Milton Marketsの評判!全13項目からミルトンマーケッツの利用価値を探る

MiltonMarketsは2016年より運営を開始した海外FXブローカー。

まだまだ大手海外FXブローカーほどの知名度はないものの、業界屈指の低スプレッド・最大800倍のハイレバレッジ・強固な約定力を武器に、じわじわと人気を上げてきている。

本記事ではそんなMiltonMarketsについて、強み・弱みという切り口から利用価値を探ってみた。

MiltonMarketsに対する管理人の評価

ミルトンマーケッツはスキャルピングトレーダーにおすすめ

結論から言うと、MiltonMarketsは利用価値のある業者の1つだ。

  • ドル円0.9pips・ユーロ円0.9pips・ユーロドル0.9pipsを筆頭とした低スプレッド
  • 最大レバレッジ800倍×追証なし
  • 安定した高速約定

と腕っぷしに自信のあるスキャルピングトレーダーにはオススメできる環境が整えられている。

ロスカット水準100%なのがスペック的にはマイナスの部分だが、実質レバ400倍~500倍でハイレバスキャルピングする分には問題ない

ドル円・ユーロ円・ユーロドルあたりの通貨ペアをメインに取引していくなら十分選択肢の1つとしてオススメできる。

(※)初心者にはとっつきにくい部分もある

上述したロスカット水準100%や、最低入金額が3万円からとかいがいFX初心者にはとっつきにくい一面もある。

「証拠金維持率のコントロールがあまり得意ではない」
「いきなり3万円の入金は気が引ける」

という方は上位互換のスペックを持つTitanFXがオススメだ。

MiltonMarketsの強み・取引するメリット9つ

プレミアム口座のスプレッドが狭い

ミルトンマーケッツは海外FXトップクラスの低スプレッドを誇る

MiltonMarketsには、プレミアム口座とスタンダード口座の2つのタイプが用意されている。

このうちオススメがプレミアム口座

海外FXトップクラスの狭いスプレッドを誇り、スキャルピングトレーダーにうってつけだ。
プレミアム口座とスタンダード口座の違いはスプレッドのみなので、あえてスタンダード口座を選ぶ必要はない。

通貨ペアプレミアム口座スタンダード口座
取引手数料往復0.8pips1.7pips
USD/JPY0.9pips
(0.1pips)
1.7pips
EUR/JPY0.9pips
(0.1pips)
1.6pips
GBP/JPY1.8pips
(1.0pips)
2.3pips
AUD/JPY1.2pips
(0.4pips)
1.8pips
EUR/USD0.9pips
(0.1pips)
1.7pips
GBP/USD1.9pips
(1.1pips)
2.4pips
AUD/USD1.2pips
(0.4pips)
1.9pips

(※)どちらもSTP方式だが、プレミアム口座は生のスプレッドに乗せるマークアップ(手数料)を開示している。
そのためプレミアム口座の値については、生のスプレッド+手数料の合計値を記載した。手数料を乗せる前のスプレッドはカッコ内に記載している。

取引量の多いドル円・ユーロ円・ユーロドルが0.9pipsという国内業者並の低スプレッドで取引できるのはかなり魅力的だ。

最大レバレッジ800倍×追証なし

ミルトンマーケッツの最大レバレッジは800倍

MiltonMarketsの最大レバレッジは800倍

平均400倍のレバレッジがかけれる海外FXの中でも極めて高いレバレッジだ。

国内FXの最大レバレッジ25倍と比べて、32分の1の証拠金で同じだけのポジションを持てる
少額入金のトレーダーでも資金効率よくトレードできるのは嬉しい。

 

またMiltonMarketsは追証なしのゼロカットシステムを採用している。

口座残高がマイナスになることがあっても、マイナス分を肩代わりして残高をゼロに戻してくれるのだ。
なのでMiltonMarketsの取引で借金を背負うことはない。

リスクが限定された環境でアクティブにハイレバトレードに集中できる。

約定レイテンシ0.03秒の超高速約定

ミルトンマーケッツの約定レーテンシーは0.03秒

MiltonMarketsの約定力はかなり高い。

公式でも約定レイテンシ0.03秒を公言している通り、実際に使ってみるとクリックした瞬間に約定した。

取引量の多くなるニュースタイムでも、特別大きなスリッページはなかった。
(もちろんどこの業者でもスベりやすい時間なので、ポジティブなものにしろ、ネガティブなものにしろ多少スベることはあったが。)

