XMの取引時間を完全解説!時間表示の仕組みや取引できない時間がまるわかり

本記事はXMの取引時間に関する疑問をまるっと解決したものとなっている。

「FX通貨ペアの取引時間が知りたい」
「取引時間外の取引は絶対できないの?」
「取引時間に関して注意しておくことはある?」

XMの取引時間について疑問がある方は本記事を参考にしてほしい。

→管理人によるXM詳細レビューはこちら

XMの取引時間に関する前提知識

XMの取引時間は夏時間・冬時間で異なる

XMの取引時間は夏時間(サマータイム)と冬時間で異なる。

そのため夏時間と冬時間の期間を把握しておかなければならない。

【夏時間と冬時間の期間】

  • 夏時間:3月の最終日曜日AM1:00~10月最終日曜日AM11:00
  • 冬時間:夏時間以外のすべての時間

XMの取引時間を把握したい場合は、まず今が夏時間なのか冬時間なのかを把握してからだ。

 

海外ではサマータイム制度が一般的

そもそも夏時間と冬時間という我々に馴染みのない概念は、諸外国では一般的な”サマータイム“という制度に起因している。

サマータイム(夏時間)とは、日の出時刻が早まる時期(3月~11月)に、時計の針を1時間進め、太陽の出ている時間帯を有効に利用することを目的として、欧米を中心に導入されています。また、日本では 『サマータイム(夏時間)』 と言っていますが、アメリカでは通常『デイライト・セービング(Daylight Saving Time(DST)』 と呼ばれています。太陽光(Daylight)を有効活用(Saving)する時間制度(Time)という意味ですね。

引用:トラベル Question! (トラベルコ)

上記引用からもわかるように、サマータイムは「日の出時刻が早まる時期に、時計の針を1時間進めて考えよう」という制度だ。

つまり夏時間を考える際は冬時間から「-1時間」で考えなければならない

  • 冬時間の10時→夏時間の9時
  • 冬時間の15時→夏時間の14時
  • 冬時間の20時→夏時間の19時

といった具合だ。

そのため夏時間だと、市場ののオープン時間・クローズ時間が1時間早まることになる。

 

XMのMT4・MT5の時間表示はGMT+2(GMT+3)

XMのMT4・MT5の初期設定では、時間表示が”GMT+2″(夏時間ならGMT+3)となっている。

【GMTについて】

GMTはグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)のこと。

イギリスのグリニッジ天文台を通るグリニッジ子午線(緯度0度)を基準とした世界の標準時だ。
(日本の標準時は兵庫県明石市を通る緯度135度を基準としている)

XMの本社はGMTから冬時間で+2時間進んでいるキプロスにある。
そのためMT4・MT5の表示も、初期設定でGMT+2と表示されているわけだ。

 

“GMT+2″はあくまでXMの標準時間であることに注意

上述した通り、GMT+2はあくまでもXMの初期設定の時間表示だ。
つまりキプロス時間を指し示していることになる。

日本時間を表しているわけではないので注意してほしい。

日本はグリニッジ標準時から9時間の差があるため、GMT表記ではGMT+9となる。

日本時間を知りたい場合は、GMT+2からGMT+9に直せばOKだ。

  • GMT+2(冬時間)を日本時間に直す場合
    →GMT+2から7時間進めた時間が日本時間(GMT+9)
  • GMT+3(夏時間)を日本時間に直す場合
    →GMT+3から6時間進めた時間が日本時間(GMT+9)

もし自分の頭の中でいちいち計算するのがめんどくさい場合は、MT4・MT5の時間表示を日本時間に変えてしまおう。

以下の記事でMT4・MT5をカンタンに日本時間表示にする方法をわかりやすく解説しているので参考にしてほしい。

 

XMの取引時間外は一切の取引不可

XMに限らずどこの業者でもそうだが、取引時間外の取引は一切できない

具体的例を出すと以下のことができなくなる。

  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • 成行注文
  • 強制ロスカット

通常の注文・決済はもちろん、強制ロスカットすら働かないことに注意しよう。

日本時間で土曜早朝のクローズのタイミングでポジションを持ちこしてしまうと、ポジションを塩漬けにしたまま月曜のオープンを待たなければならない。

取引時間外であってもチャートは変動しているため、思いもよらぬ損失を被る可能性がある。

というのもポジションを持ち越して、ポジションが逆行していて強制ロスカットラインを超えていた場合、月曜のオープン時の価格で約定するからだ。
本来の損切り位置や強制ロスカットラインよりも大きく損する可能性は大いにある。

