XMデモ口座の開設方法!デモトレード前に知っておきたい注意点まで解説

XMデモ口座の開設方法!デモトレード前に知っておきたい注意点まで解説のアイキャッチ

本記事ではXMデモ口座の開設方法から、注意点まで徹底的にまとめている

XMに興味があるけど、まずはデモ口座で使い心地を試したい
いきなり自分のお金を入金してトレードするのが怖い
MT4(MT5)の使い方に慣れたい

結論から言うと、上記にのような不安や悩みを抱えている方はデモ口座から入るのがオススメ。

XMのデモ口座はリアル口座とまったく同じスペック(レバレッジ・スプレッド等)、チャート、通貨ペア、プラットフォームで取引できる
初心者の方が慣れるために使うのにはうってつけだ。

またXMのデモ口座は所要時間2~3分程度で、メールアドレスさえあれば開設できる

今すぐにデモ口座を使いたい場合は本記事を参考に、パパっと開設してしまおう。

 

▼XMではリアル口座開設で3,000円分のボーナスが受け取れる▼

XMでは新規のリアル口座開設者を対象に、3,000円分のボーナスを付与してくれる。

条件は新規リアル口座開設のみで、その他の条件は一切ない。
自分のお金を入金しなくても、リアル口座の使い心地を試せる太っ腹なボーナスだ。

ボーナスそのものの出金は不可だが、取引でだした利益は出金OK。

ぜひリアル口座を開設して活用してほしい。

関連記事:XMの口座開設ボーナス・入金ボーナスまとめ!出金条件や消滅理由まで徹底解説

XMデモ口座の口座開設方法・流れ

まずは以下のリンクから、デモ口座の開設フォームへ飛んでください。

→XMのデモ口座の開設フォームはこちら

 

①口座開設フォームを埋める

表示された口座開設フォームを埋めていこう。

記述式のところは”すべて半角英数字“で入力、選択式のところは該当する項目を選択すればOKだ。

 

▼XMデモ口座の開設フォーム記入例▼

xmデモ口座の口座開設フォーム

 

個人情報を埋める

xmデモ口座の口座開設フォームの個人情報入力欄
  • 下の名前:(例)Taro
  • 姓:(例)Oreno
  • 居住国:(例)Japan
    リストから選択
  • 都道府県・市:(例)Tokyo
  • 電話:(例)+819012345678
    国番号+81が自動入力されているため、自分の電話番号の最初の”0″を省略して入力。入力する電話番号は固定電話でも携帯電話でもOK。
  • Eメール:(例)oreno.xm@gmail.com
    GmailやYahooメールなどのフリーアドレスでOK。1アカウントにつき1つだけ登録可能。
  • 希望言語:(例)日本語
    リストから選択

ここで偽名を使っても登録できるが、オススメはしない。

XMではデモ・リアル問わず、口座開設時にマイページが作成される。
デモを開設した後にマイページからリアル口座を開設できるのだが、偽名を使っているとできない。

また新たに最初から登録し直しになるため、本名で登録しておいたほうが手間がかからずに済む。

 

取引口座詳細を埋める

xmデモ口座の口座開設フォームの取引口座詳細の入力欄
  • 取引プラットフォーム:(例)MT4
    MT4かMT5か選択。シストレメインならMT4、裁量取引メインならMT5がオススメ。
  • 口座タイプ:(例)スタンダード
    スタンダードかゼロか選択。デイトレードメインならスタンダード、スキャルピングメインならゼロ
  • 口座の基本通貨:(例)JPY
    USD・EUR・JPYから選択
  • レバレッジ:(例)888倍
    スタンダードは888倍、ゼロは500倍まで選択可。最大レバレッジで設定してOK。
  • 投資額:(例)3,000$
    最低1,000$(10万円相当)~最高500万$(5億円相当)まで選択可。デモ口座での取引が”お遊び”にならないよう自分の予定投資額と近い金額を選ぶ。(10万円投資予定なら1,000$を選択)

 

特に投資額については大きな金額を選びがちなので注意してほしい。

あくまでもリアル口座を運用する際の練習になるように、緊張感を与える意味でも自分の投資予定額と近い金額を選ぶのがベターだ。

 

口座パスワードを設定する

xmデモ口座の口座開設フォームのパスワード設定欄

最後に口座パスワードを入力する。

パスワードは小文字・大文字・数字の3種類すべて使用しなければならないので注意しよう。
(例)Oreno1234

またここで設定したパスワードは今後一切通知されない。
パスワードは必ずこのタイミングで控えておいて忘れないようにしよう。

パスワードを忘れてしまうと、マイページやMT4(MT5)へログインできなくなってしまう。

 

