TitanFXの平均スプレッド一覧!他業者と比較しながらスプの狭さを検証する

本記事ではTitanFXのスプレッドに関する情報をまとめている

「TitanFXのブレード口座とスタンダード口座はどちらのスプレッドが優秀?」
「ぶっちゃけ他社と比べてTitanFXのスプレッドってどうなの?」
「TitanFXのスプレッドを一覧で見たい」

などの疑問について回答しているので、TitanFXのスプレッドに関して知りたいことがある方は参考にしてほしい。

TitanFXのスプレッドは業界トップクラスに狭い!ブレード口座がオススメ

結論から言うと、TitanFXのスプレッドはブレード口座(ECN)・スタンダード口座(STP)とも狭い

特にブレード口座のスプレッドは業界でもトップクラスの狭さだ。

もしスプレッドに重きをおくなら確実にブレード口座を選ぶべき

ブレード口座とスタンダード口座の違いは、スプレッドと取引方式(ECNかSTPか)の違いのみ。
取引方式の違いは実際に取引してみるとさほど気にならないため、どうしてもSTPが良い理由でもない限りはブレード口座を選ぼう。

余談だが、管理人もTitanFXのブレード口座をメインのスキャルピング用口座として愛用している。

ECN方式とSTP方式のざっくりとした違いについて

ECN方式はスプレッドに業者のマージンが上乗せされない生のスプレッドがMT4に表示されるため、非常に透明性の高い取引方式。
(業者がいくらのマージンを乗せているか勘繰る必要がない)

ただしマージンが乗っていない分、”取引手数料“という形で業者が設定している手数料がスプレッドに上乗せされる。

そのため、実際の取引コストは「MT4に表示されるスプレッド+取引手数料」の合計値
慣れればどうってことないが、慣れるまでは一々手数料を加味したコストを計算しなければならないのがデメリットと言える。

一方STP方式では、すでに業者のマージンが乗ったスプレッドがMT4に表示されるため、取引コスト=MT4に表示されるスプレッドとなる。

業者のマージンが不明瞭なためにECN方式より透明性は劣るが、いちいち取引コストを計算しなくて良いのがメリットだ。

TitnaFXのブレード口座とスタンダード口座のスプレッド比較

実際にTitnaFXのブレード口座とスタンダード口座の平均スプレッド(取引コスト)を比較してみた。

FX通貨ペアブレード口座スタンダード口座
取引手数料往復0.7pips/lot無料
USD/JPY1.03pips
(0.33pips)
1.33pips
EUR/JPY1.44pips
(0.74pips)
1.74pips
GBP/JPY2.15pips
(1.45pips)
2.45pips
AUD/JPY1.82pips
(1.12pips)
2.12pips
EUR/USD0.90pips
(0.20pips)
1.20pips
GBP/USD1.27pips
(0.57pips)
1.57pips
AUD/USD1.22pips
(0.52pips)
1.52pips
USD/CHF1.62pips
(0.92pips)
1.92pips

(※1)ブレード口座はECN方式のため、MT4に表示される平均スプレッド+取引手数料の合計値を記載。平均スプレッドのみの数値はカッコ内に記載。
(※2)スタンダード口座はSTP方式のためMT4に表示されるスプレッドの平均値を記載

上の表を見てもらえれば一目瞭然だが、ブレード口座がスタンダード口座よりも平均して0.3pipsほど狭い

繰り返しになるが、ブレード口座とスタンダード口座のその他スペックは同じなので、よほどECN口座を使いたくない限りはブレード口座を選択した方がトレードを有利に進められる。

TitnaFXブレード口座と他社ECN口座の取引コスト比較

TitanFXのブレード口座と他社ECN口座の取引コストを比較してみた。

FX通貨ペアTitanFX
ブレード口座
Axiory
ナノスプレッド口座
XM
ZERO口座
取引手数料往復0.7pips/lot往復0.6pips/lot往復1.0pips/lot
USD/JPY1.03pips
(0.33pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
EUR/JPY1.44pips
(0.74pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
2.10pips
(1.10pips)
AUD/JPY1.82pips
(1.12pips)
1.50pips
(0.90pips)
2.00pips
(1.00pips)
EUR/USD0.90pips
(0.20pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD1.27pips
(0.527pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.40pips
(0.40pips)
AUD/USD1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)
1.60pips
(0.60pips)
取引コスト平均値1.39pips1.43pips1.56pips

もちろん1つ1つの通貨ペアで見れば負けているところもあるが、上記で挙げた通貨ペア全体の平均取引コストではTitanFXのブレード口座が1番優秀だ。

特筆すべきはドルストレート(ドル絡みのFX通貨ペア)の取引コストの安さ
EUR/USD,GBP/USD,AUD/USDあたりの通貨ペアメインでスキャルピングしている方には、うってつけの業者と言える。

もちろんUSD/JPYやGBP/JPYなどの通貨ペアの数値も他社に負けてこそいるものの、差は0.0数pips程度。
複数口座を使い分けるのが面倒であれば、TitanFXブレード口座1つで十分だ。

