iFOREXの評判は?元アイフォ戦士の俺がアイフォレックスを7項目でぶった斬る。

iFOREXとは?評判を鬼まとめ!

今回はiFOREX(アイフォレックス)という海外FX業者について、管理人が海外FX歴11年の経験を活かして徹底レビューしている。

「良いところは良い。悪いところは悪い。」と正直に述べているので、iFOREXの口座開設を検討している人にとってどこよりも心強いセカンドオピニオンになるだろう。

  • 海外FX初めてだけど、iFOREXから始めるのは正解なのか
  • どんな特徴があって、どんな取引が向いてるのか
  • 利用してみたいけど、出金拒否など安全性周りが気になって仕方ない
  • 実際にiFOREXを利用した経験がある人のリアルな声を聞きたい

特に上記にのようなギモンや不安、要望がある方は、このページで欲しい情報が得られるはずだ。

目次

管理人はアイフォ戦士としてiFOREXを重宝していた【現在はサブ運用】

管理人は2019年で海外FX歴11年になるが、最初の約5年間はiFOREXを利用していた。
(当時は今ほど日本進出している業者がなかったので、半ば”消去法的”にiFOREXで口座を開設している)

取引スタイルは少額入金&わかりやすいギャンブル一発狙いだ。

管理人の取引スタイル一例
  • 3万円入金
    (入金額は10万円以下の少額にとどめていた)
  • 1,000万円を目標に増やせるところまで増やす
    (3万円→10万円→50万円→80万円→口座残高0→再び3万円入金してリベンジ)
  • テクニカル分析は全くなし、ちょっとしたファンダメンタル相場分析のみ
    (この通貨上がりそうだなーとか、下がりそうだなー、くらいのザックリ予測)

プチ自慢になるが、管理人は上記の手法というのもおこがましいくらいの手法で3万円を2,000万円まで増やした経験がある。
(当時はブログを開設すると思ってなかったので、キャプチャなど残っておらず若干説得力に欠けるが…)

後から気づいたが、管理人のようなトレーダーは世間一般でアイフォ戦士と呼ばれるらしい。

アイフォ戦士とは?

昔の管理人のように、iFOREXでギャンブル性が高い取引を果敢に行うトレーダーはアイフォ戦士と呼ばれている。

取引スタイルは多種多様に渡り、他にも

  • 100万円を入金して、5万円ずつの証拠金に小分け。20回の取引で3,000万円を目指す
  • 200万円入金して一発勝負。残高1億円に到達するまで決済しない
  • 経済指標発表後の週末にフルレバでポジション放置。ゼロになるか数倍になるか勝負

など、とにかくアグレッシブなハイレバトレードに勤しむトレーダーは皆アイフォ戦士だ。

最近ではアイフォ戦士を自称する「まんぼう氏」が、二度目の億超えを達成し、界隈で注目を浴びている。

【まんぼう氏2度目の億超え達成】

まんぼう氏億超え過程のキャプチャ

この後に億超えを達成したわけだが、その過程についてツイッターで下記のように綴っている。

まんぼう氏がiFOREXで8000万円稼いだ時の軌跡

(引用元:ハイレバ戦士まんぼう社長のブログ

管理人

管理人は2,000万円作った時点でアイフォ戦士を卒業し、XMにメイン口座を乗り換えた。

今では大きく相場が動きそうな時ピンポイントで利用している。
(直近ではイギリスがEU離脱に関する国民投票を実施した際に、ポンド円のショートで逆張りエントリーした)

ちなみに管理人のトレーダー仲間の中でも「元々はガチガチのアイフォ戦士だった」という人も多く、iFOREXは国内FX卒業組の登竜門的な存在だといっていいだろう。

管理人の思い出話はこのくらいにして、以下ではiFOREXの特徴を存分にレビューしていく。

【2019年4月現在】iFOREXの特徴と管理人の評価一覧

まずはiFOREXの特徴と管理人の評価にザッと目を通してほしい。

項目特徴コメント評価
ボーナス・100%入金ボーナス
・その他キャッシュバックや利息キャンペーン実施
★★★★☆
レバレッジ・ロスカット・最大レバレッジ400倍で追証なし
・証拠金維持率0%でロスカット
★★★★★
スプレッド・スプレッドは狭い(ドル円で平均0.9pips)
・ただしスキャルピングは不可
★★★★☆
取引プラットフォーム・MT4に非対応
・独自プラットフォームが使いやすい
★★★☆☆
信頼性・安全性・1996年創業の老舗
・出金拒否の報告なし
★★★★★
入金・出金・bitwallet対応★★★★★
約定注文処理・おそらくDD方式
・サーバー強度は普通
★★☆☆☆

