HotForexの評判!9つの強みと3つの弱みから”俺が”ガチ評価してみた

HotForexの評判!9つの強みと3つの弱みから"俺が"ガチ評価してみたのアイキャッチ

HotForexは2009年に運営を開始した海外FXブローカー。

日本での知名度こそ低いもののヨーロッパを中心に世界的には超有名なブローカーだ。

企業としての信頼性の高さもさることながら、ボーナス特化型の初心者でもとっつきやすい口座や、スプレッド特化型の上級者向けの口座まで用意。
万人が利用できるような業者に仕上がっている。

本記事ではHotForexについて強み・弱みの切り口から、公平にHotForexを評価している。

HotForexの利用を考えている方は参考にしてほしい。

ボーナス目当てでもスプレッド目当てでもOK!総合スペックが高い万人向けの業者

結論から言うとHotForexはかなり口座開設をオススメできる

  • ボーナス特化型とスプレッド特化型の両方の口座を用意
  • 100%入金ボーナスなどキャンペーン内容がかなり豪華
  • ゼロスプレッド口座のスプレッドが海外FX最高レベル
  • 取り扱い商品がFX通貨ペアからCFD商品まで豊富
  • 約定力が高くサクサク決済できる
  • 完全日本語対応で24時間日本語サポート
  • bitwalletでの入出金に対応

総合的にスペックが高く、海外FX初心者から海外FX上級者まで満足できる業者だ。

ボーナスを利用してダイナミックなデイトレができる口座と、低スプレッドでゴリゴリスキャルピングする口座が分かれているので、両方使ってみるのも良いだろう。
(追加口座の開設もかなりカンタンにできる)

今後ますます日本人利用者の増えていく業者の1つと言えるので、ぜひ一度口座開設してみて使い心地を試してほしい。

HotForexで取引するメリット・強み9つ

口座タイプを3種類用意!取引スタイルに応じて使い分けOK

HotForexでは3種類の口座タイプの中から口座を選べる。

  • マイクロ口座
  • プレミアム口座
  • ゼロスプレッド口座

それぞれの口座タイプのスペック比較は以下。

項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロスプレッド口座
注文方式STPSTPRCN
最大レバレッジ1000倍500倍500倍
追証なしなしなし
平均スプレッド(ドル円)ドル円1.7pipsドル円1.7pipsドル円0.1pips~0.2pips
取引手数料なしなし往復0.8pips/lot
最小取引単位0.01lot0.01lot0.01lot
ロスカット水準証拠金維持率10%以下証拠金維持率20%以下証拠金維持率20%以下
最低入金額5$(500円相当)100$(10,000円相当)200$(20,000円相当)
ボーナス対象対象対象外

スペックを踏まえて考えると、

  • デイトレーダー・ボーナス目当て
    →マイクロ口座・プレミアム口座
  • スキャルピングトレーダー・スプレッド最重要視
    →ゼロスプレッド口座

という形で選択するのがオススメだ。

(※)HFCopy口座とAUTO口座も存在する

HotForexではマイクロ口座・プレミアム口座・ゼロスプレッド口座の他に、HFCopy口座とAUTO口座も存在する。

  • HFCopy口座:コピートレード専用の口座
  • AUTO口座:自動売買専用の口座(プレミアム口座と同スペック)

2つの口座の概要は上述の通りなので、一旦候補から除外している。

マイクロ口座の特徴

マイクロ口座はHotForexの中で1番初心者向けの口座だ。

  • 最大レバレッジ1000倍×追証なし
  • スプレッド:ドル円平均1.7pips
  • 入金ボーナス対応
  • 最低入金額5$

非常にまとまったスペックをしている。

またHotForexの口座の中で唯一レバレッジ1000倍なのもポイント。
海外FXならではのアクティブなハイレバトレードを楽しめる。

ただし最大取引上限が50万通貨までのため、50万通貨以上の取引をする場合はプレミアム口座へ移行しよう。

プレミアム口座の特徴

プレミアム口座はHotForexの中でも王道の口座。

  • 最大レバレッジ400倍×追証なし
  • スプレッド:ドル円平均1.7pips
  • 入金ボーナス対応
  • 最低入金額100$
  • 50万通貨以上の取引可

