に制限は設けてはおりません。”と明記している。

つまり取引制限なしでスキャルピングし放題というわけだ。

ただし注意書きのような形で書かれているが、サーバーの執行能力に影響を与えてしまうような”膨大かつ高頻度の取引”はNG
いきなりアカウント停止などの処置を受けることはないが、取引量を減らすように忠告される。

忠告された場合は、素直に取引量を減らすようにしよう。

なおどのくらいの頻度の取引がサーバーに影響を与えるレベルなのかは明記されていない。
管理人は1時間で1lotの取引を5~7回ほど繰り返したが何も忠告はなかった。

1~2分程度の超高速スキャルピングじゃなければ大丈夫なものと思われる。
(ただし絶対ではなく管理人の感覚値なので、あくまでも参考程度にしていただきたい)

できるのは裁量取引のみ!EA・ミラートレード不可

GEMFOREXを利用するメリットの1つは、200種類以上のEAが無料で使い放題・ミラートレードが可能ということ。

しかしノースプレッド口座ではEAを使用した取引やミラートレードは不可
完全手動の裁量取引のみ可能となっている。

裁量取引メインのトレーダーだが問題ないが、EAトレード・ミラートレードを考えているトレーダーにはオススメできないポイントだ。

ボーナスキャンペーンなし

GEMFOREXの魅力の1つが豪華なボーナスキャンペーン。
口座開設ボーナス20,000円や100%入金ボーナスが期間限定で開催されている。

しかしノースプレッド口座はボーナスキャンペーンの対象外
完全自己資本での運用をしなければならない。

ボーナスキャンペーンが適用されるのはオールインワン口座のみ。

もし自己資本に自信がなく、ボーナスを利用して効率よくトレードしたいならオールインワン口座の開設をオススメする。

GEMFOREXでは追加口座の開設ができるため、最初にオールインワン口座を開設して、後からノースプレッド口座の開設OKだ。

(※)ノースプレッド口座にボーナスが適用されない理由

海外FX業者は大きく2つのタイプに分かれる。

  • スプレッド特化型→派手なボーナスはないが、代わりにスプレッドを狭くしている
  • ボーナス特化型→スプレッドは並~広めだが、代わりに豪華なボーナスキャンペーンを提供している

GEMFOREXでいうと、オールインワン口座がボーナス特化型でノースプレッド口座がスプレッド特化型というわけだ。

そのためノースプレッド口座はスプレッドの狭さが海外FX最高峰の代わりに、ボーナスキャンペーンが適用されない。

初回最低入金額30万円以下で取引開始ハードルが高い

GEMFOREXのノースプレッド口座の初回最低入金額は30万円

そもそも30万円を最初に入金できないと使えない。

ほとんどの海外FX口座の最低入金額が、数千円~20,000円程度なことを考えるとかなり高額だ。
(もちろん人によって金銭感覚は異なるので、一概に30万円を”高い”ということはできないが…)

自己資本をあまり用意できない方にとっては利用までのハードルが高いと言える。

 

ただし初回だけ30万円入金してしまえば、その後の入金額の制限はない

スプレッドの狭さを筆頭に口座スペックは優秀なため、最初だけ30万円用意できるなら積極的に利用を考えても良いだろう。

【初回最低入金額がノースプレッド口座より安い海外FX業者】

業者+口座名初回最低入金額
TitanFXブレード口座20,000円
Axioryナノスプレッド口座20,000円
XMゼロ口座20,000円
TradeviewILC口座100,000円

もし30万円用意できないが、低スプレッドにこだわりたい方は上記の業者から選ぶのがオススメだ。

取引できる商品はFX通貨ペア33種のみ

ノースプレッド口座で取引できる金融商品はFX通貨ペア33種類のみ。

本当に必要最低限のメジャー通貨ペアのみトレードできる形だ。

マイナー通貨ペアや天然ガス・原油、日経225などのCFD銘柄の取引はできないので注意しよう。

【ノースプレッド口座で取引可能なFX通貨ペア33種】

USD/JPY CHF/JPY CAD/JPY NZD/JPY ZAR/JPY

AUD/CAD AUD/JPY AUD/NZD AUD/USD AUD/CHF

EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF EUR/GBP EUR/JPY EUR/USD EUR/NZD EUR/ZAR