約定力の高さを重視するトレーダーでも、ストレスを感じることなくサクサクと取引できるだろう。

(※)MiltonMarketsの高約定を支えるEQUINIX

MiltonMarketsの約定力の高さを支えているのはEQUINIX(エクイニクス)のサーバーだ。

EQUINIXは世界最大のデータセンターで、Google・Amazonなど世界的大企業と提携して高速通信インフラを構築している。
その信頼性は高く、世界中の大手金融機関がこぞってエクイニクスにサーバーを置いているほどだ。

実際に海外FX業者で約定力が高い、LANDFX・TitanFX・Axioryなど名だたる大手業者がエクイニクスのサーバーを利用している。

無料VPSが使える

ミルトンマーケッツでは無料でVPSサーバーが使える

MiltonMarketsでは条件を満たせば無料VPSを利用できる。

VPSを使えば更に約定力を高められる上に、PCの消耗や電気代を抑えられる
特に24時間EAを回し続けるトレーダーにとっては必需品と言っても過言ではない。

MiltonMarketsの無料VPSの利用条件は以下の通り。

  • 申請時の口座残高が5万円($500)以上
  • 一カ月間に合計2ロット(20万通貨)以上の取引を完了させる

同じく無料VPSを提供しているXMが口座残高60万以上、1ヶ月に5lot以上の取引なことを考えると、MiltonMarketsの条件のゆるさがわかる。

また仮に条件を満たせない場合でも、月に2,000円支払えば利用OK。

その場合は登録口座から自動で引き落とされるので、支払い等の面倒な手続きを踏む必要はない。

期間限定ボーナスキャンペーンを開催することがある

ミルトンマーケッツは定期的にボーナスキャンペーンを開催

MiltonMarketsでは恒常的なボーナスキャンペーンは開催されていない。

しかし不定期で期間限定ボーナスを開催してくれる。
過去にはお年玉ボーナスや15%入金ボーナス等開催していた。

新規顧客・既存顧客、両方に適用されるボーナスが多いので、必ずMiltonMarketsのボーナス情報は追うようにしておきたい。

MiltonMarketsの最新ボーナス情報は公式HPで確認できる。
→MiltonMarketsのボーナス情報はこちら

(※)15%ボーナスキャンペーンを開催中

現在MiltonMarketsでは15%入金ボーナスを開催している。
シンプルに入金額の15%がボーナスとして受け取れるキャンペーンだ。

受け取り方はカンタンで、入金時にプロモーションコードを入力するだけ。
(プロモーションコード:NEWERA19)

入金が確認でき次第、口座に入金額の15%分のボーナスが振り込まれる。

ただし対象となる入金額は10万円~1,000万円
10万円以下の入金はボーナス対象外となるので注意しよう。

キャッシュバック口座でオトクに取引できる

ミルトンマーケッツでは取引毎にキャッシュバックを受け取れる

現在MiltonMarketsではキャッシュバック口座を開設できる。

キャッシュバック口座を利用することで、取引した分だけキャッシュバックが受け取れるので実質的な取引コストを下げてオトクに取引できる

受け取ったキャッシュバックはそのまま現金化するのも良し、ボーナスとして取引利用しても良しだ。

【キャッシュバック口座の利用条件】

  • 新規でキャッシュバック口座を開設
  • 入金口座(スタンダード口座・プレミアム口座)を選択する際にプロモーションコード”CASHBACK”を入力
  • 30,000円以上の入金をする

厳密にはキャッシュバック口座という口座タイプが存在するわけではなく、マイページから入金する口座タイプを選ぶ際に”CASHBACK”と入力して3万円いじょう入金すれば良いだけだ。