これらの中で管理人がアイフォ戦士時代でゾッコンしていた特徴は「ハイレバ400倍×ボーナス×ロスカット水準0%&追証なし」。

少額入金でハイレバエントリー、口座残高が尽きるか目標額に達するか、という非常にわかりやすいギャンブルトレードを可能にしている。
(上でも触れたが、当初管理人は目標額を100万円に設定して「3万円入金→残高ゼロ→入金残高ゼロ→…」を果敢に繰り返していた。)

また初回入金には入金ボーナスが付与されるので、自己資金以上の証拠金をたずさえて勝負できるのも魅力だ。

少しの軍資金で一攫千金を夢見るトレーダーにとって、iFOREXはうってつけの海外FX業者だといえる。

 

ちなみにiFOREXは、

  • 電話番号
  • メールアドレス(ID)
  • パスワード

を設定するだけで、書類提出ナシで口座開設できる。
クレジットカードを持っていれば、そのまま入金して即日取引もOKだ。

以下に続く詳細情報や管理人のレビュを読み進めながら、それぞれ思い思いのタイミングで口座開設してみてほしい。

iFOREXのボーナス・キャンペーンに対する管理人の評価

iFOREXのボーナスは数ある海外FX業者の中でも豪華な部類に入る。
(「海外FX業者をボーナスキャンペーンで格付け【証拠金倍増計画】」でも”ランクA”に格付けさせてもらった。)

現在開催しているボーナスキャンペーンは以下の3種類だ。

  • 100%入金ボーナス
  • 40%ペンディングボーナス(キャッシュバック)
  • 年利3%の利息キャンペーン

1つ1つ掘り下げて紹介していく。

100%入金ボーナスは豪華だが、対象は初回入金のみ

iFOREXは入金額に対して、最大20,000ドル(約220万円相当)のボーナスが受け取れる。

  • 10万円までの部分に対して
    →100%入金ボーナス
  • 10万円を超える入金分に対して
    →40%入金ボーナス

で、MAX48,500ドル(約535万円相当)入金した際に、2万ドルのボーナスが受け取れる仕様だ。

入金額毎のボーナスの付与例については下記の表を参考にしてほしい。

【iFOREXのボーナス適応例】

累計入金額ボーナス額ボーナス+入金額
50,000円75,000円125,000円
100,000円137,500円237,500円
300,000円217,500円517,500円
1,000,000円497,500円1,497,500円

ボーナス自体は出金できないが、ボーナスを証拠金にした取引で生じた利益は条件なしで出金することができる。

ボーナスが適応されるのは初回入金のみなので、資金に余裕があるなら最初にまとめて入金しておくのがいいだろう。
(後述しているが、日本の銀行に定期で預けておくよりも150倍マシだ。)