GBP/CHF GBP/AUD GBP/JPY GBP/CAD GBP/USD GBP/NZD

USD/CAD NZD/USD USD/CNH USD/CHF USD/SGD USD/HKD USD/MXN USD/TRY USD/ZAR

もしFX通貨ペアを低スプレッドで取引しつつ、CFD銘柄の取引もしたいならTitanFXのブレード口座やAxioryのナノスプレッド口座の開設をオススメする。

利用できる取引プラットフォームはMT4のみ

デメリットというわけではないが、GEMFOREXのノースプレッド口座で利用できる取引プラットフォームはMT4のみ。

MT5やcTraderといったプラットフォームは使えない。

はじめて海外FXを利用する方ならそこまで関係ないが、他業者でMT5やcTraderを利用していた方は注意してほしい。

GEMFOREXのノースプレッド口座とオールイン口座の違い

最後にGEMFOREXのノースプレッド口座とオールインワン口座を比較してみた。

項目ノースプレッド口座オールインワン口座
最大レバレッジ1000倍1000倍
追証なし
(ゼロカットシステム)
なし
(ゼロカットシステム)
ロスカット水準証拠金維持率20%以下証拠金維持率20%以下
スプレッド
(ドル円平均)
0.30pips2.00pips
取引手数料無料無料
ボーナスなしあり
(口座開設ボーナス・入金ボーナス等)
初回最低入金額30万円100円
取引プラットフォームMT4MT4
システムトレード・ミラートレード非対応対応

表を見ると、主に4つの項目で違いがあることがわかる。

  • スプレッド:ノースプレッド口座のほうがオールインワン口座より狭い
  • ボーナス:オールインワン口座のみボーナス対象
  • 初回最低入金額:ノースプレッド口座30万円、オールインワン口座100円
  • EA・ミラートレード:オールインワン口座のみ可能

これらの違いを踏まえた上で、口座タイプの選び方・そもそもGEMFOREXで口座開設すべきなのかをまとめた。

【ノースプレッド口座がオススメ】

  • スプレッド最重要視でゴリゴリのハイレバスキャルピングをしたい
  • 裁量取引メインのスキャルピングトレーダー
  • 初回最低入金額30万円を用意できる

【オールインワン口座がオススメ】

  • ボーナスを生かしたダイナミックなハイレバトレードがしたい
  • EA・システムトレードメインで取引していく
  • 最初はできるだけ入金額を抑えてお試しで使ってみたい(自己資本に自信がない)

【GEMFOREX以外の海外FX業者がオススメ】

  • CFD銘柄の取引もしたいと考えている
    →GEMFOREXではCFD銘柄の取引不可。
  • スキャルピング用のEAを使いたい
    →EAを使えるオールインワン口座はスプレッドが狭いため、スキャルピング用のEAとは相性が悪い。
  • MT5・cTraderを乗り換え前の業者で利用していた
    →GEMFOREXではMT4しか使えない

GEMFOREXでの口座開設を考えている場合は、上記を参考にしてもらうと失敗する確率がグッと低くなるだろう。

以上でGEMFOREXのノースプレッド口座に関する解説は終わりだ。

【ノースプレッド口座のメリット】

  • 国内FXと同水準で狭いスプレッド
  • 最大レバレッジ1000倍×追証なし
  • スキャルピングOK(やりすぎ禁止)

【ノースプレッド口座のデメリット】

  • EA・ミラートレード不可(裁量取引のみ)
  • 初回最低入金額30万円以上
  • 取引可能な商品がFX通貨ペア33種のみ
  • ボーナスキャンペーンなし
  • MT4しか利用不可

管理人としては自己資本に自信があり、業界最狭のスプレッドでアクティブにハイレバスキャルピングしたいならかなりオススメだ。
正直裁量スキャルピングをする環境としては、現状ノースプレッド口座が最強だと考えている。

初回最低入金額30万円のハードルを越えられるなら、ぜひ一度利用してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です