とマイクロ口座ではできなかった50万通貨以上の取引にも対応できる。

またHotForexボーナスで1番おいしい100%スーパーチャージボーナスを選択できるのもプレミアム口座だけだ。

ボーナスを生かしてハイレバトレードするなら1番オススメできる。

ゼロスプレッド口座の特徴

ゼロスプレッド口座はボーナスこそ対応してないものの、スプレッドの狭さが海外FX随一の口座。

  • レバレッジ200倍×追証なし
  • ロスカット水準20%
  • 平均スプレッド:ドル円平均0.2pips
  • 取引手数料:往復0.8pips

100倍~150倍程度のレバレッジで堅実にスキャルピングしていきたい玄人好みのスペックとなっている。

スキャルピングがメイン手法ならゼロスプレッド口座を開設しよう。

マイクロ口座の最大レバレッジ1000倍×追証なし、ロスカット水準10%

マイクロ口座の最大レバレッジは最大1000倍。

国内FXの最大レバレッジ25倍と比較すると約40倍ものハイレバレッジになる。
つまり国内FXの約40分の1の投資金で同じだけのポジションが持てるわけだ。

【ドル円100円で1万通貨ポジるための必要証拠金】

●国内FX:最大レバレッジ25倍
→40,000円必要

●HotForex(マイクロ口座)→最大レバレッジ1000倍
→1.000円必要

少額投資しかできないトレーダーでも、十分大きなポジションを持ってアクティブにトレードできる。

ロスカット水準も証拠金維持率10%以下と優秀なため、フルレバ近いレバレッジも理論上はかけれる。
ノイズ程度のわずかな値動きで強制ロスカットされる心配なく、ハイレバでポジってOKだ。

 

またHotForexでは追証なしのゼロカットシステムが採用されている。

取引による損失で口座残高がマイナスになってしまっても、マイナス分を補填するよう求められることはない。
マイナス分はHotForexが肩代わりしてくれる。

どれだけ損失を出しても、失うのは口座に入っている金額までで、借金を背負うことは絶対にない。
かなりリスクが限定された環境で安全に取引できる。

ゼロスプレッド口座のスプレッドが海外FXトップクラスの狭さ

ゼロスプレッド口座のスプレッドは、口座名の通りかなり狭い。

さすがにガチの0pipsで取引できるわけではないが、それでも取引コストの安さは海外FXトップクラスだ。

項目HotForex
(ゼロスプレッド口座)
TitanFX
(ブレード口座)
Axiory
(ナノスプレッド口座)
XM
(ゼロ口座)
取引手数料往復0.8pips往復0.7pips往復0.6pips往復1.0pips
USD/JPY0.90pips
(0.10pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.10pips
(0.50pips)
1.10pips
(0.1pips)
EUR/JPY1.60pips
(0.80pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.30pips
(0.70pips)
1.60pips
(0.6pips)
GBP/JPY2.20pips
(1.40pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
2.10pips
(1.1pips)
AUD/JPY1.80pips
(1.0pips)
1.82pips
(1.12pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.80pips
(0.80pips)
EUR/USD0.90pips
(0.10pips)
0.9pips
(0.2pips)
0.90pips
(0.3pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD1.20pips
(0.30pips)
1.27pips
(0.57pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.40pips
(0.40pips)
AUD/USD1.60pips
(0.80pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)
1.30pips
(0.30pips)

(※)スプレッドの表記ついて

例に出しているすべての口座はECN口座のため「スプレッド+取引手数料」の合計値が取引コストになる。
そのため今回は「平均スプレッド+取引手数料」の合計値を記載している。
(平均スプレッドのみの数値についてはカッコ内に記載)

HotForexのゼロスプレッド口座は低スプレッドで名高いTitanFXやAxioryと比べても同等以上に狭いスプレッドを誇っているのがわかる。

特にスキャルピングトレーダーは取引コストを極限まで抑えたトレードが可能だ。

 