40%ペンディングボーナスはキャッシュバックみたいなもの

iFOREXで取引を始めれば、最大で入金額の40%分のキャッシュバックをもらえる権利が発生する。

0.5lot(5万通貨)取引する毎に応じて、随時1ドル分だけキャッシュバック権利が開放されて現金に換金されるイメージだ。

【ペンディングボーナスの付与例】

10万円入金した場合、入金額の40%(4万円分)のキャッシュバックを受け取れる権利が発生する。

取引量に応じて、翌週にキャッシュバックが口座に自動付与。
☆たとえば1.2lot(12万通貨)取引した翌週には2ドルのキャッシュバックが付与。

累計で200lot(2,000万通貨)取引するまで、上記の流れがループする。
キャッシュバック権利の有効期限は3ヶ月

キャッシュバックは入金したお金と同じ現金扱いなので、トレーダー都合で好きに出金することができる。

管理人

有効期限が3ヶ月だからといって、いたずらに取引量を増やすのはやめよう。
無理な相場でエントリーして、損失を出してしまっては元も子もない。

あくまで「もらえたらラッキー」くらいの感じで、二の次に考えておくようにしよう。

年利3%の利息キャンペーンは日本の定期預金より利回りがいい

iFOREXは10万円以上1,500万円以下の初回入金者を対象に、年利3%の利息キャンペーンを実施中。

残高(入金額+利益)が10万円の場合、毎月5日に前月分の利息が付与される仕組みだ。

【毎月付与される利息の計算式】

残高(入金額±評価損益(含み益/含み損))×3%×日数※

※30日までの月→30、31日までの月→31といった具合

例えば残高が200万円の場合「200万円×3%÷365×30」で、30日までの月でもらえる利息は9,930円になる。

金額としてはそこまで大きくないが、日本の預金金利(年0.02%)と比べると利回りは150倍だ。

管理人
  • ボーナス倍率が100%になる上限額
  • 利息キャンペーンが適応される下限額

ということで、ボーナスキャンペーンの観点からiFOREXでの初回入金は少なくとも10万円以上がおすすめだ。
(ちなみに初回最低入金額は1万円になっている)

iFOREXのレバレッジ・ロスカット水準に対する管理人の評価

この項目に対する管理人の評価はかなり高い

  • 最大レバレッジ400倍
  • ロスカット水準0%
  • 追証なし(ゼロカットシステム採用)

ということで、資金効率が高く強制ロスカットのリスクも極限までおさえられている。

最大レバレッジ400倍は初心者には申し分ないほどのハイレバ

iFOREXの最大レバレッジは400倍。
今まで国内FXしか利用してない人にとっては、十分すぎるほどのハイレバレッジだ。

今まで少なくとも4万円入金しないと保持できなかった1万通貨のポジションが、わずか2,500円の証拠金を差し出すだけでエントリーできる。

管理人

上述した100%入金ボーナスとの合わせ技で、自己資金の最大800倍の通貨を取引することができる。

10万円入金すれば、8,000万円分の取引。
国内業者とは比べ物にならない資金効率だ。

口座残高=含み損になるまで強制ロスカットされることはない

iFOREXでは証拠金維持率が0%に到達して初めてロスカットによる強制決済が執行される。
つまり「口座残高=含み損」になるギリギリまで、ポジション保持できるのだ。

海外FX業者のロスカット水準は低いところで20%~30%が相場。
「他の海外FX業者ではロスカットされるはずだけど、iFOREXならセーフ」という局面は往々にして訪れる。

具体例】

5万円入金、20万通貨のロングでエントリーした場合
(わかりやすいようにドル円100円時でのフルレバエントリーを想定している)

■最大レバレッジ400倍、ロスカット水準20%の場合

含み損が必要証拠金の80%(4万円)になったらロスカット

20pipsの逆行でロスカットされる(99.80円に下落した時)

■iFOREX(最大レバレッジ400倍、ロスカット水準0%の場合)

含み損が必要証拠金の1000%(5万円)になったらロスカット

25pipsの逆行でロスカットされる(99.75円に下落した時)

 

⇨つまり99,80円~99.75円まで、iFOREXの方が余裕を持ってポジション保持できる

FX取引では、どれだけ相場が逆行しても決済しなければ損失がでることはない。
裏を返せばiFOREXはFX海外口座の中で「一番負けにくい口座」だといえる。

追証なしのゼロカットシステムを採用している

iFOREXは仮に「口座残高<含み損」になったとしても、追証を請求してこない。

口座残高にマイナスが生じた場合、マイナス100万円でもマイナス1,000万円でもiFOREXが負担してくれる。

絶対に入金額以上の損失が出ることはない」という安心感があるからこそ、リスクを限定しつつアクティブに取引できる。

iFOREXのスプレッドに対する管理人の評価

結論からいうと、iFOREXのスプレッドはかなり狭い部類に入る。

以下がiFOREXの主要通貨ペアの平均スプレッド一覧だ。
参考までに海外FX随一の低スプレッド業者として人気を博しているLAND-FXのスプレッドも記載してみた。

通貨ペアiFOREXのロゴ
LANDFXのロゴ
ドル円0.90pips
(平均値)
0.80pips
(平均値)
ユーロ円1.70pips
(平均値)
1.50pips
(平均値)
ポンド円2.50pips
(平均値)
1.80pips
(平均値)
オージードル円3.50pips
(平均値)
1.60pips
(平均値)
ユーロドル0.80pips
(平均値)
0.80pips
(平均値)
ポンドドル1.50pips
(平均値)
1.20pips
(平均値)
オージードル米ドル1.0pips
(平均値)
0.90pips
(平均値)

