XMのスプレッドは広い?FX通貨ペア・CFD商品の平均スプレッドから紐解く

XMのスプレッドは広い?全商品のスプレッド一覧

本記事ではXMのスプレッドについて徹底的に解説しているページとなる。

  • XMのスプレッドは広いのか
  • XMのスタンダード口座・マイクロ口座の平均スプレッド
  • XMのZERO口座の平均スプレッド

上記のようなXMのスプレッドに関して知っておくべき知識をあますところなく書き記している。

またXMのスプレッドに対する管理人の所感もまとめているので、参考にしてみてほしい。

【結論】XMのスプレッドは広くはないが並水準!スキャルピングには不向きな業者

XMのスプレッド水準は並

結論から言うと、XMのスプレッドはお世辞にも狭いとは言えない。

海外FX業者の中でも”並”レベルのスプレッドだ。

そのため「0.1pipsでもスプレッドの狭さにこだわりたい」というようなスキャルピングトレーダーにはオススメできない

【口座別のスプレッドに対する総括】

◆スタンダード口座・マイクロ口座

海外FXの中でも”並~やや広め”のレベル
(ドル円平均1.6pips・ユーロドル平均1.6pips)

より狭いスプレッドを提供している業者はたくさんある。

◆XMzero口座

インターバンクから直接引っ張ってくるスプレッドはかなり狭い。
(ドル円平均0.1pips・ユーロドル平均0.1pips)

ただしスプレッドに上乗せされる取引手数料が1.0pips/往復と高め
そのため実質的なトータルコストで見ると、他にも優秀な業者が多い。

(参考:【XMの口座タイプ3種類を6項目で鬼比較】スタンダード口座がおすすめな理由とは。

両タイプの口座とも「広すぎて使い物にならない」というわけではないものの、特別優秀ではないため、スプレッドにこだわるなら利用すべきではない。

XMのスプレッドが海外FXでも”並~やや広め”な理由

XMはスプレッドが標準な分、ボーナス還元に力を入れている

海外FX業者には大きくわけて2つのタイプの業者が存在する。

  • ボーナス特化型の業者
    口座開設ボーナスや入金ボーナスなどで顧客還元するタイプの業者。反面、スプレッドは広い傾向にある。
  • スプレッド特化型の業者
    スプレッドを狭くして取引コストを抑えさせることで顧客還元する業者。ただしボーナスは一切ないことが多い。

XMはボーナス特化型の業者だ。

実際に、口座開設ボーナス3,000円や最大50万円受け取れる入金ボーナスなど、海外FXでもトップクラスに豪華なボーナスを提供している。
その代償としてスプレッドが並~やや広めになっているわけだ。

正直ボーナス特化型とスプレッド特化型どちらが良いかはトレーダー次第。

あまり証拠金が用意できない、ガチの海外FX初心者はボーナス特化型の業者で取引に慣れていくべき。
トレードに自信のある中上級者はボーナスよりもスプレッドが狭い業者でガンガン取引していくべき。

上記のようにトレーダーによってオススメのタイプは異なる。

XM口座とその他海外FX業者のスプレッド比較

スタンダード口座・マイクロ口座(STP)とその他業者のSTP口座比較

メジャー通貨ペアの平均スプレッドで、XMのSTP口座とその他業者のSTP口座を比較した。

通貨ペアXMTitanFXAxioryiFOREX
USD/JPY1.6pips1.33pips1.5pips1.8pips
EUR/JPY 2.6pips1.74pips1.7pips1.8pips
GBP/JPY3.5pips2.45pips2.7pips5.0pips
AUD/JPY3.0pips2.12pips2.1pips5.0pips
EUR/JPY1.6pips1.20pips1.3pips1.8pips
GBP/USD2.3pips1.57pips1.9pips3.0pips
AUD/USD1.8pips1.52pips2.1pips3.0pips

見ての通りTitanFXのようなスプレッド特化型の業者と比べると、XMのスプレッドが広いことがわかる。
せいぜい同じくボーナス特化型のiFOREXよりわずかに狭い程度だ。