しかし詳しくは後述するが、スタンダード口座(マイクロ・プレミアム口座)は”並”のレベルだ。

スキャルピングメインなら取り立てて採用する必要はない。

約定力は高め!クリックした瞬間に約定するイメージ

実際にHotForexを利用してみるとわかるが、約定力はかなり高いレベルにある。

管理人の体感だと大ロットの注文でもサクサク約定する。
今のところはHotForexの約定でストレスを感じたことはない。

ただしこれは現状まだまだXMなど大手海外FX業者と比べて利用者が少ないのも理由だろう。

利用者が少ないとそれだけサーバーにかかる負荷も弱いので約定力も高くなる。

現在どんどん利用者が増えているようなので、今後の高約定力を今後もキープできるのか注目したい。

選べる3つの豪華なボーナスキャンペーン

HotForexでは以下の3つのボーナスのうちから1つを選択して受け取ることができる。

  • 100%スーパーチャージボーナス
  • 100%クレジットボーナス
  • 30%レスキューボーナス

上記3つのうちから1つを選択して受け取ることができる。

100%スーパーチャージボーナス

項目詳細
ボーナス額100%入金ボーナス(500万円上限)+キャッシュバック
対応口座プレミアム口座
条件250$以上の入金(入金ボーナス)
規定lotの取引(キャッシュバック)
開催期間恒常開催

1番おすすめなのが100%スーパーチャージボーナス
適用されるのはプレミアム口座だけなので、プレミアム口座を開設したら積極的に選択したい。

ボーナス内容としては”入金ボーナス×キャッシュバック“のハイブリッド型。

  • 上限5万$(500万円相当)に達するまで250$(25,000円相当)以上の入金に対して100%ボーナス
  • 上限8,000$(80万円相当)に達するまで1lotの取引につき2$のリベート

特に入金ボーナスは初回だけでなく、追加入金にも適用されるのが嬉しいポイントだ。
誰でもHotForexを継続して使い続ければ満額受け取れる。

キャッシュバックは”利益を出した取引のみが有効“という条件があるものの、腕のあるトレーダーにとっては存外おいしい。

取引して利益をあげていくだけで、最大で80万円相当のボーナスが受け取れる。

100%クレジットボーナス

項目詳細
ボーナス額100%入金ボーナス(300万円上限)
対応口座マイクロ口座
プレミアム口座
条件100$(10,000円)以上の入金
※規定lot取引で出金可
開催期間恒常開催

マイクロ口座・プレミアム口座を開設すると選択できるのが100%クレジットボーナス。
上限3万$(300万円相当)に達するまで、150$(15,000円)以上の入金に対して100%ボーナスが適用される。

100%スーパーチャージボーナスと同じく、継続して15,000円以上入金さえしていれば誰でも満額受け取れるのが魅力だ。

またこのボーナスは条件を満たせば出金できるのもポイント。

ただし出金条件はかなり厳しく、

  • 出金ボーナス額÷2lotの取引
  • オープンプライスとクローズプライスの差が3pips以上でカウント

という条件を満たす必要がある。

例えばたった100$出金する場合でも、50lot(500万通貨)の取引が必要な上に、50lotぶんの取引はすべて3pips以上の利幅を抜いていなければならない。
正直かなり絶望的な条件だ。

出金できるのは魅力だが、あくまで”たまたま条件を満たせていたらラッキー”くらいで考えておこう。

30%レスキューボーナス

項目詳細
ボーナス額初回・追加入金の30%ボーナス(上限70万円)
ロスカット後の追加入金の30%ぼ0為す(上限30万円)
対応口座マイクロ・プレミアム
条件50$(5,000円)以上の入金
開催期間恒常開催

30%レスキューボーナスもマイクロ口座・プレミアム口座を開設した方が選択できる。

しかし100%スーパーチャージボーナスや100%クレジットボーナスと比べると、あまりオススメできない

30%レスキューボーナスの内容は以下。

  • 上限7,000$(70万円相当)に達するまで50$以上の入金に対して30%入金ボーナス
  • 7,000$受け取り後にロスカットされた場合は、上限3,000$(30万円相当)まで50$以上の入金に30%ボーナス