表をみればわかるように、ドル円やユーロドルの平均スプレッドはLAND-FXに肉薄しているのがわかる。

iFOREXで取引したからといって「他の海外FX業者よりもスプレッドでめちゃくちゃ損した…」という事態は起こらない。

リアルタイムスプレッドもほぼ平均値で推移している

以下がiFOREXのリアルタイムスプレッドを10秒間録画したもの(日本時間で平日の21時頃)。

iFOREXのリアルタイムスプレッド

実際のスプレッドも上述した平均値くらいを推移していることがわかる。

管理人

iFOREXが変動スプレッド&低スプレッドになったのは2018年の暮れくらいからだ。

それまでは固定スプレッド制を採用しており、スプレッドはドル円で1.8pipsだった。

「iFOREXってスプレッド広いんじゃないの??」と思ってた人も、上述したスプレッドが最新情報なので安心してほしい。

ただしスキャルピング取引はできないので注意

「低スプレッド」と聞いて真っ先に思い浮かぶ取引手法がスキャルピング(短期売買)だが、iFOREXでは禁止されているので注意しよう。

仮に誤って短期間でエントリー&決済を繰り返すと、BANをくらったりスプレッドを広げられる可能性がある。
具体的にNGなのは1日10ポジション以上の取引だ。

もしスキャルピング取引を考えているなら、TitanFXやAxioryのようにスキャルピングOKの低スプレッドの業者と使い分けるようにしよう。

iFOREXの取引プラットフォームに対する管理人の評価

iFOREXで利用できるのはFXnet Traderという自社開発の独自プラットフォーム
他の海外FX業者が軒並み対応しているMT4プラットフォームを利用できない

  • MT4対応のEAをぶん回したい
  • お気に入りのMT4カスタムインジケーターを利用したい

このような願いが叶わないのはデメリットだといえる。

かし裁量取引・システムを利用しない取引に関しては、FXnet Traderでも不自由なく利用できるので問題ない。
※EAなどのシステムを利用せずに、手動で注文を入れる取引のこと

FXnet Traderには裁量取引に必要な要素が備わっている

FXnet Traderには、MT4同様に

  • チャート上から注文できる
  • ワンクリック注文できる
  • ボリンジャーバンドやMACDなどのテクニカルチャートを利用できる

など、裁量取引に必要な機能は全て備わっている。

またMT4よりも優れているのは指値注文や逆指値注文の仕様。

「5万円利益が出たら指値決済」
「口座残高が50%減ったら逆指値の損切り」

のようにより直感的に注文を入れることができる。

クイックスタートガイドも用意されているので、使い方で戸惑うことはないだろう。

ブラウザ版は会員ページと連動 スマホアプリも使い勝手◎

FXnet Traderは会員ログイン後のマイページと連動しており、マイページでそのまま注文を出すことができる。

またスマホアプリもかなり優秀で、初心者でもカンタンに利用できる設計。
もちろんiPhoneだけじゃなく、AndroidからでもインストールOKだ。

iFOREXの信頼性・安全性に対する管理人の評価

iFOREXの信頼性や安全性については、特に危惧すべき点はない

1996年から日本人相手にサービスを展開しており、運営歴は今年で24年目(2019年4月現在)。
管理人の知る限り、海外FX業界で一番の古株だ。

何か問題を起こせばスグにネットやSNSで拡散されて袋叩きにあうこのご時世において、運営歴の長さはそのまま業者の信頼性に直結する。
(もしiFOREXが悪徳業者だったとしたら、利用者離れを起こして業者は倒産に追い込まれていただろう)