STP口座でスプレッドにこだわりたいなら、TitanFXのようなスプレッド特化型業者を選ぶべきだろう。

デイトレならスプレッドの広さは大して気にならない

XMはデイトレードと相性抜群

ただしXMでデイトレをメインに取引していくならスプレッドの広さは大して気にならない

例えばドル円の取引で10pipsの利幅を抜きたい場合、

  • TiatanFXで2回エントリー→スプレッドで2.66pips(1.33×2)かかる
  • XMで1回エントリー→スプレッドで1.6pips

デイトレのように1回の取引で利幅をガッツリ稼ぐ手法なら、結果的にスプレッドが狭い業者で複数回スキャルピングするよりスプレッドが安くつく場合もあるのだ。

また前提としてXMのマイクロ・スタンダード口座はデイトレード向き。

  • レバレッジ888倍×追証なし
  • 豪華なボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス)
  • オーダー執行率100%で大口注文でも通しやすい

とデイトレ向けのスペックに仕上がっている。

そもそもスキャルピングトレーダー用に設計されているわけではないので、利用するならデイトレーダーがオススメだ。

XMロイヤルティプログラムを利用すると実質取引コストを安くできる

XMのマイクロ口座・スタンダード口座開設者は、口座開設をした時点で”XMロイヤルティプログラム”に自動的に参加となる。
(※参加費は無料なので安心してほしい。なおZERO口座は対象外だ。)

このプログラムはいわゆる家電量販店等のポイントサービスのようなもの。
XMで取引すると、XMP(エックスエムポイント)と呼ばれるポイントが溜まり、溜まったXMPをボーナスと交換できる。

ボーナスへの換金率は「XMP÷3($)」だ。
例えば30XMP溜まっていれば、10$(1,000円)相当のボーナスと交換できる。

取引によって溜まるXMP量は、グレード(階級)によって異なる。

グレードXMP獲得量/LOTグレードアップ条件グレードダウン条件
EXECUTIVE10XMP--
GOLD13XMP口座開設から30日間利用30日間取引なしでEXECUTIVE
DIAMOND16XMP口座開設から60日間利用60日間取引なしでEXECUTIVE
ELITE20XMP口座開設から100日間利用100日間取引なしでEXECUTIVE

グレードは取引期間に応じて、どんどんグレードアップしていく。
最初はEXECUTIVEからのスタートになるが、XMで取引を続けていけば勝手にELITEまで誰でも昇格可能だ。

このプログラムを利用して、溜まったXMPをボーナスに換金すれば実質的な取引コストを抑えられることになる。

 

【各種グレードで1lot取引した場合】

●EXECUTIVE
→1lotあたり10XMP獲得

10XMPは約3.33$のボーナスに換金できる。
3.33$/lotは0.33pipsに相当するため、約0.33pips狭いスプレッドで取引できるのと同じ。

●GOLD
→1lotたり13XMP獲得

13XMPは約4.33$のボーナスに換金できる。
4.33$/lotは0.43pipsに相当するため、約0.43pips狭いスプレッドで取引できるのと同じ。

●DIAMOND
→1lotたり16XMP獲得

16XMPは約5.33$のボーナスに換金できる。
5.33$/lotは0.53pipsに相当するため、約0.53pips狭いスプレッドで取引できるのと同じ。

●ELITE
→1lotたり20XMP獲得

20XMPは約6.66$のボーナスに換金できる。
6.66$/lotは0.66pipsに相当するため、約0.66pips狭いスプレッドで取引できるのと同じ。

スタンダード口座・マイクロ口座を開設した人で、少しでも取引コストを下げたければうまくXMロイヤルティプログラムを利用しよう。

XMロイヤルティプログラムについて詳しくは以下の記事で解説している。

XMzero口座(ECN)とその他業者のECN口座比較

メジャー通貨ペアのトータルコストで、XMのzero口座(ECN)とその他業者のECN口座を比較した。

通貨ペアXMTitanFXAxioryHotForex
取引手数料1.0pips0.7pips0.6pips0.8pips
USD/JPY1.1pips
(0.1pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.1pips
(0.5pips)
0.9pips
(0.1pips)
EUR/JPY1.6pips
(0.6pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.3pips
(0.7pips)
1.6pips
(0.8pips)
GBP/JPY2.1pips
(1.1pips)
2.15pips
(1.45pips)
2.3pips
(1.7pips)
2.2pips
(1.4pips)
AUD/JPY1.8pips
(0.8pips)
1.82pips
(1.12pips)
1.5pips
(0.9pips)
1.8pips
(1.0pips)
EUR/USD1.1pips
(01.pips)
0.90pips
(0.2pips)
1.1pips
(0.5pips)
0.9pips
(0.1pips)
GBP/USD1.4pips
(0.4pips)
1.27pips
(0.57pips)
1.5pips
(0.5pips)
1.2pips
(0.4pips)
AUD/USD1.3pips
(0.3pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.2pips
(0.6pips)
1.6pips
(0.8pips)