とりわけ悪くはないのだが、ボーナス上限と倍率が上述した2つよりも辛い。

強いていうなら、こまめに入金するトレーダーやロスカットされやすい一攫千金狙いの超ハイレバ取引メインなら選択しても良いだろう。

世界に認められている優良ブローカーで信頼性は抜群に高い

日本人トレーダーにはあまり馴染みのないHotForexだが、世界的にはかなり優良ブローカーとして認められている。

  1. 運営歴9年で口座開設数50万over&出金拒否の噂なし
  2. 20以上もの様々な業界賞を受賞
  3. 多数のスポンサー歴あり
  4. 3つの金融ライセンスを所持

上記4つの理由からHotForexの信頼性はかなり高いと判断できる

運営歴9年で50万口座突破!悪質な出金拒否の噂なし

HotForexは運営歴9年になる中堅ブローカー。

口座開設数は50万口座を突破し、着々と大手ブローカーへの道を歩んでいる。
(国内最大手のDMMFXやGMOFXが50万口座ほど)

また運営歴9年の間で、一度も出金拒否のトラブルが起きたという報告はない

かなりクリーンな運営を続けていると判断して良いだろう。

20以上もの業界賞を受賞し内外から高評価を受けている

HotForexは運営開始から20以上もの業界賞を受賞している。

中でも『World FinanceTop100 Global Company』を2013年に受賞しているのは特筆すべき出来事だ。

World FinanceTop100 Global Companyはその年に際立ったパフォーマンスを見せた各分野の企業TOP100社が選ばれるもの。
HotForexはAppleやGoogle、Amazonやゴールドマンサックスなど名だたる企業に肩を並べて受賞している。

この事実はHotForexが世界から評価されているブローカーの証であると言える。

過去に複数のスポンサーシップを務めている

HotForexはスポンサー活動も精力的に行っている。

  • マルシャ(ロシアのスーパーカー)のレーシングチーム
  • ポスシェカレラカップ(スポーツカーレース)
  • Tio Ellinas(スポーツカーレースドライバー)

などなど多くのスポンサーを務めてきた過去がある。

当然ながら企業としての信頼性や資本力がなければスポンサーになることは不可能。

スポンサー活動を続けてきたことも企業の信頼性を担保するのに一役買っている。

3つの金融ライセンスを所持している

HotForexはグループ全体で3つの金融ライセンスを所持している。

  • HF Markets(SV) Ltd:セントビンセント・グレナディーン金融庁(FSA)
  • HF Markets(Europe):キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • HF Markets SA(PTY) Ltd:南アフリカ金融サービス委員会

このうち日本人顧客を管理しているのはセントビンセント・グレナディーンのライセンスを持つHF Markets(SV) Ltdだ。

余談だが2013年まではCySECを持つHF Markets(Europe)が日本人顧客の管理をしていた。
しかし日本人金融庁によるCySECへの圧力により、日本人顧客の受け入れを停止させたのだ。

そのためHotForexは日本人顧客管理をHF Markets(SV) Ltdへ移行させたという経緯がある。

FX通貨ペア数50種類を筆頭に取り扱い金融商品が豊富

HotForexの取り扱い金融商品はかなり豊富。

  • FX通貨ペア:50種類
  • 金属・エネルギー:9種類
  • インデックス:22種類
  • 仮想通貨:7種類
  • 債権:3種類

とFX通貨ペアのみならず、CFD商品や仮想通貨まで取引可能だ。

ボラの激しい資源CFDなど、FX通貨ペア以外も追証なしのハイレバレッジトレードOK
リスクを抑えて超ダイナミックなトレードを楽しめる。

また国内のようにCFD商品を取引するにあたって別の証券会社の口座を開設する必要はない。
FXと同じ口座、つまり1つだけHotForexの口座を開設すればすべて取引できる

HotForexで取引できるFX通貨ペア(50種類)