最後に「私はニュースレターや企業ニュース、商品の最新情報を受け取ることに同意します。」にチェックを入れて、「デモ口座開設」ボタンをクリックしよう。

xmデモ口座の口座開設完了画面

上記の画面が表示されたら、デモ口座の開設申請は終了だ。

 

②XMから届くメールをチェックする

デモ口座開設後にXMから届くメール

登録したメールアドレス宛にXMから「XMTradingへようこそ」という題目のメールが届いているのでチェックしよう。

管理人

このメールは即時で届く。
もし届いていなかったら迷惑メールフォルダをチェックしよう。

それでもなければ登録時点でメールアドレスを間違えた可能性が高い。

メールを開いたら、真ん中にある赤色の「Eメールアドレスをご確認下さい。」をクリック。

なおこのリンクは24時間のみ有効で、過ぎると最初からやり直しになってしまうので注意だ。

MT4・MT5のログインIDが記載された口座開設完了画面

飛び先で上記の画面が表示されて、MT4(MT5)のログインIDが記載されている。

このIDと設定したパスワードを利用してMT4(MT5)へログインして取引を開始しよう。

 

デモ口座にログインできない場合

デモ口座にログインできない場合は以下を見直してほしい。

  • パスワードを正しく入力できているか
  • MT4・MT5の選択は正しいか
  • 休眠口座になっていないか(90日間取引なしだったか)

もし上記を確認した上で、どうしてもログインできない場合はサポートに問い合わせるか、デモ口座自体を作り直そう。

▼XMサポート▼
japanese.support@xm.com

 

XMデモ口座の5つの特徴

フリーアドレスのみで口座開設できる&口座維持費は無料

XMのデモ口座は本人確認書類など必要なし、メールアドレスさえあれば開設できる。

メールアドレスはGmailやYahooメールなどのフリーアドレスでもOKだ。

ただしデモ口座でつくったマイページからリアル口座を作成する際には、本人確認書類の提出が必須なので覚えておこう。

 

またデモ口座は口座維持費無料

どれだけの期間デモ口座を使おうが、1円もお金がかかることはない。

 

デモ口座で選択できる口座タイプはスタンダードorゼロ

XMのリアル口座ではマイクロ・スタンダード・ゼロの3つの口座タイプが用意されている。

しかしデモ口座で選択できるのはスタンダードかゼロのみだ。

項目スタンダード口座ゼロ口座
取引方式STPECN
最大レバレッジ888倍500倍
追証ゼロカットゼロカット
スプレッド
(ドル円平均)
1.6pips0.1pips
取引手数料無料往復1.0pips
ロスカット水準証拠金維持率20%以下証拠金維持率20%以下
最小取引サイズ1,000通貨10,000通貨
1ポジションの最大保有数500万通貨5000万通貨
取り扱い商品FX57種
貴金属4種
CFD41種
FX57種

【スタンダード口座がおすすめな人】

  • 最大888倍のレバレッジでアクティブなハイレバトレードを楽しみたい
  • デイトレードメイン
  • CFD取引もFX取引と一緒にしたい

 

【ゼロ口座がおすすめな人】

  • 狭いスプレッドを生かしてハイレバスキャルピングしたい
  • ECN口座へ触れてみたい
  • 小ロットではなく大ロットでの運用を考えている

 

どちらを選んでも構わないが、迷ったら上記の基準で選ぶと良いだろう。

 

マイクロ口座に興味がある方はスタンダード口座を選べばOK

マイクロ口座はデモ口座では利用できない。
もしリアルでマイクロ口座の開設を考えているなら、スタンダード口座を選択しよう。

マイクロ口座とスタンダード口座は1lotの単位とポジション保有数以外すべて同じスペックだ。

項目マイクロ口座スタンダード口座
1lotの単位10,000通貨1,000通貨
最小取引サイズ10通貨1,000通貨
ワンショットの最大取引サイズ10万通貨500万通貨

マイクロのほうがスタンダードよりも少ない枚数で取引できるという違いしかない。

デモでスタンダード→リアルでマイクロという選択でも、違和感なく切り替えられるだろう。

 

1つのメールアドレス(1アカウント)で最大5つまで追加口座をつくれる

デモ口座は1つのメールアドレスで作成したアカウントで、最大5つまで複数口座を持てる。

「スタンダードとゼロどちらも試してみたい」
「MT4とMT5の両方使ってみて比較したい」

という方は追加で口座を開設すればOKだ。

 