TitanFXブレード口座の平均スプレッドと合計取引コスト

TitanFXのブレード口座はECN口座なため、スプレッドとは別に取引手数料「0.7pips/lot」がかかってくる

以下の表では中央列に平均スプレッドのみの数値、右列に「平均スプレッド+取引手数料」の合計取引コストを記載した。

実際に自分で取引する際にかかるコストは右列の”合計取引コスト”なので注意しよう。

FXメジャー通貨ペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
EUR/USD0.2pips0.9pips
GBP/USD0.57pips1.27pips
AUD/USD0.52pips1.22pips
USD/JPY0.33pips1.03pips
USD/CHF0.92pips1.62pips

FXマイナー通貨ペア

取引通貨ペア平均スプレッド合計取引コスト
AUD/CAD1.51pips2.21pips
AUD/CHF1.41pips2.11pips
AUD/NZD2.03pips2.73pips
AUD/SGD2.55pips3.25pips
EUR/AUD1.75pips2.45pips
EUR/CHF1.04pips1.74pips
EUR/GBP0.53pips1.23pips
GBP/AUD2.94pips3.64pips
GBP/CHF2.32pips3.02pips
NZD/USD0.86pips1.56pips

FX JPYペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
AUD/JPY1.12pips1.82pips
CAD/JPY1.1pips1.8pips
CHF/JPY1.31pips2.01pips
EUR/JPY0.74pips1.44pips
GBP/JPY1.45pips2.15pips
NZD/JPY1.62pips2.32pips
ZAR/JPY0.44pips1.14pips

FX クロスペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
CAD/CHF1.64pips2.34pips
EUR/CAD2.4pips3.1pips
EUR/NZD3.69pips4.39pips
GBP/CAD2.86pips3.56pips
GBP/NZD4.81pips5.51pips
USD/CAD0.55pips1.25pips

FX エキゾチックペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
CHF/SGD4.95pips5.65pips
EUR/CZK12.53pips13.23pips
EUR/SGD4.18pips4.88pips
EUR/ZAR7.01pips7.71pips
GBP/SGD5.48pips6.18pips
GBP/TRY26.43pips31.13pips
NZD/CAD3.24pips3.94pips
NZD/CHF2.99pips3.69pips
SGD/JPY2.16pips2.86pips
USD/CNH8.28pips8.98pips
USD/CZK60.8pips61.5pips
USD/MXN3.52pips4.22pips
USD/RUB800pips800.7pips
USD/SGD2.37pips3.07pips
USD/YHB2.22pips2.92pips
USD/ZAR35.69pips36.39pips

FX 欧州ペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
EUR/NOK70.02pips70.72pips
EUR/PLN20.31pips21.01pips
EUR/SEK29.73pips30.43pips
EUR/TRY25.92pips26.62pips
GBP/NOK86.57pips87.27pips
GBP/SEK56.73pips 57.43pips
NOK/JPY1.07pips1.77pips
NOK/SEK1.49pips2.19pips
SEK/JPY2.05pips2.75pips
USD/NOK40.47pips41.17pips
USD/PLN2.24pips2.94pips
USD/SEK28.25pips28.95pips
USD/TRY10.57pips11.27pips

メタル

商品平均スプレッド合計取引コスト
XAU/EUR2.27pips2.97pips
XAU/USD2.11pips2.81pips
XAG/EUR2.61pips 3.31pips
XAG/USD2.01pips2.71pips
XPD/USD30pips30.7pips
XPT/USD30pips30.7pips

エネルギー

商品平均スプレッド合計取引コスト
XBR/USD0.59pips1.29pips
XTI/USD0.57pips1.27pips

株価指数CFD

商品平均スプレッド合計取引コスト
US5000.04pips0.74pips
US300.1~0.3pips0.8~1.0pips
UK1000.1pips0.8pips
NAS1000.2pips0.9pips
JPN2250.7~0.8pips1.4~1.5pips
GER300.1pips0.8pips
FRA400.1pips0.8pips
EUSTX500.2pips0.9pips
AUS2000.1pips0.8pips

TitnaFXスタンダード口座と他社STP口座のスプレッド比較

正直ブレード口座が優秀すぎて、TitanFXのスタンダード口座を好んで使う人もいないだろうが、一応スタンダード口座と他社STP口座の平均スプレッドも比較してみた。

FX通貨ペアTitanFX
スタンダード口座
Axiory
スタンダード口座
XM
マイクロ・スタンダード口座
iFOREX
USD/JPY1.33pips1.5pips1.6pips1.8pips
EUR/JPY1.74pips1.7pips2.6pips1.8pips
GBP/JPY2.45pips2.7pips3.5pips5.0pips
AUD/JPY2.12pips2.1pips3.0pips5.0pips
EUR/USD1.20pips1.3pips1.6pips1.8pips
GBP/USD1.57pips1.9pips2.3pips3.0pips
AUD/USD1.52pips2.1pips1.8pips3.0pips