AUDCAD AUDCHF AUDJPY AUDNZD AUDUSD

CADCHF CADJPY

CHFJPY

EURAUD EURCAD EURCHF EURDKK EURGBP EURHUF EURJPY EURNOK
EURNZD EURPLN EURRON EURUSD EURZAR

GBPAUD GBPCAD GBPCHF GBPJPY GBPNZD GBPUSD GBPZAR

NZDCAD NZDCHF NZDJPY NZDUSD USDCAD

USDCHF USDCNH USDCZK USDDKK USDHKD USDHUF USDJPY USDMXN
USDNOK USDPLN USDRON USDRUB USDSEK USDSGD USDTRY USDZAR

ZARJPY

HotForexで取引できる金属・エネルギー(9種類)

UKOIL.S USOIL.S

XAGEUR XAGUSD

XAUEUR XAUUSD

NGAS UKOIL USOIL

HotForexで取引できるインデックス(22種類)

AUS200 Australian 200
FRA40 France 40
GER30 Germany 30
JPN225 Japan 225
N25 Netherlands 25
SPA35 Spain 35
SUI20 Switzerland 20
UK100 UK 100
USA100 US Tech 100
USA30 US Wall Street 30
USA500 US SPX500

EU50.F EU Stocks 50
FRA40.F France 40
GER30.F Germany 30
JP225.F Japan 225
N25.F Netherlands 25
SUI20.F Switzerland 20
UK100.F UK 100
US100.F US Tech 100
US30.F US Wall Street 30
US500.F US SPX500
USDIndex US Dollar Index

HotForexで取引できる仮想通貨(7種類)

BTCUSD
BTCEUR
ETHEUR
ETHUSD
LTCUSD
LTCEUR
DSHBTC

HotForexで取引できる債券(3種類)

EUBUND.F
UKGILT.F
US10YR.F

bitwalletでの入金に対応しており利便性◎

HotForexの入出金手段は以下の3種類。

  • クレジットカード(VISA・MasterCard)
  • ビットコイン
  • bitwallet(ビットウォレット)

中でもbitwalletでの入金に対応しているのは大きい。

bitwalletを利用すれば入金も手数料無料で即時反映
さらにはbitwalletを経由することで、VISA・MasterCardの他に、JCB・AMEX・Diners・Discoverのクレジットブランドでも入金できる

なによりbitwalletを利用すれば出金手数料を一律824円まで減らせるのが強烈すぎるメリットだ。

【bitwallet出金でかかる手数料】

●HotForex口座→bitwalletへの出金手数料は無料

●bitwallet→受け取り銀行口座への出金手数料は一律824円

海外送金での出金よりも手数料を3,000円~4,000円抑えられるのは大きい。
着金時間も即時だ。

HotForexを利用する際はbitwalletも合わせて開設しておくことをオススメする。

完全日本語対応で日本語サポート24時間対応

HotForexは公式HP・取引プラットフォームともに完全日本語対応されている。

また日本語の問い合わせサポートも平日24時間対応

問い合わせ方法は、

  • ライブチャット
  • Eメール

の2つ。

ライブチャットの方がレスポンスも早く、LINE感覚でやり取りできるためオススメだ。

HotForexで取引するデメリット・弱み3つ

円口座に対応していない

HotForexは円口座に対応していない。
口座通貨はUSD(米ドル)・EUR(ユーロ)・NGN(ナイラ)の3つだ。

ドル建てでもユーロ建てでも通貨の両替に慣れていれば大したことはないが、慣れるまで多少計算がわずらわしい。

 

また入出金のタイミング(円をドル・ユーロ・ナイラに両替するタイミング)で為替の影響を受ける

  • 入金時より出金時に円安ならオトク
  • 入金時より出金時に円高なら損

少額出金なら特に気にかける必要はないが、何百万~何千万クラスの出金をする方は覚えておこう。

マイクロ口座・プレミアム口座のスプレッドは”並”

ゼロスプレッド口座のスプレッドこそ海外FX最高峰の狭さだが、マイクロ口座・スタンダード口座のスプレッドは並レベル

スキャルピングトレーダーがスプレッド目当てで開設するレベルではない。

通貨ペアHotForexLANDFXTitanFX
USD/JPY1.7pips0.8pips1.33pips
EUR/JPY1.7pips1.50pips1.74pips
GBP/JPY3.0pips1.80pips2.45pips
AUD/JPY2.3pips1.60pips2.12pips
EUR/USD1.2pips0.8pips1.20pips
GBP/USD1.8pips1.2pips1.57pips
AUD/USD1.5pips0.9pips1.52pips