明確な狙いがない限りは、取引時間外へのポジションの持ち越しはオススメしない。

 

【金融商品別】XM取引時間の詳細

以下では金融商品ごとの具体的な取引時間を”夏時間”と”冬時間”にわけて、日本時間表示で紹介している。

FX通貨ペアの取引時間

商品夏時間冬時間
RUB以外の通貨ペア月曜日06:05~土曜日05:50月曜日07:05~土曜日06:50
RUBを含む通貨ペア月曜日15:05~金曜日23:55月曜日16:05~土曜日00:55

貴金属の取引時間

商品夏時間冬時間
GOLD月曜日06:05~土曜日05:50
※平日05:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日06:50
※平日6:55~07:05はメンテナンス
SILVER月曜日06:05~土曜日05:50
※平日05:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日06:50
※平日6:55~07:05はメンテナンス
PALL月曜日06:05~土曜日05:10
※平日05:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日06:10
※平日6:55~07:05はメンテナンス
PLAT月曜日06:05~土曜日05:10
※平日05:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日06:10
※平日6:55~07:05はメンテナンス

コモディティ(商品CFD)の取引時間

商品夏時間冬時間
COCOA月曜日16:50~土曜日01:25
※平日01:25~16:50はメンテナンス
月曜日17:50~土曜日02:25
※平日02:25~17:50はメンテナンス
COFFE月曜日16:20~土曜日01:25
※平日01:25~16:20はメンテナンス
月曜日17:20~土曜日02:25
平日02:25~17:20はメンテナンス
CORN月曜日08:05~土曜日03:10
※平日20:40~21:35,02:10~08:05はメンテナンス
月曜日09:05~土曜日03:10
※平日21:40~22:35,03:10~09:05はメンテナンス
COTTO月曜日09:05~土曜日02:15
※平日02:15~09:05はメンテナンス
月曜日10:05~土曜日03:15
※平日03:15~10:05はメンテナンス
HGCOP月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:55~07:05はメンテナンス
SBEAN 月曜日08:05~土曜日03:10
※平日20:40~21:35,02:10~08:05はメンテナンス
月曜日09:05~土曜日03:10
※平日21:40~22:35,03:10~09:05はメンテナンス
SUGAR 月曜日15:35~土曜日00:55
※平日00:55~15:35はメンテナンス
月曜日16:35~土曜日01:55
※平日01:55~16:35はメンテナンス
WHEAT 月曜日08:05~土曜日03:10
※平日20:40~21:35,02:10~08:05はメンテナンス
月曜日09:05~土曜日03:10
※平日21:40~22:35,03:10~09:05はメンテナンス

株式指数の取引時間

商品夏時間冬時間
CHI50月曜日09:05~土曜日04:10
※平日16:25~17:05,04:40~09:05はメンテナンス
月曜日10:05~土曜日05:10
※平日17:25~18:05,05:40~10:05はメンテナンス
EU50月曜日14:05~土曜日03:55
※平日03:55~14:05はメンテナンス
月曜日15:05~土曜日04:55
※平日04:55~15:05はメンテナンス
FRA40月曜日14:05~土曜日03:55
※平日03:55~14:05はメンテナンス
月曜日15:05~土曜日04:55
※平日04:55~15:05はメンテナンス
GER30月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:15~04:30,04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:15~05:30,05:55~07:05はメンテナンス
JP225月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:15~04:30,04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:15~05:30,05:55~07:05はメンテナンス
SING月曜日08:35~土曜日04:10
※平日17:05~17:45,04:40~08:35はメンテナンス
月曜日09:35~土曜日05:10
※平日18:05~18:45,05:40~09:35はメンテナンス
SWI20月曜日14:05~土曜日03:55
※平日03:55~14:05はメンテナンス
月曜日15:05~土曜日04:55
※平日04:55~15:05はメンテナンス
UK100月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:15~04:30,04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:15~05:30,05:55~07:05はメンテナンス
US100月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:15~04:30,04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:15~05:30,05:55~07:05はメンテナンス
US30月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:15~04:30,04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:15~05:30,05:55~07:05はメンテナンス
US500月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:15~04:30,04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:15~05:30,05:55~07:05はメンテナンス
USDX月曜日08:05~土曜日04:10
※平日04:55~08:05はメンテナンス
月曜日09:05~土曜日05:10
※平日05:55~09:05はメンテナンス