ほぼすべての通貨ペアで他社よりも狭い数値だ。
(負けている通貨ペアも差は0.0数pips程度)

STP口座同士のスプレッドで比較しても、TitanFXのスプレッドが優秀なのがわかる。

とはいえTitanFXはスプレッド特化型の業者
比較対象として引っ張り出したXM・iFOREXは真逆のボーナス特化型の業者だ。

  • スプレッド特化型:ボーナスがない代わりに、スプレッドが狭い
  • ボーナス特化型:スプレッドが並程度な代わりに、ボーナスが豪華

一攫千金狙いのトレードや1日数回のトレードで20pips超の利幅を狙うデイトレーダーなら、ボーナス特化型の方が証拠金を増やせる分有利
(もちろん自分でめちゃくちゃ証拠金を用意できる方なら別だが)

他業者でもそうだが、基本的にスプレッドはECN口座の方が優秀なためSTP口座をわざわざスキャルピングトレーダーが選ぶ必要がない。

もしあなたがスキャルピングトレーダーでなく、一攫千金狙いやデイトレーダーなら、TitanFXよりもボーナスが豪華なXMやiFOREXを選ぶのがオススメだ。

TitanFXスタンダード口座の平均スプレッドと合計取引コスト

TitanFXのスタンダード口座はSTP口座。

MT4上に表示されるスプレッドがそのまま取引コストとなる。
以下の表にはMT4に表示されるスプレッドの”平均値”を記載した。

ただし、あくまでも”平均”であるため、取引する時間帯や各種イベント(要人発言・世界的ニュース)などで記載してある数値よりも狭くなったり広くなったりすることを覚えておこう。

FXメジャー通貨ペア

商品平均スプレッド
EUR/USD1.2pips
GBP/USD1.57pips
AUD/USD1.52pips
USD/JPY1.33pips
USD/CHF1.92pips

FXマイナー通貨ペア

商品平均スプレッド
AUD/CAD2.51pips
AUD/CHF2.41pips
AUD/NZD3.03pips
AUD/SGD3.55pips
EUR/AUD2.75pips
EUR/CHF2.04pips
EUR/GBP1.53pips
GBP/AUD3.94pips
GBP/CHF3.32pips
NZD/USD1.86pips

FX JPYペア

商品平均スプレッド
AUD/JPY2.12pips
CAD/JPY2.1pips
CHF/JPY2.31pips
EUR/JPY1.74pips
GBP/JPY2.45pips
NZD/JPY2.62pips
ZAR/JPY1.44pips

FX クロスペア

商品平均スプレッド
CAD/CHF2.64pips
EUR/CAD1.1pips~2.4pips
EUR/NZD4.69pips
GBP/CAD3.86pips
GBP/NZD5.81pips
USD/CAD1.55pips

FX エキゾチックペア

商品平均スプレッド
CHF/SGD5.95pips
EUR/CZK13.53pips
EUR/SGD5.18pips
EUR/ZAR8.01pips
GBP/SGD6.48pips
GBP/TRY27.43pips
NZD/CAD4.24pips
NZD/CHF3.99pips
SGD/JPY3.16pips
USD/CNH9.28pips
USD/CZK61.8pips
USD/MXN4.52pips
USD/RUB801pips
USD/SGD3.37pips
USD/YHB3.22pips
USD/ZAR36.69pips

FX 欧州ペア

商品平均スプレッド
EUR/NOK70.02pips
EUR/PLN21.31pips
EUR/SEK30.73pips
EUR/TRY26.92pips
GBP/NOK87.57pips
GBP/SEK57.73pips
NOK/JPY2.07pips
NOK/SEK2.49pips
SEK/JPY3.05pips
USD/NOK41.47pips
USD/PLN3.24pips
USD/SEK29.25pips
USD/TRY11.57pips

メタル

商品平均スプレッド
XAU/EUR2.39pips
XAU/USD2.23pips
XAG/EUR2.73pips
XAG/USD2.13pips
XPD/USD30.12pips
XPT/USD30.12pips

エネルギー

商品平均スプレッド
XBR/USD0.71pips
XTI/USD0.69pips

株価指数CFD

商品平均スプレッド
US5000.16pips
US300.22~0.42pips
UK1000.22pips
NAS1000.32pips
JPN2250.82pips~0.92pips
GER300.22pips
FRA400.22pips
EUSTX500.32pips
AUS2000.22pips

以上でTitanFXのスプレッドに関する解説・検証は終わりとなる。

本記事でTitnaFXのスプレッドの優秀さについては上述してきた通りだが、TitanFXにはスプレッド以外にも、

  • 最大レバレッジ500倍×追証なし
  • 強固な約定力
  • 完全NDD方式
  • 取引制限一切なし(EAトレードOK)
  • 24時間の日本語サポート

など、派手なボーナスこそないものの取引環境を追求しておりスペックは高い。

初心者から玄人まで一度は利用してみてほしい業者の1つだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です