同じくSTP口座のLANDFXやTitanFXと比較すると、多少広めなのがわかる。

前提として取引コストを抑えたければECN口座を使うのが鉄板なため、わざわざHotForexのSTP口座を選ぶ必要はない。

どうしてもSTP口座でスキャルピングしたい場合はLANDFXやTitanFXを選択した方が良いだろう。

管理人
HotForexのSTP口座の魅力はボーナスだと思っているので、ボーナスを生かしてハイレバデイトレードをするのに向いている。

そもそもスキャルピングトレーダーのためにつくられた口座ではない。

顧客資産管理が分別管理

HotForexの顧客資産管理体制は信託保全ではなく分別管理

仮にHotForexが倒産してしまった場合に、顧客資産が絶対に返還される保証はない
そのまま持ち逃げされたり、債権の返済に充てられる可能性もある。

とはいえHotForexの信頼性の高さや公式HPで分別管理の旨をしっかり記載していることを考えると、過剰な心配をする必要はないだろう。

あくまでも”顧客資産が絶対に返ってくる”という保証がないというだけの話だ。

賠償責任保険に加入しているが金額が小さい

HotForexは一応最大500万ユーロの民事賠償保険制度に加入している。

しかし500万ユーロというと日本円で6.5億程度だ。
仮にユーザーが10万人いれば1人当たり6,500円にしかならない。

多数のトレーダーを抱えるFX業者の保険が6.5億円程度ではほぼ意味をなさない上に、とりたてて分別管理でも安全と述べれるほどの根拠にはならないだろう。

以上HotForexに関する強み・弱みだ。

XMを意識していると言われても納得の総合力の高さだ。

弱みを上げるとすれば円口座と分別管理なことくらいだが、それを補って余りあるほどのハイスペック。
今後どんどん日本人トレーダーの利用者も増えていくだろう。

デイトレーダー・スキャルピングトレーダーどちらでも満足できる業者なので、ぜひ一度利用してみてほしい業者だ。

HotForexの詳細情報まとめ

HotForexの会社情報
正式名称
HF Markets (SV) Ltd
所在地
Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O Box 1510, Beachmont Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンス
セントビンセント IBC No: 22747 IBC 2015 St. Vincent and the Grenadines
事業開始年
2010年
顧客資金の管理
ユーロ圏大手銀行にて分別管理
公式サイト日本語化
日本語
サポート体制
メール・ライブチャット
メール問い合わせ(日本語)
support@hotforex.com
電話番号(英語)
+442033185978 (日本サポートあり)
マイクロ口座の詳細
最大レバレッジ
1000倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円1.7pips
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
無料
ボーナス
あり
口座通貨
USD,EUR,NGN
商品
FX通貨ペア50種類、貴金属4種類、原油、天然ガス、インデックス銘柄25種類、株式53種類、商品CFD7種類、債券3種類
最低入金額
5ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率10%以下
プレミアム口座の詳細
最大レバレッジ
400倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円1.7pips
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
無料
ボーナス
あり
口座通貨
USD,EUR,NGN
商品
FX通貨ペア50種類、貴金属4種類、原油、天然ガス、インデックス銘柄25種類、株式53種類、商品CFD7種類、債券3種類
最低入金額
100ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率10%以下
ゼロスプレッド口座の詳細
最大レバレッジ
200倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円0.2
約定スピード
かなり速い
取引ツール
MT4,MT5
取引手数料
無料
ボーナス
あり
口座通貨
USD,EUR,NGN
商品
FX通貨ペア50種類
最低入金額
200ドル
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率10%以下
HotForexの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA, MasterCard,JCB),ビットコイン,bitwallet
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→即時
bitwallet→即時
ビットコイン→即時~15分
入金手数料
クレジットカード→無料
bitwallet→無料
ビットコイン→無料
出金手数料
クレジットカード→無料
bitwallet→一律824円
ビットコイン→無料
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
クレジットカード→2~10営業日
bitwallet→即時
ビットコイン→1~3営業日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です