※ECN口座のため「平均スプレッド+取引手数料」の合計値を記載。平均スプレッドのみの数値はカッコ内に記載している。

XMのECN口座は“インターバンクから直接引っ張ってくるスプレッドの平均”で見ると1番狭い

しかし取引手数料が1.0pipsと他業者より高いのが残念なところ。
そのせいでトータルコストで見ると他業者に後れをとってしまっている。

現状ECN口座においてもスプレッドにこだわるならXMを利用する必要がない。

もう少し取引手数料が0.7pips程度まで下がれば、海外FXでも有数の優良ECN口座になるだけに勿体ないと感じる。

口座開設ボーナス3,000円を利用してECNのお試しとして使うならアリ

XMのZERO口座では3000円口座開設ボーナスが受け取れる

XMzero口座はECN口座では珍しく口座開設ボーナス3,000円が受け取れる
この3,000円を利用して自分のお金を使うことなく、ECN口座の使い心地を試せるのはメリット。

またボーナス自体の出金は不可だが、取引で得た利益は条件なしで出金できる。

ECN口座を利用したことがない方が、“ECN口座の入り口”としてこの3,000円のボーナスを利用してみる分には十分オススメだ。

XMスタンダード口座・マイクロ口座の平均スプレッド&最小スプレッド一覧

以下では各種金融商品の平均スプレッドと最小スプレッドを一覧でまとめている

平均スプレッドが不明な商品については最小スプレッドを記載しているため注意してほしい。
(最小スプレッドを平均スプレッドと記載しているサイトがあるが、XMのスプレッドを狭く見せようとしているだけなので引っかからないように)

(※)スプレッドを確認する際は”平均スプレッド”を確認すべし

スプレッドを確認するときは”平均スプレッド”を参考にしたほうが良い

スプレッドは常に変動しているため、狭くなったり広くなったりするタイミングが存在する。

そのため狭いとき、広いときのスプレッドだけ見てもあまり意味はない。
いざ利用してみて期待より狭い分には問題ないが、「思ったよりスプレッドが広かった…」という事態になっては目も当てられなくなってしまう。

平均スプレッドに着目しておくと、実際に利用した際のリアルタイムスプレッドとギャップが小さくなるためオススメだ。

FX通貨ペアの平均スプレッド・最小スプレッド

メジャー通貨ペアの平均スプレッド・最小スプレッド

XMのメジャー通貨ペアの定義は「最も取引量が多く、通貨ペアの片方がUSDのもの」となっている。

通貨ペア平均スプレッド最小スプレッド
EUR/USD1.6pips1.0pips
USD/JPY1.6pips1.0pips
GBP/USD2.3pips1.0pips
USD/CHF2.4pips1.0pips
USD/CAD2.1pips1.0pips
AUD/USD1.8pips1.0pips
NZD/USD3.0pips1.1pips

マイナー通貨ペア・クロス通貨ペアの平均スプレッド・最小スプレッド

XMのマイナー通貨ペア・クロス通貨ペアの定義は「主要通貨同士の通貨ペアかつ、片方がUSDではないもの」となっている。

通貨ペア平均スプレッド最小スプレッド
AUD/CAD3.2pips2.1pips
AUD/CHF3.5pips1.2pips
AUD/JPY3.0pips1.0pips
AUD/NZD4.5pips1.4pips
CAD/CHF3.7pips2.4pips
CAD/JPY3.4pips1.3pips
CHF/JPY3.4pips1.0pips
EUR/AUD4.0pips2.3pips
EUR/CAD3.6pips2.1pips
EUR/CHF2.9pips1.7pips
EUR/GBP2.0pips1.0pips
EUR/JPY2.6pips1.0pips
EUR/NZD6.7pips2.8pips
GBP/AUD3.9pips1.2pips
GBP/CAD5.2pips1.5pips
GBP/CHF4.0pips1.6pips
GBP/JPY3.5pips1.0pips
GBP/NZD8.0pips3.5pips
NZD/CAD5.0pips3.1pips
NZD/CHF5.0pips2.1pips
NZD/JPY5.0pips1.4pips