エネルギーの取引時間

商品夏時間冬時間
BRENT月曜日08:05~土曜日04:10
※平日05:55~08:05はメンテナンス
月曜日09:05~土曜日05:10
※平日06:55~09:05はメンテナンス
GSOIL月曜日08:05~土曜日04:10
※平日04:55~08:05はメンテナンス
月曜日09:05~土曜日05:10
※平日05:55~09:05はメンテナンス
NGAS月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:55~07:05はメンテナンス
OIL月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:55~07:05はメンテナンス
OILMn月曜日06:05~土曜日04:10
※平日04:55~06:05はメンテナンス
月曜日07:05~土曜日05:10
※平日05:55~07:05はメンテナンス

仮想通貨の取引時間

商品夏時間冬時間
BCHYSD月曜日05:05~土曜日04:50
※平日04:50~05:05はメンテナンス
月曜日06:05~土曜日05:50
※平日05:50~06:05はメンテナンス
BTCUSD月曜日05:05~土曜日04:50
※平日04:50~05:05はメンテナンス
月曜日06:05~土曜日05:50
※平日05:50~06:05はメンテナンス
ETHUSD月曜日05:05~土曜日04:50
※平日04:50~05:05はメンテナンス
月曜日06:05~土曜日05:50
※平日05:50~06:05はメンテナンス
LTCYSD月曜日05:05~土曜日04:50
※平日04:50~05:05はメンテナンス
月曜日06:05~土曜日05:50
※平日05:50~06:05はメンテナンス
XRPUSD月曜日05:05~土曜日04:50
※平日04:50~05:05はメンテナンス
月曜日06:05~土曜日05:50
※平日05:50~06:05はメンテナンス

XMの取引時間に関する補足

XMで取引すべきオススメの時間帯

XMの取引時間はざっくりまとめると、

  • 夏時間:月曜日06:05~土曜日05:50
  • 冬時間:月曜日07:05~土曜日06:50

(※)日本時間表記

となっているが、この取引時間内でも特に取引するのにオススメの時間帯がある。

それが22時から翌2時までの4時間だ。

この時間帯は世界最大のマーケットである”ロンドン・ニューヨークのマーケット”が開かれている時間が重なっており、世界中で取引量が増える。

【ロンドンセッション・ニューヨークセッション】

  • ロンドンセッション(16:00~24:30):EUR・GBP・USDの値動きが活発
  • ニューヨークセッション(21:30~6:00):USD・EUR・GBP・AUD・JPYの値動きが活発

取引量が増えることでスプレッドが狭くなりやすく、他の時間帯よりもコストを抑えて取引できる。

一方で午前7時~午前8時の時間帯の取引はNG
ロンドン・ニューヨークのマーケットも閉場している上に、日本市場も空いていない。

取引量が最も少ない時間帯なので、スプレッドが広くなりやすいのだ。

最低でも日本市場が開場するまでは取引を我慢することをオススメする。

XMでは世界の祝祭日(クリスマス・年末年始など)に取引時間が変更される

XMでは世界の祝祭日に合わせて、取引時間が変更になる場合がある。

直近だと2018年のクリスマス・年末年始だ。

日付取引時間
2018年12月24日(月)日本時間2:00閉場
2018年12月25日(火)取引不可(休場)
2018年12月26日(水)日本時間16:00開場
2018年12月27(木)~28日(金)通常通り開場
2018年12月29日(土)、30日(日)土日休場
2018年12月31日(月)日本時間2:00閉場
2019年1月1日(火)取引不可(休場)
2019年1月2日(水)日本時間16:00開場
2019年1月3日(木)通常開場

またクリスマスや年末年始など世界的な祝祭日の他に、欧米の祝祭日に取引時間が変更になる場合がある。

いづれにせよ取引時間が変更になる場合は、XM公式の企業ニュースで発信される上に、メールでも詳細が送られてくる
特別「いつが祝祭日なのか?」を覚えておく必要はない。

管理人
クリスマスと年末年始は取引不可になるだけでなく、日本語サポートもお休みになるから注意だ

チャートが動くのに取引できない時間帯がある

XMでは開場5分前と閉場後10分間の間にチャートが動いていることがある。
例えば取引時間が07:05~翌06:50の場合、07:00~07:05、翌06:50~7:00でチャートが動くことがあるわけだ。

しかし“動いているだけ”で取引できないので注意したい。

以上でXMの取引時間に関する解説は終わりだ。

おさらいとして、

  • XMの取引時間は夏時間・冬時間で変わる
  • 世界的な祝祭日では平日でも休場になる場合がある
  • 取引時間外の取引は一切不可(ポジションの持ち越しはオススメしない)

ということだけでも覚えておこう。

→管理人によるXM詳細レビューはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です