【キャッシュバックの換金率】

  • プレミアム口座→1lotにつき0.1pipsのキャッシュバック
  • スタンダード口座→1lotにつき0.3pipsのキャッシュバック

(※)USD/HKDの通貨ペアとCFD取引はキャッシュバック対象外

特に取引量の多くなりがちなスキャルピングトレーダーは積極的にキャッシュバックを狙おう。

親会社が破綻してもなお真摯な運営を続ける姿勢

ミルトンマーケッツは親会社の経営破綻を乗り越えた

実はMiltonMarketsはGCM(ギャラント・キャピタル・マーケッツ社)が日本人向けに設立したブローカー。

しかし2017年に親会社たるGCMが破綻してしまっている。
(参考①:Forex broker bankrupt: GCMFX parent files, and GCM Prime connection)
(参考②:GCMFX posts bankruptcy reasons, which tell just half the story)

MiltonmarketsがGCMの破綻に際して発表した声明

本来ならばここで倒産してもおかしくなかったが、Miltonmarketsは迅速な声明を発表し、運営を自ら行うことでこの危機を乗り切った
運営母体を自社に切り替え、顧客資産の安全性をすぐさま周知する対応は見事だ。

こうした憂き目にあいながらも、顧客に対して真摯な対応を見せたMiltonMarketsには一定の信頼を置いても良いだろう。

ニュージーランドライセンス(FSPR)も取得している

MiltonMarketsはニュージーランドライセンスを取得している。

イギリスのFCAやキプロスのCySECと比較すると格式高いライセンスではないが、ライセンスを取得している事実だけでも一定の信頼は置ける。

FX通貨ペア45種に加えてCFD銘柄まで取りそろえる銘柄の豊富さ

ミルトンマーケッツは通貨ペア、CFDの取り扱い数が多い

MiltonMarketsで取引できるFX通貨ペア数は45種類

USD/JPY・EUR/USDなどのメジャー通貨ペアはもちろん、マイナー通貨ペアまで取り揃えられている。

また通貨ペア以外にもCFD銘柄も取引可能だ。
日経225などの株式インデックスやメタル・エネルギーなどが取り揃えられている。

国内業者のように新しくCFD用に口座を開設する必要がない。

もちろんCFD銘柄も追証なし
ボラの激しいCFD銘柄でもリスクが限定されているのは嬉しい。

MiltonMarketsで取引できる通貨ペア(45種類)

AUD/CAD AUD/CHF AUD/JPY AUD/NZD AUD/SGD AUD/USD

CAD/CHF CAD/JPY

CHF/JPY

EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF EUR/DKK EUR/GBP EUR/HUF EUR/JPY
EUR/NOK EUR/NZD EUR/SEK EUR/TRY EUR/USD

GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF GBP/JPY GBP/NZD GBP/USD

NZD/CHF NZD/JPY NZD/SGD NZD/USD

USD/CAD USD/CHF USD/CZK USD/DKK USD/HKD USD/JPY USD/MXN
USD/NOK USD/RUB USD/SEK USD/SGD USD/TRY USD/ZAR

MiltonMarketsで取引できる株式インデックス(11種類)

US30 SPX500 NAS100 UK100 GER30 FRA40 ITA40

ESP35 HKG33 JPN225 AUS200

MiltonMarketsで取引できるメタル・エネルギー(6種類)

USOIL UKOIL NGAS XAUUSD XAGUSD COPPER

24時間体制の万全の日本語サポート

MiltonMarketsの日本語サポート体制はかなり手厚い。

公式HP・MT4は完全日本語対応
また問い合わせ方法はメールしかないものの、24時間体制なのでいつでも疑問があれば解消できる。

MiltonMarketsの弱み・デメリット4つ

ロスカット水準が100%

ミルトンマーケッツのロスカット水準は証拠金維持率100%以下

MiltonMarketsのロスカット水準は100%に設定されている。

そもそもフルレバでの取引ができない上に、無理なハイレバレッジをかけるとわずかな逆行でロスカットラインを割ってしまいかねない。
証拠金維持率をかなりシビアに気にしながら運用しなければならないのは初心者にはきついだろう。