エキゾチック通貨ペアの平均スプレッド・最小スプレッド

XMのエキゾチック通貨ペアの定義は「取引量が少なく、主要通貨と小さな経済国or新興国通貨のペア」となっている。

通貨ペア平均スプレッド最小スプレッド
CHF/SGD25.0pips22.0pips
EUR/DKK23.0pips10.6pips
EUR/HKD33.0pips7.4pips
EUR/HUF30.0pips8.0pips
EUR/NOK69.7pips13.5pips
EUR/PLN47.0pips29.9pips
EUR/RUB450.0pips16.5pips
EUR/SEK50.0pips17.7pips
EUR/SGD16.3pips2.4pips
EUR/TRY20.0pips11.1pips
EUR/ZAR150.0pips24.8pips
GBP/DKK49.0pips3.0pips
GBP/NOK80.0pips13.0pips
GBP/SEK90.0pips33.0pips
GBP/SGD20.0pips4.2pips
NZD/SGD20.0pips3.4pips
SGD/JPY20.0pips3.3pips
USD/CNH2.7pips1.8pips
USD/DKK30.0pips2.0pips
USD/HKD2.8pips1.1pips
USD/HUF25.0pips10.1pips
USD/MXN110.0pips17.0pips
USD/NOK55.0pips5.2pips
USD/PLN35.0pips7.2pips
USD/RUB420.0pips18.5pips
USD/SEK49.0pips2.9pips
USD/SGD20.0pips3.0pips
USD/TRY18.0pips6.9pips
USD/ZAR14.0pips11.5pips

コモディティ(商品)の最小スプレッド

コモディティ最小スプレッド
COCOA1.1pips
COFFE7.0pips
CORN22.0pips
COTTO4.4pips
HGCOP7.0pips
SBEAN1.0pips
SUGAR0.8pips
WHEAT12.0pips

貴金属ペアの平均スプレッド・最小スプレッド

貴金属平均スプレッド最小スプレッド
GOLD3.5pips3.0pips
SILVER3.6pips3.0pips
PALL40.0pips
PLAT30.0pips

株式指数の最小スプレッド

現物指数CFDの最小スプレッド

現物指数CFD最小スプレッド
AUS200Cash30.0pips
CHI50Cash1.6pips
EU50Cash21.0pips
FRA40Cash18.0pips
GER30Cash20.0pips
GRE20Cash30.0pips
HK50Cash1.4pips
IT40Cash1.3pips
JP225Cash1.2pips
NETH25Cash6.0pips
POL20Cash0.3pips
SINGCash6.0pips
SPAIN35Cash0.7pips
SWI20Cash50.0pips
UK100Cash15.0pips
US100Cash20.0pips
US30Cash20.0pips
US500Cash7.0pips

先物指数CFDの最小スプレッド

先物指数CFD最小スプレッド
CHI501.8pips
EU5030.0pips
FRA4030.0pips
GER3040.0pips
JP2252.4pips
SING9.5pips
SWI2060.0pips
UK10030.0pips
US10045.0pips
US3060.0pips
US50011.0pips
USDX5.0pips

エネルギーCFDの最小スプレッド

エネルギー最小スプレッド
BRENT0.5pips
GSOIL15.0pips
NGAS3.0pips
OIL0.5pips
OILMn0.5pips

仮想通貨ペアの最小スプレッド

仮想通貨最小スプレッド
BTC/USD60
BCH/USD5
ETH/USD3.6
LTC/USD0.6
XRP/USD0.0038

XMzero口座のトータルコスト&平均スプレッド一覧

XMzero口座はECN口座のため、

  • トータルコスト:「平均スプレッド+取引手数料」
  • 平均スプレッド:MT4に記載されるインターバンク直結の平均スプレッド

を記載している。

結局取引でかかるコストは”トータルコスト”のほうなので、平均スプレッドではなくトータルコストを参考にしてほしい。

またzero口座はCFD商品等の取り扱いはなく、取引可能なのはFX通貨ペアのみとなっている。

FXメジャー通貨ペアのトータルコスト&平均スプレッド

通貨ペアトータルコスト平均スプレッド
EUR/USD1.1pips0.1pips
USD/JPY1.1pips0.1pips
GBP/USD1.4pips0.4pips
USD/CHF1.5pips0.5pips
USD/CAD1.6pips0.6pips
AUD/USD1.3pips0.3pips
NZD/USD1.8pips0.8pips