リアル口座と同じ商品・チャートで取引できる

デモ口座で取引できる商品はリアル口座とまったく同じ。

  • スタンダード口座
    FX通貨ペア57種、貴金属4種、CFD商品41種
  • ゼロ口座
    FX通貨ペア57種

FX通貨ペアはもちろん、スタンダード口座を選んでいれば貴金属やCFD商品も取引できる。

 

またMT4・MT5もリアル口座とまったく同じ

リアルと同じチャートを見ながら取引できる上に、インジケーターやEAも利用できる。

リスクを背負うことなく本番と同じ環境でいろいろと試せるのはデモ口座の強みだろう。

 

90日間取引なしで休眠口座扱いになる

デモ口座での取引履歴が90日間ないと自動的に休眠口座となり、MT4(MT5)へのログインができなくなる。

ここでいう取引履歴なしとは「ポジションを保有していない状態で、一度も注文をしていない状態」を指す。

もし休眠口座になっていた場合は、サポートに連絡してアクティブへ戻してもらうか、新たにデモ口座を作り直そう。

 

解約したいならサポートへの連絡が必須

デモ口座は自分で解約・削除することはできない。

解約・削除したい場合はサポートへ連絡する必要がある。

  • デモ口座を削除したい旨
  • XMから届くニュースレターの配信停止
  • デモ口座番号

この3点をメールに記載して連絡しよう。

▼XMサポート▼
japanese.support@xm.com

 

XMデモ口座を利用する際の4つの注意点

リアルマネーがかかっていない取引であることを自覚する

デモ口座はいくらリアル口座と使い心地が同じでも、自分のお金がかかっていない取引にすぎない。

つまり「自分のお金を失うかもしれない」という精神的ストレスがない状態で取引できるわけだ。

当然だが、リラックスしている状態と精神的ストレスを抱えている状態では、取引がまったく別物になる。

負けてもお金が減らない安心感から、

  • フルレバ一発狙いのギャンブルチックなトレード
  • 設定した損切りラインをガン無視

など自分のお金がかかっていればやりづらいことも平気でやってしまう。

これで痛い目をみれば良いのだが、なまじ稼げてしまうと「リアルでも俺はこの手法でいける」と勘違いしてしまいかねない。
事実、こういう勘違いで「デモでは勝てても、リアルでは全然勝てない」というトレーダーは数多くいる。

デモ口座を利用する際は勝ち負けを気にするのではなく、「ハイレバトレードの練習」「MT4(MT5)に慣れる」などリアルへつながる目的をもって利用してほしい。

 

デモ口座とリアル口座では約定力に違いがある

デモ口座とリアル口座で明確に違いがあるのが約定力だ。

デモのほうがわずかにリアルよりも約定力が高い

理由は2つある。

  1. サーバーが違う
  2. デモ口座は実際に注文を出さない

まずデモとリアルではサーバーが違う。

当然サーバーが違えば、細かな約定力に違いが出てくる。

デモ口座のほうが利用者が少ないため、サーバーへの負荷も軽く、若干速い。

 

またデモ口座の注文は市場に流れない。

例えば雇用統計発表時や要人発言のタイミングなど、注文が通りづらいタイミングでもバンバン約定する。

この約定力の違いを理解しておかずにリアルでデモさながらに注文すると、思わぬスリップで損することもあるため注意しよう。

 

デモ口座に追加入金はできない

デモ口座には追加入金することができない。
つまり最初に設定した金額を失ったら終わりというわけだ。

もし資金が尽きた後もデモ口座を利用したければ、新しいデモ口座を開設しよう。

管理人

これを聞くと最初な金額を設定した方が良いのではと考える人もいるが、それは違う。

あえて自分の投資額に近い金額を設定することで、デモでも負けたら終わりの緊張感を出すことができる。

 

最大レバレッジの変更ができない

デモ口座では最初に設定した最大レバレッジを後から変更できない。

もし最大レバレッジを変更したい場合は、新しくデモ口座を作り直そう。

以上でXMのデモ口座に関する解説は終わりだ。

一通りデモ口座に慣れてきたらリアル口座を開設して取引してみよう。

冒頭でも述べた通り、XMは口座開設だけで3,000円分のボーナスが受け取れる。

このボーナスを足掛かりとして、XMでのリアルマネートレードを楽しんでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です