出金拒否の心配ナシ|実際に高額出金の報告が多い

もちろん今まで悪質な出金拒否を犯した事例もない

管理人も2,000万円を問題なく出金できたし、100万円単位の出金にも素直に応じてくれた。

また上述した「まんぼう氏」はじめ、ネットでは多くのトレーダーが高額出金を報告している。

▼iFOREXの高額出金報告の例▼
iFOREXの高額出金報告

(画像引用元:引用元:【USD/JPY】新ドル円スレ9916【雑談・コテ禁・ワッチョイ】

「稼ぎすぎたら、支払い不能で出金されるかも…」という心配は不要だ。

日本語サポートは「さすが老舗ブローカー」の一言

日本上陸から長いだけあって、iFOREXの日本語対応はピカイチ。

公式HPやマイページは全ページ日本語対応なので、口座開設や書類提出、出入金手続きまで英語力が必要になってくる場面はない
他の海外FX業者では英語で放置されている、利用規約や取引条件でも律儀に日本語バージョンを用意している。

またサポートデスクには10名以上の日本人スタッフが待機。
困ったことがあればメールや電話、ライブチャットやFAXにて、日本語で問い合わせることができる。

海外FX初めてで英語でのコミュニケーションに不安がある人でも安心だ。

iFOREXの出入金に対する管理人の評価

日本人が初めて利用する場合でも、iFOREXの出入金でストレスを感じることはない。

  • クレジットカード
  • bitwallet
  • 銀行送金

出入金経路として特におすすめなのが、bitwalletというオンライン決済サービスだ。

入出金ともにbitwalletを利用すればかなり便利

bitwalletは昔のNetellerのようなイメージで、トレーダーの国内メインバンクとFX海外口座のパイプ役になってくれる。

【bitwalletを介した資金移動のイメージ】

国内メインバンク→(送金)→bitwallet→(送金)→iFOREX→(送金)→bitwallet→(送金)→国内メインバンク

bitwalletへの入金やbitwalletへの送金は、申請後スグに反映されて手数料は一切かからない

またbitwalletから国内メインバンクに送金する際の手数料は一律824円
後述する海外送金よりも大幅にコストダウンして出金できる。

  • 口座開設無料
  • 口座維持手数料無料
  • 完全日本語対応

なので、iFOREXを利用するならセットで用意しておくと便利なツールだ。

bitwalletについては下記ページで詳しく解説している。
bitwalletとは。特徴や使い方を調べてみたら海外FXで超絶使えるサービスだった

即日取引を始めるならクレジットカード入金

「まだbitwalletアカウントを持ってないけど、スグに取引を始めたい」という人向けに、iFOREXはクレジットカード入金に対応。

  • VISA
  • MasterCard
  • Diners

この3つのブランドのカードからなら手数料無料で即座にiFOREX口座に入金できる。

管理人

クレジットカードから入金した後で初めて出金する場合は「カード入金分までカードへ出金(返金)」になるので、覚えておこう。

入金手数料は無料 出金手数料はケースバイケースなので注意

全ての入金方法でiFOREXは手数料を徴収していない。

ただ出金の場合は要注意。
10万円を下回る出金の場合、全ての出金方法で2,000円ほどiFOREXに徴収されてしまう。

10万円以上の出金なら月3回まで手数料無料なので、手数料がイヤならまとめて出金するようにしよう。

海外送金の場合、別途で最低2,500円の手数料がかかる

上述した”手数料”はあくまで業者が徴収する手数料。
全ての海外送金に当てはまることだが、業者徴収分とは別に最低でも2,500円の手数料が銀行側で徴収される。

出金の度に毎回2,000円も3,000円もとられるのはアホらしいので、上述したbitwalletを開設しておいて損はない。

iFOREXの約定・注文処理に対する管理人の評価

約定や注文処理に関して、正直iFOREXはダメな部類に入る。

  • 注文処理が不透明なDD方式(NDD方式ではない)
  • サーバー強度が万全ではない(年に2回くらい落ちる)

この2点がどうしてもネックだという人は、無理にiFOREXを利用しなくてもいいだろう。

注文処理はおそらくNDD方式ではない

iFOREXは国内FX業者と同じDD方式を採用している可能性が高い

公式HPに「NDD方式を採用していること」を名言していないのが有力な根拠。
NDD方式採用はトレーダーにとって魅力的なので、採用していれば伏せる理由はない。

DD方式をおさらい
DD(ディーリングデスク)方式の図

FX業者内のディーラーがトレーダーの注文を一旦決済する形で注文を処理する仕組みのこと。
(相対取引、OTC取引とも呼ばれる)