FXマイナー通貨ペアorクロス通貨ペアのトータルコスト・平均スプレッド

通貨ペアトータルコスト平均スプレッド
AUD/CAD2.3pips1.3pips
AUD/CHF1.6pips0.6pips
AUD/JPY1.8pips0.8pips
AUD/NZD2.1pips1.1pips
CAD/CHF2.4pips1.4pips
CAD/JPY2.1pips1.1pips
CHF/JPY2.5pips1.5pips
EUR/AUD2.0pips1.0pips
EUR/CAD2.5pips1.5pips
EUR/CHF1.8pips0.8pips
EUR/GBP1.8pips0.8pips
EUR/JPY1.6pips0.6pips
EUR/NZD3.2pips2.2pips
GBP/AUD3.0pips2.0pips
GBP/CAD3.2pips2.2pips
GBP/CHF2.6pips1.6pips
GBP/JPY2.1pips1.1pips
GBP/NZD5.0pips4.0pips
NZD/CAD2.9pips1.9pips
NZD/CHF2.8pips1.8pips
NZD/JPY2.2pips1.2pips

FXエキゾチック通貨ペアのトータルコスト・平均スプレッド

通貨ペアトータルコスト平均スプレッド
CHF/SGD17.0pips16.0pips
EUR/DKK8.0pips7.0pips
EUR/HKD11.0pips10.0pips
EUR/HUF19.0pips18.0pips
EUR/NOK30.4pips29.4pips
EUR/PLN28.0pips27.0pips
EUR/RUB281.0pips280.0pips
EUR/SEK23.0pips22.0pips
EUR/SGD10.0pips9.0pips
EUR/TRY24.0pips23.0pips
EUR/ZAR107.0pips106.0pips
GBP/DKK21.0pips20.0pips
GBP/NOK62.0pips61.0pips
GBP/SEK48.0pips47.0pips
GBP/SGD14.0pips13.0pips
NZD/SGD6.0pips5.0pips
SGD/JPY6.7pips5.7pips
USD/DKK8.9pips7.9pips
USD/HKD1.5pips0.5pips
USD/HUF15.0pips14.0pips
USD/MXN51.0pips50.0pips
USD/NOK31.0pips30.0pips
USD/PLN25.0pips24.0pips
USD/RUB291.0pips290.0pips
USD/SEK25.9pips24.9pips
USD/SGD7.5pips6.5pips
USD/TRY16.0pips15.0pips
USD/ZAR10.0pips9.0pips

XMのスプレッドについて知っておくべき豆知識

22時~翌2時はスプレッドが狭くなりやすいので狙い目

各国の市場取引時間

(引用:取引できる時間帯は? 外為どっとコム)

世界2大マーケットであるニューヨーク市場・ロンドン市場の開場が重なる時間帯である「22時~翌2時」はスプレッドが狭くなりやすい傾向にある。

多くのトレーダーがこの時間帯に取引するため、市場の流動性が高くサクサク約定するからだ。
スリッページも起こりにくい。

0.1pipsでも狭いスプレッドで取引できる可能性を高めるなら、22時~翌2時の間に取引しよう。

一方でロンドン市場・ニューヨーク市場・日本市場のいずれも開場していない「午前7時~午前8時」は要注意。

市場の流動性が低い時間のためにスプレッドが広がりやすく、スリッページも起こりやすい。
この時間帯の取引は避けたほうが良いだろう。

経済指標・要人発言などのタイミングではスプレッドが広がりやすい

XMのみならずだが、重要な経済指標やビッグニュースのタイミングではスプレッドが広がりやすい。

為替レートが大きく変動し、取引の流動性が損なわれるためだ。

 

【経済指標例】

  • 非農業者部門雇用統計(アメリカ)
  • ADP雇用統計(アメリカ)
  • ISM景況指数(アメリカ)
  • 米FOMC政策金利発表(アメリカ)
  • GDP成長率(アメリカ)
  • 消費者物価指数(CPI)(アメリカ)
  • 新築住宅販売件数・中古住宅販売件数(アメリカ)

【ビッグニュース例】

  • 東日本大震災
  • リーマンショック
  • ギリシャ総選挙
  • ブレグジット

とはいえ、これらのタイミングではレートの増減が激しく、うまく乗れれば爆益を得ることもできる。

初心者にはオススメしないが、中上級者以上であれば”なくなっても大丈夫なお金”でスプレッドを度外視して注文を出してみるのもアリだろう。

ただし激しくレートが動きすぎた結果、トレーダーの注文が殺到してシステムダウンし、注文がまったく通らない場合もあるので注意しよう。

以上がXMのスプレッドに関するまとめだ。

XMをメイン口座にしている管理人でもハッキリ言うが、Xmのスプレッドは決して狭くない。
0.1pipsでもスプレッドにこだわるなら、TitanFXやAxioryのようなスプレッド特化型の業者を利用するのがオススメだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です