証拠金維持率を高めにキープするなら、多額の証拠金を入金するか、口座残高に対して小さなポジションで取引しなければならない。

せっかくの最大レバレッジ800倍が生かしづらくなっているので、正直20~30%程度に調整してほしいところだ。

最低入金額30,000円と高額

ミルトンマーケッツの初回最低入金額は3万円

MiltonMarktsの最低入金額はプレミアム口座・スタンダード口座ともに30,000円から。

数千円~1万円レベルの少額入金を考えている人には少々高めの設定になっている。

もし少額入金で始めたいなら、最低入金額1万円以下の業者を使おう。

入出金方法にクレジットカード・国内銀行送金がない

ミルトンマーケッツは出入金方法のバリエーションが少ない

MiltonMarketsの入出金方法は2パターンのみ。

bitwalletと海外銀行送金しか対応していない。

クレジットカードや国内銀行送金による入出金ができないため、bitwalletを持っていないと海外銀行送金で入手金する必要がある。
海外銀行送金は1回の送金につき約4,000円ほどの手数料がかかるため、正直まったくオススメできない。

入出金方法が少ないせいで利用のハードルが上がってしまっているのは残念だ。

MiltonMarketsを利用するならbitwalletの開設がマスト

MiotonMarketsを利用するなら上述した通りbitwalletを開設しよう。

bitwalletはオンラインウォレットのこと。
これを通じて入出金することで、クレジットカード(VISA・MasterCard・アメックス・ダイナース・Discover)や国内銀行送金(みずほ銀行)で入金できるようになる。

ミルトンマーケッツはbitwallet経由の出入金が便利

【bitwalletを通じた入金の流れ】

クレジットカードor国内銀行送金→bitwallet→MiltonMarkets

まずはクレジットカード・国内銀行送金でbitwalletへ入金。
その後bitwalletからMiltonMarketsに入金する。

bitwalletからMiltonMarketsへの入金手数料は無料かつ反映も即時だ。

【bitwalletを通じた出金の流れ】

MiltonMakets→bitwallet→受け取り銀行

MiltonMarketsからbitwalletへ出金。
手数料無料・反映までは2~3日かかる。

その後bitwalletから受け取り銀行への出金で一律824円の手数料が発生する。

なにより強烈なメリットが、出金時の手数料を824円まで抑えられることだ。

今まで海外送金による出金でかかっていた手数料4,000円ほどを、約3000円も安くできる。

入金手段も増えるため、ぜひMiltonMarketsの開設と合わせてbitwalletも開設しよう。

以上がMiltonMarketsに関する管理人の評価だ。

XMやLANDFXのような派手なボーナスはないものの、取引環境の整備に力を入れ”質実剛健”ともいうべきシンプルにスペックの高い業者となっている。

ある程度高額な証拠金を入金できて、400~500倍のハイレバスキャルピングをガンガンしていきたい人は口座開設の候補に加えてみて良いだろう。

MiltonMarketsの詳細情報まとめ

MiltonMarketsの会社情報
正式名称
Milton Markets UK Ltd.
所在国
Saint Vincent and the Grenadines
所在地
Suite 305,Griffith Corporate Centre,P.O. Box 1510 Beachmont,Kingstown,St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンス
FSPR/NewZealand(No.FSP341966)
事業開始年
2016年
顧客資金の管理
分別管理
公式サイト日本語化
日本語対応
サポート体制
メール
メール問い合わせ(日本語)
HPのお問合せより
プレミアム口座の詳細
最大レバレッジ
800倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
◎ ドル円平均0.1pips・ユーロ円平均0.1pips・ユーロドル平均0.1pips
取引ツール
MT4
取引手数料
往復0.8pips
ボーナス
期間限定開催
口座通貨
USD / JPY / EUR
商品
FX通貨ペア:45種類、インデックス:11種類、メタル・エネルギー:6種類
最低入金額
30,000円(300$)
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率100%
スタンダード口座の詳細
最大レバレッジ
800倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
△ ドル円平均1.7pips・ユーロ円平均1.6pips・ユーロドル平均1.7pips
取引ツール
MT4
取引手数料
無料
ボーナス
期間限定開催
口座通貨
USD / JPY / EUR
商品
FX通貨ペア:45種類、インデックス:11種類、メタル・エネルギー:6種類
最低入金額
30,000円(300$)
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率100%
ACEFOREXの入出金情報
入金方法
bitwallet,海外銀行送金
入金から口座反映までのスピード
bitwallet→即時
海外銀行送金→3~5営業日
入金手数料
bitwallet→無料
海外銀行送金→4,000円(リフティングチャージ)
出金手数料
bitwallet→一律824円
銀行送金→4,000円(リフティングチャージ)
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
クレジットカード→2=3営業日
海外銀行送金→3~5営業日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です