決済の後ディーラーの裁量で『この注文は通す』『この注文は通さない』を判断している。
トレーダーが負けそうな注文は通さないので、トレーダーと業者の利益が相反してしまうのだ。
(例えばトレーダーがドル円ショートの注文を出したとすると、iFOREXがドル円ロングのポジションを保持することになる)

ただDD方式が必ずしも悪かといったら、そうではない
「トレーダーが勝てば業者が負けて、トレーダーが負ければ業者が勝つ」ただそれだけの話だ。

問題になるのは業者がレート操作や不利約定で、勝ちそうなトレーダーをわざと負けさせる場合だけ。

iFOREXは現在進行形でレート操作やストップ狩りで炎上したことはないので、仮にDD業者だとしても真っ当な部類だ。

管理人

あくまでiFOREXが「レート操作を疑われても仕方ない」という環境に身を置いているだけ。
「一切の疑念なく海外FX取引に勤しみたい」という疑り深いトレーダー以外は、現状そこまで気にしなくてもいいだろう。

もしiFOREXが頻繁にレートを操っていたとしたら、上述した高額出金の報告は出てこないはずだ。

【※参考】NDD方式とは
NDD方式は透明性が高い注文処理方式

DD方式とは異なり、トレーダーの注文はディーラーを介さずにインターバンクに流れる。

トレーダーの勝ち負けは業者に関係ないので、トレーダーと業者が利益相反することはない。
業者側がレート操作する動機は皆無だ。

非常に透明性が高い注文処理方法だと言える。

サーバー強度は最強ではない 可もなく不可もなく

平常の取引は問題ないが、経済指標発表時などアクセスが集中するタイミングでは年に2回~3回くらいサーバーが固まる時がある。

これに関してはひいき目に見てもフォローのしようがないので、iFOREXが今後改善していかないといけないポイントだ。

以上iFOREXについて8項目に分解して、特徴を紹介しつつ管理人の意見を述べてきた。

まとめると、ネックになる可能性があるのは「MT4非対応」と「サーバー強度」だけ。

  • 最大レバレッジ400倍
  • ロスカット水準0%で追証なし
  • 100%入金ボーナスあり

と、ハイレバ一発狙いのギャンブルトレードを望む人にとって唯一無二の取引環境を提供していることには変わりない。

全ての物事に当てはまるが「どこにも穴がない完全無欠のモノ」など皆無だ。

「iFOREXを利用できるなら、このくらいのデメリットは受け入れるか…」と、腹をくくれた方は口座を開設してアイフォ戦士の仲間入りを果たしてほしい。

iFOREXの詳細情報まとめ

iFOREXの会社情報
正式名称
 iFOREX
所在国
アテネ
所在地
15 Nikis st., Syntagma Square,10557 Athens, Greece
金融ライセンス

CySEC/BVI/Hungary

事業開始年
1996年
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
日本語サポートあり。メール・電話・チャット
日本語でのメール問い合わせ
cs-jp@iforex.com
電話番号
+30-210-374-2583(日本サポートは平日14時~20時)
iFOREXの口座詳細
最大レバレッジ
400倍
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
〇 ドル円2.0pips,ユーロドル2.0pips,ユーロ円2.0pips
約定スピード
〇 並
取引ツール
Fxnet(iFOREX独自のツール)
webブラウザ
スマホアプリ
取引手数料
取引手数料なし
ボーナス
初回入金100%ボーナス+40%入金ボーナス
40%キャッシュバック(ペンディングボーナス)
年利3%のキャッシュバック
口座通貨
JPY・USD・EUR・GBP・CHF
商品
FX:90種類, 貴金属:6種類,農業:7種類,エネルギー:5種類,インデックス:日経225をはじめとする24種類,株式:150種類
最低入金額
10,000円($100)
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率0.25%以下
ロスカット水準
証拠金維持率0%
1ポジションの最大保有数
1取引につき最大5,000,000通貨単位
(取引商品ごとに異なります)
最大保有数
制限なし
iFOREXの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA,MASTER,Diners),海外銀行送金,bitwallet
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→即時
海外銀行送金→着金後、即時~30分(着金まで3~5営業日)
bitwallet→即時
入金手数料
無料
出金手数料
クレジットカード→無料
海外銀行送金→10万円以上の出金の場合、月3回まで無料(10万円以下、または4回目以上の出金の場合1回2000円)
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
1営業日~3営業日(※5営業日ほどかかる場合もあり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です